2022年08月14日

【ツッコミ隊】農地は誰のモノだろうか?、国土は誰のモノだろうか?

↓3)記稿.2022/08/14

> 農地は誰のモノだろうか?
> 先祖代々からの所有権を有しているからとて、どうして自由売却が許されるのだろうか?
> 農地を潰すと、農業用水路だけが跡に残る事になる
> 後から農地が欲しくなったら、二度手間だろうに‥(税金泥棒だ)


> 土地の自由売却は更なる問題を提起する
> 日本では、国債ですら国策で、海外勢に易々と売りつけないのに
> どうして国家の基盤である国土を、海外企業にサクッと買い取られてやがるんですかい?
> 国土の方が、国債より格下扱いとなっている現状は、官僚がポンコツ頭脳団にしか見えてこない


 ‥例えば、農家なら、農家としての家督を継ぐからこそ
 先祖代々の農地利用が許され、相続許可が成り立ってたようなものと仮定しよう

 すると、農家としてのバトンを後の代に渡せずに
 賃貸家屋ばかりを馬鹿の一つ覚えのように建てやがる高齢農家はなんだ?!

 (失礼ながらも、結果、背徳行為をやらかしただけにも見えてこよう)
 (まぁそもそもの原因は、農地にまで資産税を課してる法律が元凶なんすけどね)
 (でもまぁ、一方で、補助金放題みたいな時代もあったわけでして‥)


 ‥だがしかし、農地を自由に選べるとの思いこみが、今どき農業を営みたい側にあるとすると
 なんだかんだで、人気の無い土地は敬遠されて、結局は、そういう流れになるのだろう

 (その上、作りたい作物の好みの土地の適・不適もあるわけでして、マッチングは難しいと)
 (で、わがままにも用水路整備の無い土地を、強引に農地やらかしたりと‥ありそう‥)


> だがしかし、農地活用権限の裁量は、農協が牛耳っており


 農家としての血筋や縁が無いともなると
 なんだかんだとやる気がある者を見ても、なんだかんだと敬遠し
 農地としての利用をさせずに、頭から取られるぐらいならと、結託しているのかは知らんが
 自分たちで先祖代々の農地を潰しまくっているのは、どうしたって痛々しい

 (さらにこれは妄想だが、不動産業をザイニチに乗っ取られているともなると)

 (農地を日本人に対しては、貸し渋っているようにも見え)
 (日本政府からして横田幕府の傘下であり、カルトの傘下ともなれば)
 (新規に農地利用したい者らに対して、貸付前提の縛りツケをやらかす前提にある‥気もする)
 (ぶっちゃけ、日本のカロリーベースが、ザイニチ勢の農地確保率だったりしてな)
 (海外から日本の農業を学びたいから弟子入りなんて話も有るわけだが、そっちは美談すぎるし‥)
 (その手の日本人のやる気より、海外からのやる気を優遇しているような体制にしか見えん)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:19 | Comment(0) | 日記/2022 | 更新情報をチェックする