2022年10月05日

【ネタ文学】異世界における奴隷概念の盲点と整理

↓3)記稿.2022/10/05

> 私たち有史の奴隷は、同族を奴隷として扱うだけだが
> 異世界では他種族諸々なので、独自の魔法で拘束することで成り立つように表現される
> だが、大抵の呪いは、術者が死ねば効力を失うのだから
> 奴隷の呪いとて、魔法なんだし、それと同じであるのは述べるまでも無い


 ‥其は異世界の奴隷商が、なんだかんだと奴隷の呪いを掛けようと奴隷に期限が有るも同然だ
 だから、異世界の奴隷商には、術者の代替えありきで描かれなければならない

 さらに、獣魔契約には魔力量の限界が付きまとうのだから
 奴隷に落として拘束する魔法にしたとて、魔力量の限界を突きつけられる

 なので、術者の魔力量を代替する魔力の源泉転換を、買い手に要求する処とならん

 だが、それの転換とて完全に満たせないなら、奴隷商術者が死ねば奴隷の拘束も解かれる事になる
 それは結局の所、魔力量を代替できるだけの魔力が買い手の主に有ったかどうかになるだろう
 もし不足だったなら、奴隷自身の魔力からなんて事にもなりかねない(料金追加オプション)


> そのような欠点を社会に気取られないようにする為には
> 「主人が死んだら奴隷も死ぬ」類の呪いを付加しておく用向きになっていそうだな
> 仮にそれがハッタリだったとしても、用途を満たしていたならば負い目は無い


 ‥だが、この手の魔法には必ず
 術に掛かりやすいタイプと掛かりにくいタイプとが有り、術者側の必要魔力量も違ってきたりする
 結果、奴隷商側の手持ち商品に奴隷術の掛け直しともなると
 数次第では早急にやりこなせなかったりすることになる

 そういう場合は、奴隷商同士での奴隷の交換やら差額売買も有りうる話になってくる
 (その様な状況を加味すれば、あらかじめ、掛かりにくいタイプの投げ売りなんかありそう)
 (逆に問えば、エルフやドワーフを奴隷にするには、それだけ魔力に長けている必要がある)


 ‥ならば、普通に考えても、エルフやドワーフが奴隷に落ちてくるのは余程のことだ
 ツッコんで言えば、奴隷として大量に出回っているなんて有り得るわけがない
 それならそれで、相当に治安が悪い状況だ
 強力な魔法使いと貴族が組んで、暴走やらかしてる社会構造を模索しなければ釣り合わない

 ‥創作の思いつきで、子供の内から掠ってくれば簡単だと言っても
 大人になるにつれて能力に目覚めるなら
 能力に目覚めないような魔法を追加する用向きになるわけだから、術者のレベルも相当を要する

 (普通に考えても呪いを掛ければ、呪いを掛けている間は、その分の魔力が減るわけだから)
 (安請けあいするような魔法使いなど、ほとんどいないだろう)
 (魔力が減った分、其を負荷に思うなら、どっちが奴隷なのだろうと思うばかりだ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:01 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする