2022年10月08日

【ネタ文学】奴隷首輪の量産体制にお抱え付加魔法士とドワーフがごねた件

記稿.2022/10/08

> 奴隷商売から足抜けしたくなった付加魔法士がオーナー側にごねたら
> 後釜を連れてきたら認めてやると言われたのを
> 一緒に仕事をしているドワーフにその愚痴をこぼしたら
> 俺もそろそろこんな商売から足抜けしたかったんだよな‥と言う話になり
> 自分たちの持つノウハウを教える代わりに
> それの首輪の解除を卒業条件という事にした農奴兼奴隷首輪生産者教育村という
> アイデアをオーナー側に持ちかけたのだった


 ‥興味を示したオーナー側は早速、あちこちに居る浮浪児やらスラムに住む子供の中から
 潜在魔力量のありそうなガキを主な目的として掻き集め始めた
 村に来れば飯も食えるし、読み書き計算魔法も覚えられるとなれば、その気にならないわけが無い

 結果、スパルタ教育な農奴村が誕生したのだった‥とかなんとか


「いいかお前ら、お前らの首に巻いてあるリボンは、何を隠そう奴隷首輪だ。あくまで村人の印であると同時に卒業課題でもある。そしてこの俺とこちらのドワーフこそが、その奴隷首輪を考案したこの村の先生役でもある。
 ここの村は基本自給自足だ。食えるも食えないもお前たちのヤル気次第だ。まぁでも安心しろ、俺の付加魔法により、作付けする種や苗は強化され、虫にも強くなるし天候不順にもそう易々とへたばることは無い。手を抜かずに真面目にやれば、腹を空かせずに済むはずだ。てめえが大飯ぐらいならより多くを耕せ。簡単な話だ。
 卒業課題でもある首輪は、俺から学んだ魔法で自分で解除してみせろ。途中で挫けて抜け出そうとしても、首輪をしている限り、この村の結界魔法とリンクして弾かれるようになっている。
 ちなみに、リンクしているのは結界だけでは無い。水をかぶることでリボンのクリーニングを自動的に魔法で行うようになっている。
 汚れてしまっても気にすること無く汗するが良い。」


「お前さんらのすべてが鍛冶に興味があるとは思っていないが、覚えたいならいつでも村にある儂の工房を尋ねてくるが良い。手に職を付けておけば、食いっぱぐれることは無いぞ。なにも奴隷首輪ばかり作っているわけでは無いのでな。そんなんばかり作っておったら心が腐ってしまうわい。
 あと酒造りもやるつもりじゃからのう、そっちだけでも興味があるなら声を掛けてくれ。
無論、その手の材料も自給自足じゃ。色々と頑張って貰うつもりで居るからのう、そのつもりで宜しく頼むわい。がっははははは。」


> こうして、忌まわしき奴隷首輪の量産体制が敷かれていくわけですね‥とかなんとか
> (こんなん領主が見ちゃっても、グレーゾーンすぎてうんともすんとも言えんわなあ)


「ほう、ようやく卒村したかと思ったら、いきなりに30人もかね‥」
「はい、一人器用な奴が居まして、ぼっち卒村は嫌だったらしく、自分のリボンを解放してからも居残って、周りの友に一生懸命教え込んでまして、気がつきゃまとめて居なくなりましたよ。
 まったく、年頃って奴は群れるとせっかちですよ。」
「ふはははは、そいつは素晴らしい。では、早速に各地に求人募集の貼り紙を出させるとしよう。
ところで君は、どのぐらいの者が網に引っ掛かると思うかね?」
「そうですね、『自分の好きなこと・やりたいこと・信じる道を歩みなさい』とは教えましたが、社会教育とした具体的な心得事は一切教えてませんからね、半分ぐらいは学んだことを活かそうとしか考えていないと思います。魔法はそういう意味でも魔物だって再確認させられましたよ。」


「ほう、そうかね。じゃ、期待のポープが網に掛かる確率はありそうかね?」
「いいえ、あいつは勘も良かったですからね。あれと一緒に行動する者らは喧嘩別れでもしない限りこちら側には興味を示さないでしょう。」
「そうか、じゃ、仲違いするように毒を撒かないと損してしまうな。ところで、君はこんな私をどう思うかね?」

「そんなことより、支払いの方はちゃんとしてくれるんですか?」
「ああするとも、ようやくだしな。まずは確保できたら一人辺り半分の支払い、彼の者達が一回分の納品を満たしたら一人辺り満額分を支払おう。」
「そうですか、相変わらずの出来高制なんですね。」
「当然だよ。ところで、まだ続けて貰えるのかね?」
「ええ勿論ですよ。まだ今回分の入金を見届けてませんし、何より、作物の種や苗に付加魔法やら強化魔法を施して育ててみる実験は、私のしたかった事でもありますから。」


「それは助かる。
‥で、君の育てた村人達は、こちらの要求する商品をきちんと納めるように仕事をしてくれると思うかね?」
「まったくなんですか、さっきから私の古傷を確かめたいような言い方をして‥
私は確かに量産方針を聞いてごねましたよ‥でもあれは、そもそもが領主に収めるための犯罪や捕虜向け以外の数の大幅な追加を申し渡されたからですよ。
私だって真相を知ればそこまで堕ちた人間ではありたくありませんからね。始めから納品数が全部領主向けだったら、誰だって文句の言いようがありません。」
「そうかね、それは遠回しな言い方をして悪かったな。今後とも宜しくやってくれたまえ。」


> 痛ァアアア‥という展開が待っているとか何とか‥
> (簡単には足抜けできないくさいと‥という程度の自由主義くささは、現代社会もさして変わりませんからなあ‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:53 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【ネタ文学】実家が貧しかったので奴隷落ちしました‥(わらしべ長者版など)

記稿.2022/10/08

> 奴隷も様々で、奴隷商をどう表現するかでもネタになる
> なぜなら、奴隷魔法術士が奴隷商の雇いである可能性は十二分にあるからだ
> だがここでは、あえて慈善観が得られそうな気配を問うてみたい


 ‥その希有な性格をしたその魔法使いはこう考えた
 スタンビードともなれば、行き場を失った子等はかなりでる
 その子等にこう吹っ掛けてみよう

 君を銀貨二枚で買おう
 但し、君のような子等を集めるに支払い続ける金は無い
 代わりに、二年の間に、生活して行くに困らない読み書きと計算を教えよう
 勿論、その間の君らの生活の面倒も見ることになる
 だが、私には森を切り開く魔法も作付けする魔法もあるのだけれど
 収穫まで細かく管理するタフさは無い
 君たちに学びを教えるともなれば当然とも言えるけどね
 だから、畑仕事の手伝いをしてくれるなら、その代わりに魔法まで教えてあげよう
 仮に、魔法の才能が無かったとしても、二年後には、耕した畑をそのまま任せても良い
 自立するまでの足しにすれば良い
 ‥無論、私の方針が気に入らなかったなら
 銀貨二枚分の世話を受けたと思った時点でどこへとなり逃げ出すのも構わない


 こうしてその魔法使いは、スタンピード後の廃村を再利用すべく
 教育奴隷とも農奴とも言い切れない怪しげな養護村を作った
 これは魔法使い版の寺小屋にも見えるし、丁稚入りにも見える
 魔法使いの顔が意外にも広かったなら、二年後の仕事斡旋にもなるわけで
 無償教育概念の先駆けみたいにも映り出す

 ‥まぁ尤も領主も教会も黙っちゃ居ないだろうが、様子見を決め込むとも言える
 でもまぁ領主への挨拶ぐらいはしておかないとバツは宜しくない
 でないと盗賊騒ぎの際に何もしてくれない‥(納税要求されるけど)
 アンデッド騒ぎが起これば、教会に伝が無いのはかなり痛い‥(寄付金要求されるけど)
 (まさかのマッチポンプだったりして)


 すべては、その魔法使いの技量次第
 そんなこんなで村経営が軌道に乗って評判が広まれば、わざわざ入村しようなんて子供も現れる

 だが、その手の噂を見よう見まねで始めたなんちゃって奴隷商も雑ざってくるわけで
 足を踏み入れたのがその手の偽装村だったなら、まんま連れ去られて農奴落ちなんて事にも‥

 だが、救いとなったのが、この手の噂に感化されていた奴隷魔法術士だったとかなんとか
 だから、魔法の基本だけは教えて貰えたとかなんとか
 売り飛ばされた先でも、なにかといい目で見られて教育に近い学びを得たりと
 だが主人が死んだり、主人のお家が潰れたり、などなどにも巻き込まれ
 その度に奴隷の扱いランクがマシになり、自分の魔法も上達したりと
 あれよあれよという間に、良い感じのポジションを得ていました‥とかなんとか
 (わらしべ長者だったり、シンデレラだったり、いくらでも改変版くさくやらかせよう)


> テンプレとしてありに思われる
> とくに、戦闘シーンを売りに描きたくないなんてパターン要望にどうぞ
> なんにせよ、慈善に出会わなければ這い上がれない、其もまた人生


 ‥科学でそこは解決できねぇ、なぜなら研究開発に金が掛かるから、金を借りれば支配されるし
 ‥なら魔法ならどうか?、魔法で無理なら、慈善なんて世界観ははじめから無理ッ
 (その手の創造力の欠落と渇きはいくらでもあるわけでーす)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:59 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

【ネタ文学】異世界モノでの召喚から奴隷まで、代替条件が求められるフラクタル構造だった件

↓1)記稿.2022/10/08

> 異世界を神の手により渉るにしろ(転生)
> 王家の召喚儀礼により渉るにしろ(転移)
> 偶発的な何かで渉るにしろ(事象巻き込まれ)


 ‥なぜか、能力UP付与されるという不思議がある
 創作上のノリではあれど、ついでに神や王家の都合やら依頼をこなす用に迫られる空気がある
 (逆から見れば、スカウトした分の世話をスタート時にまとめてやらかすって話だ)


> 魔獣召喚(従魔)の場合においても
> 術者の魔力を代替にして、従属させる獣や獣人の能力UPが為されるというメリットがある


 ‥場合によっては、術者側も能力UPの恩恵があったりするらしいが
 パーティ編成により経験値の優遇という事の方が普通だ
 自分より強い相手や勢力に対抗できるのは、確かに恩恵だ
 (こちらは、相互協力を続けることでの後付けでの能力UPになっている)



> 主人と奴隷の場合においても同じで
> 借金奴隷やら犯罪奴隷の場合などはとくに、稼げないから奴隷に落ちたと言える状況だ
> なので、主人に生活の支援を受けて生きるも同然の流れになっている


 ‥まぁ奴隷と言っても身請けして貰えなければ、ただの商品でしかない
 ただの商品の内は、能力UP代わりの生活保障もままならない
 なので、奴隷商の手に落ちている状況を奴隷とは呼びにくい
 (まぁ普通に奴隷と呼ばれる状況ではある)

 ‥だが、奴隷商でもランクがあって高級扱いになると
 わりかし丁寧に躾がされたりする(価値を高めるために投資されるのだ)
 そのような状況は、奴隷商を主と見立てる関係と言えるだろう


 ‥ただ単に商品や道具として使役されることは
 この代替の用途関係を逸脱しているのだから、人外も甚だしい
 (この段階を、異世界モノでは犯罪性として扱うっぽい)

 この段階以外でもダメ押しすると、異世界モノの全否定になってくる
 現代社会とはまったく異なる価値観にまみれていたと言う事でもある
 (其をファンタジー性などと思い込んじゃってるわけですね)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 03:23 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする