2022年03月29日

【幸福論】足し算の幸福観と掛け算の幸福観

↓2)記稿.2022/03/29

> 通常の幸福論は足し算だ
> 欲しいと思ったそれを手に入れる
> (いつでも自由に手に入れられると尚良いとかなんとか)


 だがしかし、人類の多くが考えもなくそう思い満たそうとすると‥地球環境が崩壊する‥
 其を目の当たりにしているのが21世紀前半にある今だ

 自由論と競争論が担ぎ出した幸福への要望は明らかに誤っているか不足している
 そこを埋める為の理解を共有する上での理論が無い

 (平等性や公平観を持ち出してもなぜか多くに納得が行き渡らない)

 ‥それどころか、獲得した席や立場を手放したくないとばかりに抵抗する輩が後を絶たない
 負けているのにまだまだ上座に座りたいなどと言い張るのも、そもそもの足し算からの幸福観だ

 (足し算の反対である引き算を好まずに受け入れようとしない)

 そして、競争だから防衛も又手段とばかりに、あの手この手を繰り広げてくる
 だが、その手の手段が目的化すると幸福は創造され得なくなる

 (まさに足し算による腐った幸福観のなれの果てだ)


 ‥足し算と引き算による単純な理屈のままに、実に自分勝手を押し通してくる
 つまり、そこにある幸福の正体こそ、戦争上等だ

 私たちの世界は、そんな疑問含みの日常を平和とうそぶき続けてきた
 そもそもの其を経済戦争などと的を射て表現してもきた


> 戦争状態だからこそ、勝つ為の才覚を求められてもある
> そうだ、それは勝つ為であって幸福を得る為では無い
> そして、勝利に酔うことを以て幸福と思えてきた段階は、今やすっかりと枯渇した


 だがそれでも、日常の欲しいとした欲望は相も変わらずだ
 (誰もブレーキとした心構えを論破してくれやしない)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:05 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする