2023年07月05日

【ネタ文学】不老不死から始まる復活と解体の心得

↓1)記稿.2023/07/05

> ええ、何やらテンプレにできる扉で降りてきました
> でも、有り体の矛盾を抱えやすいので、掻い摘まんだ所だけにしときます


 ‥現代社会を舞台にすると倫理的な辻褄合わせが面倒くさっなので
 女子校生が二人、お友達と揃って、あっちの神界経由でスキル「不老不死」を選択して
 転移するという流れが良さそうです

 仮称としてその二人を、「あーちゃん」「むーちゃん」としておく


 ‥神は言った
 死ぬ際に、恨み辛みを多く発するとその手の瘴気に引きずられた姿を纏って復活してしまうので
 なるべくは平穏に安らいだ気持ちで死んだ方が良いと
 それから‥身体を丸々失った際にも、その時の心境によっては
 この世界のどこかにある命の泉から甦る場合もあれば
 どこかの母胎に宿って生まれ直す場合もあれば
 そのままに恨み辛みとした瘴気を纏うままに、深奥の森で魔物に変貌を遂げることもあると


> まぁそれとて、姿の変化にかこつけた積極的な自死はありえんのう、それは遺憾ぞよ
> スキルを侮辱するような行為には、しっぺ返しが付いてくるものじゃて‥


 ‥神界でスキルを得た後、転移して異世界に降りるわけだが
 不老不死以外のスキルやら能力は、後からゲットになるので
 得るには地道に有り体のことをして生き延びる必要がある(まぁ普通)

 だがしかし、どちらかが先に死ぬ目に遭うわけである(ここが着眼)


> むーちゃんは、あーちゃんにどうせ復活するからと、ちょっと残念な状況で
> カバーしてもらえずに、二人にとっても‥こちらで初めての死を体験することになった
> (この状況をそつなく矛盾せずに演出に落とし込むのが少々面倒くさい)


 ‥その後、復活したむーちゃんは、あーちゃんに
 カバーして貰えなかった仕方なかった状況に対し、それほど根には持っていなかったのだが
 死んでみて気がついた好奇心を、あーちゃんにこんな言葉にしてぶつけていた

 「私、友達に見捨てられた残念さをどうにも『解体』しないことには納得できないままなのよね」
 「ヱ?、むーちゃん何言ってるの???
 わたしだって、必死でむーちゃんの身体を頑張って取り返したんだよ‥」

 「それはそれよ
 私、死んでみて、復活してみて気がついたことがあるの
 折角に、スキル不老不死を二人で得て、こうして異世界に生きてるわけだし
 どうやったら効率よく殺せるのかを二人で試し有うべきだと思うの‥」

 「‥‥‥‥」

 「例えば、ナイフの刺し方一つにしたって
 箇所ごとに‥縦に斬るべきか、横に斬るべきか、ナナメに斬るべきか‥
 まだまだ解らないことだらけよ
 モンスター相手にそれを試すのもありだけど、私たちってまだそこまで強くないし
 解体するにしたって、ここが急所だとした実感なんて湧かないわけだし
 どうせなら私たち自身の身体を使ってみた方が、それがどういうことなのか理解が進むはずなのよ」

 「‥‥‥‥」

 「そういうわけだから、今回は、私が殺める役をやるから、あーちゃんがまず先に死んでみて
 ああ、勿論これは、死ぬ際にどんな気持ちで死んだら素敵に甦られるかの実験でもあるから
 そこんところ忘れないでよ
 私だって復活した際のあーちゃんが、残念な姿になってましたなんて嫌だから‥」


 「ちょっと訊くけど、むーちゃんなんか人が変わったみたいに冷静なんだけど
 さっき死ぬ時、どんな気持ちで死んだの?」

 「そりゃ、神様の言葉がずっと気になってたから
 『私の身体が飢えし者の胃袋を満たしますように‥』って無理矢理に祈ったのよ
 それで、甦った時に、それとなく見た目の変化を確認したけど、鏡が無いから‥
 ねぇ、改めて訊くけど、私って前と比べてどんな感じ?」

 「‥‥‥‥」

 「ねぇ、全体的に見てどんな感じなのよ?ねぇ?」

 「うんとそうね、そう言われてみると、前よりはお胸が艶やかに見えるのかなぁ‥‥」

 「え、やっぱそう、そう思う♪
 じゃ、頑張って殺し方の勉強と綺麗になるための心得を学ばなくちゃね♪」


 (うゑ〜、今のむーちゃんめちゃ引くわ〜
 でもわたしにしても、まぁ一度は体験してみておくのも満更では無いのよねぇ)


> こうして二人は、代わる代わるに、サクッと逝く急所と
> 策として使えそうな、一時的な仮死状態を得るやり口を発見していくのだった
> 知り尽くす頃には、お互いにいちゃつきたくなるぐらいの美貌を得ていたのだとか‥


 ‥と言う流れを考えると、カップルでの転移パターンには、ちょっと違和感がでそうである
 (こちらとしては、この手合いの女子二人を描くの面倒くせぇし、描きたい方は遠慮せずにどうぞ)

 (KADOKAWAにしたって、こういうのが好物でストレートでどストライクなんだろうっ)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:29 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2023年07月04日

【グラボ】RD-RX550-E4GBとPH-RX550-4G-EVOの違いから読む未来

↓2)記稿.2023/07/04

> なんとなくRX550が気になってググってみると
> 4GBを積んでるタイプが、去年の頭から出ていたのについ先月に気がついた(痛)


 ‥で
 RD-RX550-E4GB(玄人志向)
 PH-RX550-4G-EVO(ASUS)の2つしかねぇ

 この2つで気になるのは、メモリーパフォーマンスが

 1500MHz VS 6000MHzと言うことになっている(この違いが少し謎)


> そこでちょっと計算してみた


 1920×1080×3原色×4倍×60フレーム=1492992000
 ↑を1024の二乗で割ると(1423.828125)になる
 つまり(1424MHz=秒間に非圧縮178MBの映像を消費する)

 玄人志向のRX550のメモリー帯域は、ずばり、4k一画面分(2画面はFHD前提)
 ASUSのRX550のメモリー帯域は、4k(120フレーム)二画面分(3画面は60フレーム前提)

 (ちなみに、4kとFHD画面の切換は、HDMIのケーブルの規格バージョンに依存する)
 (ずばり、RX550選択は、ゲームの迫力より映像を美麗に見たい派需要でしょう)
 (※述べるまでもありませんが、2D表示でのチラチラ・カクカク回避だけの折り込みです)


> その昔に発売された頃のRX500シリーズのメモリー帯域は、中途にも7000MHzだった
> (今やロープロファイル用途にそんな中途要らんし‥やり繰りした模様‥)
> (結果、玄人志向の方がファン音が小さい‥だがしかし寿命とした議論になると闇‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:02 | Comment(0) | Blenderしたいんじゃが | 更新情報をチェックする

2023年07月03日

【ライフハック】高性能な鼻うがい器が簡単に用意できる時代だった

記稿.2023/07/03

> 近頃、連続的な鼻水・くしゃみが、気になり
> 入浴中に「はっ」と閃いてしまいました


 ‥マイクロバブル、ナノバブルとしたシャワーヘッドの奇妙な角度ほど
 ひっくり返して、鼻の穴に向けて噴水させりゃ一発じゃねぇか!!!

 早速に試してみた所、なかなか手頃な水量が鼻の穴に注ぎ込まれ
 好い感じに洗われていくので、とてもリラックスできました

 (目は瞑った方が良いにこしたこたぁありませんけど)
 (角度の調整には、てめえの首を動かすのがコツです)


 ‥スッキリしたと思うも、少し間を置いて時間差で、ツバをぺぺっとやりたくなります
 これは、マイクロバブル、ナノバブルとした泡に包み込まれた汚れが
 鼻腔の方に垂れ流れてくるからに思われます


> なので、ぺぺっとがスッキリし終わるまで繰り返し洗うのがコツに思われます



 ‥その度にぺぺっとやりたくなるので
 お洒落を気にする向きだと無理でしょうから、鼻うがいサロン展開は無理っぽ

 せいぜいが、銭湯の一角にその手の鼻うがいアタッチメントが取り付けられていると
 それ目的にやってくるお客が増えるかも知れません
 (こちらだと、異性の目を気にする必要はありませんからね)


 (ヱ?、そりゃもちもん、お互いに宣伝を兼ねて設置して貰おう試用でーす)


 ‥ヱ?、普通にその手のシャワーヘッド買えば良いって
 それはちょっと戦略が違います

 流れとして一般化すべきと思ったら

 その手のシャワーヘッドを、全体的に少しお値段の水準を下げるべきと思ったら
 それなりに認知されるべき掴みが必要なわけですよ

 (外国人旅行客の利用率の高い銭湯の一角を狙うのが一番なんですけどね)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:01 | Comment(0) | 日記/2023 | 更新情報をチェックする

2023年07月02日

【ネタ文学】不老不死を再検討したら‥どいつもこいつもゲーム脳なんだから‥orz

↓1)記稿.2023/07/02

> 廃ゲーマーまでとは言わずとも、只のゲーム好きでも良いですが
> なんの目的も無くそれはそれで、なんとなーく「ゲーム脳」なわけですから
> いきなりに「不老不死が授かりました‥」としたら、皆さんどう生きるんでしょうか?


 ‥バベルの塔の崩壊の際に、共通言語(念話)を失いましたぐらいの勢いで
 「全人類に不老不死が授かりました」‥アップデートキタ――(゚∀゚)――!!‥としましょう


 ‥他にスキルが無かろうと十分にチートでしょう
 痛いにせよ、死なないなら、復活する度に再挑戦するでしょう
 暇だからなんとなーくやらかしているゲームに、それこそリアルが加わったのだから尚更でしょう

 (再挑戦・リベンジしないという手はありませんからネ♪)

 退屈だった日々に、血糊上等とした色合いが追加されるのです
 それこそまさに「真っ赤な薔薇色人生」みたいな


> そげな願望持ちが、一億も十億も居るとですよ‥この地球には
> もといこの宇宙ともなると(兆の兆乗はくだらねぇくせぇz)
> これこそまさに、アンデッド地獄ゾンビ大会な幕開けに突入なんですよ


 (つまり、宇宙人云々、覚醒云々にしても、失敗=この流れくせぇ‥)
 (盲点すぎるゾンビ模様な常在戦場上等ッが、眼前でニヤついているばかりだった‥)
 (宇宙はすっかり失敗作のゴミ箱状態だったのですから)


 ‥いやぁもうガクブルですよね
 でも、自分側も死なないなら、そりゃ再挑戦しまくるでしょうの話になるわけで

 死なないからこそ、それはそれで、戦争時代が‥もといゾンビ大会がずっと続くでしょう
 (どいつもこいつもクソッタレのゲーム脳ですから)
 (それこそ、新しい弾薬と砲身さえ有れば良いみたいな)
 (もとい、治りきっていない腐った身体だろうと不屈の闘魂さえ有れば良いみたいな)


> なるほどなるほど、始めっからこの世は
> 「毎日死ぬ気で頑張りなさい」どころか、「死ぬままに頑張りなさい」フラクタルだったのです


 ‥異世界のドラゴンさん達にしても、それが普通に多数派くさそう(ンゴ!!!)
 ‥異世界のドラゴンさん達にしても、それが普通に多数派くさそう(ンゴ!!!)
 ‥異世界のドラゴンさん達にしても、それが普通に多数派くさそう(ンゴ!!!)

 (神道の良識派龍族なんか、どうにも稀少数派くせぇ)
 (痛ぁぁぁああああ!‥水準とする宇宙認識‥まだまだ誤ってましたん‥orz)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:25 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする

2023年07月01日

【妄想レシピ】枇杷の種自体は渋不味いのだが‥

記稿.2023/07/01

> 鴉の食い落としていく枇杷の種を拾うと
> そりゃまぁ種の皮がボロボロだったりするのも有るので


 ‥実が付いて残っていたりすると蟻がたかるので
 水で洗っているうちに剥がれるのも出るわけだが
 そのまんまに日乾しすると、皮が無い分、青渋とした色みがあっという間に
 茶色くなるわけですよ

 (まぁその辺の品質を考えたら、皮を剥かずに乾す方がよさげでしょう)


 ‥是はもしかして、程良く焙煎してやると
 代用コーヒーぐらいに化けるのでは無いだろうか?
 なんて思ったりしたのですが

 どうなんでしょうね?

 まぁ焙煎して青渋が抜けてる段階なら青酸カリに化ける事も無いと思うし
 手抜き作業の心配をする流れにもありませんから
 目指すべき方向としてはありかもしれまんけど‥

 (※コーヒーの豆からして、齧り付くものに無し‥いくつかの獣は齧り付くけどな)


 ‥お気軽に炒った感じでは、ガス代が馬鹿にならねぇぐらいに手応え無しでした
 ならば、それなりの焙煎機ならどうなんでしょうね?
 人類の誰も挑戦してないわけでして、ちょっくら諸々遊んでみてぇ‥みたいな


> でも、代用コーヒーを目指すとなると、そりゃまぁ風味前提ですからね
> 今どきは、鳥がその辺に枇杷の種を落とすと、あっという間に育ってるそうで
> 代用コーヒーにまで登りつめたらそりゃ大金星でしょう


 とはいえ、普通に煮だした感じでは
 良薬口に苦しなわけですが、なぜか、塩味にするとかなり改善してしまうと言う
 なんとも不思議なものでして、それ用途に栽培して大化けなんぞ期待したい所ですが

 花としても、果実としても精彩無しの枇杷
 裏で癌予防に話題にされようと、所詮は、ゴーヤには勝てそうに無いという半端感

 そういう面での期待感ありありなんでしょうかね?


> 普通に焙煎して駄目だったら、塩と一緒に焙煎するのはどうだろうか?
> (梅干しには、紫蘇を組み合わせてるわけだし、なんか有りそう)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:25 | Comment(0) | 日記/2023 | 更新情報をチェックする

【アイデア】二次燃焼ストーブとはなんぞや?‥その改善余地と応用案

↓2)記稿.2023/07/01

> ネット広告に二次燃焼ストーブの紹介がされていた
> ググって確認してみて、へぇ〜と思った



 ‥ザックリ説明すると
 キャンプ用品の焚き火道具としてのストーブ燃焼空間に、内壁と外壁を設ける
 当然として空気は下から吸い上げられて、問答無用に上昇するわけだが
 中央への空気は通常の燃焼用途
 分かれた外壁周りへの空気は、上段に注ぐべき再燃焼用途


 ‥普通に上と下に穴を開けるのとなにが違うのかというと
 燃焼されないまま、酸素を含んだ空気が温められて燃焼中の上段に注ぎ込まれる
 という所の後追い効果が、ものすげー違うらしい
 (イメージ映像の炎が、火事にならねぇのかと心配するほどに伸びが良い‥マジかよ)


> だがしかし、上段で火力が増すことで、下段にまで効果が波及するゆえに
> 燃焼率が増し増しして、薪の消費量が増えるのが悩みの種だそうだ
> (濡れた薪など‥不燃性ガスとした嫌な臭い対策でそういう需要があるそうだ)


 ‥なら改善すりゃ良い
 (そういうものだろう野放しはあり得ない)
 (風が強い時なんて、それこそ火の粉が飛んだら山火事ありきなんだからな)
 (それの火事対策としても、調整装置は求められて然るべきである)


 ‥改善点に、2点ほど目の付け所の余地があると見た
 まず、外壁周りの酸素を含んだ空気の量を調整する方法として
 下からの空気の入口を狭めたり広げたりできるようにする

 空気量を調整すりゃ良い話なのだから、まずそれを思いついた
 だが、下手に複雑な機構を提案しても、薪を燃やすうちに装置が酸化してボロクソになりかねない


> なので、単純に全体量を調整する分には、それこそ底面に調整装置を設ければ良いだけになる
> でもそれは、炎の加減と不燃焼ガスの度合いが比例して推移するだけだ
> (最もシンプルに調整できるけど、調整はそのままに不燃焼の誘発を意味する)


 ‥そこで第二案だ
 こちらは外壁周りのつまり内壁となる下側の境の高さをかさ上げする案だ
 境となる壁の高さを上げるほど、中央の燃焼部に空気が消費されやすくなるのだから

 実験を繰り返して、目的とする燃費調整になる手頃なかさ上げ高さを求めれば良いだろう

 だが、肝心の上部にまで期待すべき酸素量を回せないのでは意味が無い
 あと、内壁となる隔壁たる自重を支えられないのでも駄目だ

 なので、垂直水平に区画するように仕切るのでは無く、波形、ギザギザなど
 かさ上げする際の空気の流れを工夫する用がでるだろう
 まぁ‥アーチ状にくり抜いたり、ハニカム構造だったり、メッシュ風にしてみたりと
 案はいくつか上がるだろう

 その時、外側の空気に、不燃焼ガスもまざって上段に昇ってしまうのでは?

 とした懸念も挙がるわけだが、下側の不燃焼ガスが多少雑ざっても
 それも温められて上昇するので、空気と混合を経るのだし、燃えやすくはなるはずだ
 (それでも不燃焼ガスの臭いが気になるようなら、上部に設ける空気穴の高さありき調整だろう)


 ‥ギミックとしては、空気の流れのかさ上げ部分の調整として
 塞ぐ壁を上から降ろすか、下から揚げるか‥回して塞ぐかになるだろう
 (操作すべき壁ブロックと連結した棒が手前に用意される感じだと思う)
 (結局、位置固定するのに、留め具を設けるか、回転案になりそうですけどね)


> この手の複雑機構を嫌うなら、始めから、火力調整の中間型として扱うのが適当かと
> (つまり、第二案の空気の流れの底上げのみ)
> (売り方としては、雨季向き、乾季向きでしょうかね)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:21 | Comment(0) | 日記/2023 | 更新情報をチェックする