2024年06月20日

【エンコード日記】アスペクト比:1.363636‥からのシン・全部盛り??

記稿.2024/06/20

> BDの480サイズ(4:3)には、480p(≒30p)と480i(≒30i)が存在する
> さらに、そのアスペクト比(クロップ表示)には、1.333333と1.363636が存在する(謎)


 ‥どうしてそうなるのか?
 よく解らずも、パンのカク付きを無くすのに効果的なアスぺクト比を
 「1472×1080」から1.36296296296‥とした

  (結果‥「アルプスの少女ハイジ」OPの壮絶なるガコガコパンに絶大な改善をもたらし)
  (諸々手持ちソースに潜む、パン動作時にお約束だったカク付きを改善せしめたり‥)
  (720×480(4:3)とした全部盛りの際には、悪くない選択支を得た)


 ‥でもどうして「1.363636」なのか、ちょっと思い出しお復習いして見ると
 960÷704=1.363636‥‥(これとした算出以外にありえず)

 「え?」‥じゃなに‥1.363636とした表示が出る奴は
 解像度(720)からのダウンコンになるわけ??(ワケガワカラン)

  1.36296296296‥と較べると、1.363636としても似ているのだから
  二択の結果のそれだというのだろうか??‥
  それで考えられるとしたら、当時のパソコンの解像度がその程度だったから
  「1.363636」の方の馴染み具合の良さうんぬんとした理由になってくるz
  元々の合成レベルの解像度がその程度だったから、現場で考慮した結果
  ‥と言う奴なのだろうか?


> そう考えると、パソコンの無かった時代のセルアニメ(4:3)作品の1.333333の時のみ
> 「1.36296296296‥‥」とした方が良さげだな‥そういう見方にもなるのだが‥


 DVD(4:3)も含めて全部盛りのまま
 カスタム(1.363636)を打ち込むと
 アスペクト誤差:-2.2727‥を得る(オリジナル=1.363636なら誤差0)


 (所謂、端をカットすると表示される値どえす‥あれ〜‥完全に見落としてたj‥orz)


 お約束な毎度のサンプルからの比較でも良好だ‥というより
 むしろ完璧だ‥ソースの動きを余すこと無く追随しているとしか思えない‥
 その上で、パン動作のカク付きをも解消せり‥‥もしかしたら「1.363636」が正解かも‥‥

  取りあえず、ド本命の「アルプスの少女ハイジ」を出して見なぁなんとも言えん
  ソースがオープンGOPだと、途中で切っての一時出し等が無理なのでとても手間‥‥


|霧晴れて時代をつむぐ鐘の音 繋げる変化と私の気づき


 霧も晴れると、霧中の時とは打って変わって、気が付かんかったことが見えてくゆう
 (そういう時代ですよ、ほんとにもう、気になったなら直ぐにも疑ってチェックしよう!)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:25 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする

2024年06月19日

【ぶれ駒レスi解除】XMediaRecodeの「逆テレシネのフィールドマッチング」が素晴らしい

↓3)記稿.2024/06/19

> ありがとうございます m(_ _)m m(_ _)m
> ぶれ駒レスi解除に、見事成功しておりまして、とても素晴らちぃいい


 →開発元(Updated on 2024年6月10日)
 →↑のデフォルトをぷちカスタマイズしてあるっぽいのがXMedia Recodeのそれで
  項目カットのそこん所が、どうなっているかなど知る由もなし
  (説明読んでも分からんので、デフォルトのまま用います)


 ‥だが、24枚化には成功せるも、動きがぎこちないどえむ
 でもまぁそこは、リニア混合×60枚化やらかすのだから不問としておきませう(解決済み)

  (これで漸く、セルアニメの多重撮り箇所を断定的にキュルキュルにてチェックできるz)


 フレームレート:59.94 ; 23.976
 GOP長    :30  ; 12
 ref    :14  ; 11
 先読み    :999  ; 999

  ‥同じCRF(0)わさb抜き仕様でも、違いは発生するかもどえす
  なので、まずは、そこの違いの有る無しの確認が必要どえむ
  (とくに‥8×8とすべきか、4×4まで使い込むのか、そこの判断や如何に‥)


> ‥そして、知ってしまった‥
> カラー優先度×行列係数×転送特性としたトリオを
> 「指定なし」にすべきだったと‥orz


  ‥指定したままだと、映像メニュー発色に影響を及ぼし、切換余裕に乏しくなる草
  (キュルキュルとせるはずの動きがもっさりしてしまったりと‥なんか違う‥)

  「ぶれ駒レスi解除」としたその印象に、デカく異なる何かがあるのだろう


 ‥切換オンオフとした間違えはやらかしたくねぇので「指定無し」の一択になるっぽ

  ソースで指定付いてる奴は、マスターソース比較での色安定を図るための結果らしい
  (DVDとの違いやら取り扱いをはっきりさせる意図だったりするのかも‥??)


> 圧縮度合いを述べると‥ぶれ駒レスi解除の結果、1.125倍前後とした減量に成功せり
> (細かく述べると‥1.152になる‥)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:11 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする

2024年06月18日

【ボケて痛っ】世界すべて幻ならば、そこには{作家性vsプレイヤー性}があるのみ

3)記稿.2024/06/18

> 死んだらそれまで‥ならば、この世のすべては幻も同然であろう
> 死後があろうとも、この世界から離れてしまうばかりなら、幻も同然にならん
> ‥などとお堅く考えずに、ザックリこう考えよう


 ‥この世界はゲーム世界のように幻そのものなのだから、何をやらかしても自由として良し
 そうであれば、そこには、私とした世界のプレイの仕方の問題性・課題性があるのみにならん
 罪の意識に苛む必要も無いし、自己満でも十分にあろう
 汝のすべての不満足に対しては、トライアンドエラーで事に当たれば良し

 とした基本理念(創造性)に基づいた方針があったとしよう

 貴方の世界に居る諸々の者らが、モブ然として同時多数的に存在するにせよ、そちらも全部幻
 もとい、幻覚魔法のような術のなれの果ての如きで成り立つヘンテコな世界としても筋違いに無し
 「私、死んだはずなのに生きている‥」なんてオチなら‥どうしたってそれに近い‥

 (但し、お互いに死んだはず同士がまんま隣り合っていたら、そりゃまぁ解釈も変わるどえす)

 とはいえ、その世界にはその世界のテーマがあるのだから
 そのスタート開始からどのように位置づけてプレイするかは、それこそプレイヤー次第どえす


> 誰だってゲーム世界をプレイしてみたくなる動機としてはそんな感じだし
> そう思ってみた段階程度で、罪に問われることもなし


 ‥そのような思考の選択×自由を謳歌して好いなら
 それこそそこには、貴方の趣向、貴方の望みを叶えるためのし甲斐があるに違いない

 そしてそれは、貴方の創造性とした反影であり、貴方自身の望んだ人格の為し得る所とならん
  ならばつまり、貴方が貴方と思い込んでいるそのアイデンティティーやら至福感にした所で
  人格製造器としたゲームに参加しているだけなのだ


> 最終的に私なる者が欲すべきは、創造せしめるべきは、これぞ私なりとした「人格」どえす
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:06 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

2024年06月15日

【袴田事件】そもそもの血痕の付着には「赤み」以前とした科学的な未検証が山積みな件

記稿.2024/06/15

> 証拠とした衣類には既に味噌に漬かっていたとする当時の臭いも無し
> そうでなければ、腐敗が進んで保存もできない(外野からはそう見える)


 ‥まず味噌に漬かって、血染めとした血痕のDNAはどれ程に保つのだろうか?

  味噌に分解されてしまっていては、DNA鑑定も糞も無い
  結構な時間を掛けた結果、より分解が進んでしまうなら、赤みもクソもねぇ
  DNA鑑定とした証拠として不十分なら、それは証拠には満たないものだった草


 ‥次に、証拠を保管するために洗浄した際に
 DNAとした付着の残りは、%でどのぐらいにまで落ちるのだろうか?

 (それはそれで、検察側の不手際であり、自らで証拠を破棄したと言わざるを得ず)


> この二点のリスクについて、科学的論点がまるで欠落しているではないか!


 ‥何やら、DNA鑑定としての信頼性が低そうな案件に堕ちている

 其をそれでも証拠として挙げるとなると、もはや現場検証頼みとした前時代的な解釈しか残らない
 ならば、容疑者の動機とした論点が欠かせない話になる

 その論点に突破口が無いもんだから、「赤み」とした主張を企てているとも言えるだろう


 ‥赤みが残るとすればそれは何か?

 DNA(タンパク質)とした観点からはとても怪しい
 血痕が証拠になるに非ず、今や、そこからのDNA判定ができるとしての証拠扱いなり
 DNAがDNAとして覚束ないなら、それは証拠不十分でしかない
 「血に非ず」とした見方をせざるを得まい

 (それこそ、現場に血痕が残っていたまんまを採取し経て証拠になるぐらいの話だ)


 ‥そもそも、洗い流して血の痕が色として残ったにせよ
 その血の痕の色が、何かを、我々は詳しくは知らんのだ

 科学的な成分としては、タンパク質ではなさそうである
 それでなくても味噌に漬かっていては、タンパク質としては変位していたはずなのだ

 そこの論点を蔑ろにして「赤み」騒動この上なしの論理誘導は怪しすぎる


> 偽証として赤みを誘導に使えるとした策謀にだって見えるのだ
> つまりは、映画等での血糊とした見せかけ成分のなれの果てかも知れないではないか‥??
> 偽造であれば尚のこと、鉄分の比率を血に寄せているのかも知れない‥なんて考えすぎか‥



 それでも検察側が偽造などしていないともなると
 文学的な論点としては
 真犯人が警察と内通していて‥証拠不十分なので何か欲しいと言われて、
 味噌タンクに仕込みやらかしましたん‥とかなんとか???

 もしくは

 真犯人が先読みすぎてて、始めから作業員の身なりで犯行に及び
 味噌タンクに証拠隠滅を図った‥とかなんとか???
 そうすれば、作業員の範囲で捜査が及ぶだろう‥とかなんとか???

 (どちらかというと後者くせぇz)
 (すると、どうしたって疑うべき範囲が、当時の経営側にも及ぶだろう)
 (だって、その手の作業着を用意せなならんでよぅ)
 (大ざっぱにやからして違っているなんて、それは部外者のオチにならん)


 ‥当時の検察は、発見されるまでの味噌タンクの取り扱いについて調べただろうか?
 1ミリも話を聞かんでよぅ(ここがとても謎)

 (俺が犯人だったら、そこのタンクに近づけたくねぇってもんだz)
 (味噌の仕込みの時期との関連を詳しく!‥と思うべきが検察のはずなんだけど‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:00 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

【詩】獣と屑の二択だけの脳

↓3)向宜詠吟.2024/06/15


まだ若くして、自らの才×体躯を駆使できて、何かを成し遂げんとしてレールの上にある内は
そこそこの環境育ちにある内なら‥まだまだ無理ゲーでは無いのだからと
イキがっていられる(??)イキがってこそである(??)

まだまだ足掻くことのできるチャンスの札にある内は‥ザコやモブよりは格上だ(??)

そして、敗れたり、結論を見出したりとした結果‥すべてに期待できなくなるから絶望する(??)
誰にも期待できないのなら、すべてを破壊してしまってもかまわない‥かも知れない(??)

そんなこんなの抜け出したいとした足掻きからも
成り行き知らぬが内に、周りの破壊行為に勤しんでみたりとか‥なんとか(??)


ああなんと、獣と屑の二択のみ脳みそ構造なのだろう‥
ああなんと、腐っさ甘ったれた脳みそ構造なのだろう‥
ああなんと、人たる寄る辺なき脳みそ構造なのだろう‥


血に飢えているにせよ‥力に飢えているにせよ‥希望にほだされていたいにせよ‥
結局は偏っている。自分か‥誰かか‥何か‥にお熱を上げていたいだけの酔っ払いだよ。

バランス良く生きようとは、なかなかに思わないらしい。

そもそもその手の絶望から逃れてバランスを発揮せる姿を誰も知らないのだ。
そうなのだろう。だから、そこでは目に見えている世界だけがすべてになる。
目に見えている価値だけをすべてとせざるを得ない渦中で‥溺れるばかりだ。

だからだろうか(??)
現に合間見る同士での優位を競い、勝り、驕ることこそが‥悦であり快楽たり得るのだろう‥
どうしてそのように思えるのかが不思議なくらいに、酔い、酔っ払ってしまうらしい。

そこでは「美酒(褒美)を寄こせ」とばかりに奪い合うだけだと言うのに‥
褒美に酔いつぶれたとて、誰もが、誰からも文句の付けようなき勝利を‥望み抱くのだ。

結果として、命を賭け遭うことになる‥
結果として、「太く短く」とした使い捨てに、誰しもが捺印せり。
結果として、抗うのもカッコイイとして、やらかしてもいる。


「それのどこがカッコイイのか?」‥とした疑うべき角度を知らないかのように‥


何はともあれ、それにしたって生き方の一つであり、感想であり、好みの差にすぎない。
その手の褒美に興味がそそらないのなら、違う生き方をしているはずだ。
でも、酔いしれている内は、誰しも別の草鞋を履こうとは思わない。

それ程に、不思議なぐらいに、酔いつぶれているのだ。
それは、どうしてそうなっているのだろうか?‥とても奇妙だ。
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:49 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする

2024年06月14日

【エンコード日記】わさb盛りベスト品位なGOP構造とは‥

↓5)記稿.2024/06/13

> 先に結論を述べてしまうと
> 爆Q用途に、bフレームは再び要らない子に出戻りましたん(あれ〜)


 ‥前回のレシピをCRF(0)にして、わさb有り無しを比較した所
 画質保持とした際のAVCでの圧縮減の率は、22%前後程度らしい(今回のテーマ)
 そして、わさb盛りとした際の時間コストは倍に及ぶのだ(悩ましい)


 ‥さらに悩ましいのは、量子化済みソースに対して、わさb盛り2passエンコードを頑張っても
 わさb抜きから11.25%減‥に落とせる程度にあることだ(艶品位画質の保持)
 (時間コストも馬鹿にならねぇし、旨味が薄いz)

 ‥その際の艶品位と言っても、高品位に出来上がっているとは限らない
 (ビットレートの手抜きなどあり得ないとした台所事情を抱え込んである)

 GOP構造の選択をケチろうものなら、動いて見えるべき箇所で動いて見えざる場合も起こりうる
 それはそれで目の錯覚ありき特殊ケースなのだが、動画エンコードにおいてとても重要な見方だ

  (‥局所瞬時なマクロブロック間での‥ビットレート割り当ての厚みもしくはQP均一性が重要)
  (ということで、QP均一性とした特徴に顕著なのがCRFエンコードになっている)
  (‥その際、爆Q構造のままにCRF値を下げては、増量しすぎるのだから)
  (そちら都合は2passエンコードとした見方になる)


> まずはそんなこんなのGOP内部理解をしてまいりましょう
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:21 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする

2024年06月13日

【日用エンコード】我が名はシンQ郎。AVC720p×CRF(20)にて、爆Qを極めし者。

記稿.2024/06/13

> 僕にもできゆう日用お手軽エンコード!‥みたいな
> といっても適応していないソースもあるどえむ(引き続き調査中)


 ‥今回の何がスゴいかというと(対象は、1080pBDts‥になってます)
 原画マン「シンQ郎」とも呼べるほどに場面切れが良い
 これぞ原画マンへの道のりの為のエンコードなのら‥とかなんとか

  (拡大画質の方はと言うと、CRF(20)なので、720p潰れ有りまくりどえす)
  (適応が高いと綺麗目だけど、適応が低いとCRF値を下げざるを得ないでしょう)
  (下げるぐらいなら2passエンコードですが、そちらはFHDサイズにて調整中です)

 (大体が爆速にて仕上がるので、原画マンお勉強にはモッテコイになるでしょう)


 幅:1280 [2]
 高さ:720 [2]
 スケーリング:双三次スプライン
 ディザリング:自動
 アスペクト比:オリジナル× → ◎16:9(嫌々せずに手動にて切り替えます‥何かが違う‥)
 アスペクト誤差:-0.0000
 拡大:なし
 □ アスペクト比を保持
 1920×1080


> キュルキュル増が目的ですので、MP4にてエンコードしまーす(いきなりにMKVは駄目れす)


コーデック:MPEG-4 AVC/H.264

フレームレート:59.94(23.976から忘れずに切り替えよう)
カラーモード:YUV 4:2:0 Planar 12bpp
レート調整モード:品質
品質:20.0
プロファイル:Hi10
レベル:Level5.1

Open GOP:□
キーフレーム間隔:30
最小GOPサイズ:1
表示モード:プログレッシブ
スレッド:0
強制的に固定フレームレートのタイムスタンプを生成:オン


適応型DCT:オン
I8x8:オン
I4x4:□
P8x8:オン
P4x4:□
B8x8:□


bフレーム数:0


VBVバッファサイズ:168750(最大値÷16×9)
VBV最大ビットレート:300000(Level5.1の最大値)
VBV初期バッファ:0.9
可変ビットレート:指定不能
量子化圧縮:0.6
先読み:999
先読みスレッド:0
Syne Lockahead:999
MB-Tree:オン


M.E.範囲:4(再生時の動き潰れ対策:とくに光表現、細かいくせに一度しか動かないなど‥)
シーン変更感度:89
M.E アルゴリズム:SATD Exhaustive Search
サブピクセルリファイン:10 -QP-RD‥(CRFとのコンボ仕様‥まぁ当然の解釈ですよね‥)
Chroma M.E.:オン
P-フレーム予測の重み:ブラインドオフセット‥(i解除ソースの際にはスマート解析?)


量子化最小値:10
量子化最大値:69
量子化最大値(Delta):4
IP比率:1.4
PB比率:1.3
彩度QPオフセット:0
輝度量子化のデッドゾーン(Inter):21
輝度量子化のデッドゾーン(Intra):11
AQモード:暗いシーンのバイアスを自動分散
AQ強度:1.0


Trellis:常時
Psy-Trellis強度:1.00(スマート解析の際に、適応するのかはまだよくわからない)
Psy-RD強度:1.00

参照フレーム数:14
ノイズ減少:0
参照フレームMix:オン
CABAC:オン
DCTなし:オン

Fast P-Skipなし:□
心理的エンハンスなし:□


ビデオ形式:指定なし
カラー優先度:BT.709
行列係数  :BT.709
伝送特性  :BT.709



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:29 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする

2024年06月12日

【怪しい】レプリコンワクチンの危険性と開発された目的、そして暗殺された理由

記稿.2024/06/12

> 今日は611 生物兵器というキーワードがトレンドに 福島にmRNA工場が作られてる訳


 ‥とても興味深い情報だ
 そしてとてもマヌケな情報だ

 福島のmRNA工場は、2021年に設立だ
 安倍晋三が討たれたのは、2022年の夏である

 反対していたなら、予算からして通過するわけがねぇ

 どうして、通過して、工場建って(当時は建設中途??)、その後に撃たれたの?
 (ボケッと端的に見たって辻褄が合わん)


> 何も知らなかったから、後から知ったから?
> それはどちらの陣営の話になるの?


 ‥どちらともに解釈が可能なのだが
 安倍晋三の立場を持ち上げれば、自民党の解釈も変わるだろうとしたすり替え工作だとすると
 残りかすの自民党は根から葉まで、堕ちた連中ばかりですからと自供した内容に堕ちるz


 そうではなく


 安倍晋三が後から知ったので、彼が急に反対しだした
 と言う中身を尊重したとしても

 誰も安倍晋三と意見を共にしなかったとした結果が
 「打て打て禍」を招いたそれでしかない(とくにSとK)
 (つまり、安倍晋三以外の自民党員は屑ばかりでした‥確定爆)


 狙いとしては、後者が成り立てば、少なくとも忖度し得ているのだろう


 だがしかし、何も知らずに予算を通したのも安倍晋三ぶくみになるんだからなぁ
 問答無用で「ポチの鑑」だったとした見方に1ミリの隙間も無し


> その有り様の結果に、安倍晋三を持ち上げ直せる余地など無し
> 火のない所に煙は立たねぇし、目立ちたがり屋だったおつむの中身は空でした‥てなだけよ
> (十年も貢いだのに、一つの反対で消されるんやで、始めから知ってたらどうしてたん?)


 ‥その情報が、復活H氏経由で伝わってくるとしたきな臭さ
 好いように利用して、再び潰してやろうとしているような胡散くせぇ罠の臭いしかしてねぇ

 ‥それはそれで、キチガイ勢力の面々は、第一印象重視から仕掛けてくる連中くさっ‥


  (安倍晋三を持ち上げ直そうとしているH氏、じゃ、応援しよう)
  (vs安倍晋三を持ち上げ直そうとしているH氏なんてやっぱ無理ッ)

   H氏への支持群内にて、対立図式さえ形成できればOK‥みたいな


 ‥何というのか‥詰めの甘い漢とした印象が濃くなるばかりどえむ

  (H氏でそれなんだから、母体となる政党は如何に?‥てな話どえむ)
  (選ぶ方からすると、自民党よりはマシだろうとしたそれだけしかねぇ‥)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 10:47 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする

【エンコードレシピ】君はPsy-Trellis強度(1.00)の成功例を見た事があるか?

↓1)記稿.2024/06/12

> ‥結局‥
> 「わさb抜きシンQ郎」じゃねぇかよぉおおおッ
> 取りあえず、忘れん内に軽くメモっとこう‥(只今調査中)


 ‥今回は、(16:9)BDts(1080p)25分モノ5GB以上ファイルの対象になりまーす
 それよりファイルが小さい場合は、HDサイズにてやらかしてみてくだせぃ


 幅:1920 or 1280 [2]
 高さ:1080 or 720 [2]
 スケーリング:双三次スプライン
 ディザリング:自動
 アスペクト比:オリジナル× → ◎16:9(嫌々せずに手動にて切り替えます‥何かが違う‥)
 アスペクト誤差:-0.0000
 拡大:なし
 □ アスペクト比を保持
 1920×1080


> キュルキュル増が目的ですので、MP4にてエンコードしまーす(いきなりにMKVは駄目れす)


 フレームレート:59.94 ;(24)‥(23.976から忘れずに切り替えよう)

※ 先読み誤差をどうするかの選択支が悩ましい
 ‥「23.976×16.666666‥=399.6」並びに「29.97×16.666666‥=499.5」だと
 端数が出てしまい誤差になるとした経験則があります(謎)

 なので、{59.94&999};{24&400}とした割り切れる値での二択に迫られるどえす

 それで、どちらもほぼ同じ画に
 キュルキュルとキーが入るなら理論的には大成功なり(それ以外に興を得ず)


※ ちなみに、フレームレート(24)選択しても、モニター対応していないとチラつきが入ります
  GOP長(24)とした場合が、とくにそれにハマるでしょう
  わさb抜き×GOP長(12)程度ならそれ程に気になりませんが
  ビットレート量を調整しないと厚化粧ボケでしょう
  ここでは、キーフレームの入り方の確認とした紹介に留まります‥(あしからず)


> AQモード(暗いシーンのバイアスを自動分散)のきちんと起動する構成
> P-フレーム予測の重み:ブラインドオフセット
> Psy-Trellis強度(画面サイズに適った値)
> 適切なビットレート量×適切なGOP構成(サクッとわさb抜き使用で‥みたいな)


 ‥にすると、発色の回復を求めて、なぜかキーフレームが増えゆく怪を発見!
 なぜかキーフレームが増えてキュルキュル爆になゆう(どんだけ〜)
↓/続きを読む/↓
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:14 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする

2024年06月11日

【短歌】Qの声(四射)

向宜詠吟.2024/06/11


|いつもより多めに回る民のQ「不正×不祥事なぜに忖度?」
|いつもより多めに回る選の声「Q民ですから」vs「都落ちですから」
|いつもより多めに回るQの風 もしトラならば押しつけオハギャー(?)
|いつもより多めに回るカネのQ 債券再見ウォール街(?)


> ここまできたら「Q民党」を旗揚げする雄姿が欲しくなるz
> ‥‥例えば‥‥


 私たちは、不正腐敗とした政治情勢にQuestionを突きつけます。
 私たちは、「Q民党」です。「救民党」でもあります。
 共に一緒に戦いぬきましょう。‥とかなんとか‥


 ‥横文字かぁ‥どうせ米国ポチの日本政治は「休眠党」なんやろう?
 ‥それな。そげな「窮民党」になにができるん?
 ‥それを言うなら「旧」とした何かなんじゃねぇの?


> はい、そこの貴方、それQuestionですよね、疑問に思ってますよね。


 ならば一緒に疑問点を共有しようじゃ有りませんかッ
 課題点・問題点さえ共有できていれば、予算が無くてもどうにかなるものですよ。
 そうじゃないと言うのなら、それ、人間‥もとい暮らしを諦めたも同然ですよね。

 さぁ「Q民党」と共に、明日への骨を折り合いましょう。


 「ええ☆お前らが何とかしてくれんじゃねぇのかよ?」
 「そうした甘えの結果が、自民党の腐敗だったんでしょうがッ」


 予算を先に提示するから腐敗するんです。
 先に提示すべきは課題点・問題点であり、それの社会意識の共有です!
 解決すべき連鎖が滞るから、問題の山積みのままなのです。


  リニアの試掘にしたって、試掘許可が下りたらなぜかGO音頭ですよ。
  あの感覚に「試掘」とした意味がどこにあるんでしょうね?
  まったくの謎ですよ。試掘調査の意味を履き違えているにも程があります。
  だから、試掘させるのも嫌だったって話なんですよね。

  「試掘でウランが出たりしたら、そりゃ中止でしょう!」


 そうなっては、誰しも面倒くさいとして、予算の話しかしないんです。
 それ、腐敗への出来レースですからッ


 そして、法案を通してから、そしらぬ顔をして、問題点の説明が後からされるんです。


 そんなのばかりだったでしょう!
 そうした方が、為政者にしては、同じ問題にて二度美味しい‥みたいなリターン有りなんですよね。

  そしたらもう、時代の専門家とした貫禄に見なされますからね。お得ですよね。
  当人達は、注目される程にお徳に思い込むんでしょうけどね、勘違いも甚だしい限りですよ。


 予算を求めてから、課題点すら把握していない輩を雇って調べさせ
 無駄に5年が過ぎ、気が付きゃ10年、新たな課題の発生と共にお蔵入り‥みたいな‥
 こういうのを「食い潰し」手法と問わずして経費削減なんかありゃしません。


 そんなあんなの同じ課題点の縛りつけみたいで、10年、20年と‥‥もどかしい限りですよね。
 そういうのを漫画展開にしても、ローンの支払いにしても、「先送り」って手法になってます。


 期間内に成果を求めるばかりにあるから、そういう流れにもなるわけですが
 それに慣れきってしまえば、誰であろうと足踏み上等として椅子に座るだけになってきます。
 仕事をこなしている感さえ見繕えれば良いから‥みたいなね。

 だからこそ、課題点・問題点を先に提示すべきであり、さらには原因・元凶を提示すべきであり
 そこに解決を見いだせないなら、連帯責任として位置するのも、相互社会たる有り様です。

 つまりは

 案が無いなら、やり切る気概に疎いのなら
 切り上げざるを得ずとした方向での凍結とした提示も時としてあるでしょう。
 早めにそうしなければ、予算の無駄です。

 それでは以前とさほど変わらないと思うなら

 改善に前を向いて失敗したなら、それも受け入れるとした市民の気概こそが必要です。
 為政者にばかり失敗の澱を押し付けようとせずに
 まずは課題点・疑問点を共有して、その上で挑むべきであります。
 そうでなければ、誰も腹を割らないでしょう。

 皆さんには、そこの違いをしっかりと把握して頂きたい!‥‥とかなんとか‥‥


> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:27 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする