2012年12月17日

未知の眠気防止成分の可能性

1-1)0
地球ドラマチック「ピタハン謎の言語を操るアマゾンの民」より

番組14分20秒〜14分40秒辺りの映像

ピタハンの男が、とある枝を両手に持ち語る。

「俺たちはこれを使う」
「俺たちは夜眠らない」
「俺たちはナイフで削る」
(枝の切り口の辺りを削る仕草)

「目の上に塗る」
(削りカスを鼻の頭と瞼の上に持っていき擦る仕草)
「俺たちは一晩中起きている」



1-1)1
 実に何気ない映像であるが、木の枝の削りカスを瞼に擦るだけで(?)、目向け防止になることを語っている。

 これはすごい。木から成分を摘出して正体を掴めば、眠気覚まし用のリップなんかが開発できちゃうってわけだ。

 まぁどれぐらいの効果があるのかは定かではないが、ここぞと言う時に効果が発揮されればいいわけだから、それで十分だとは思う。
 しかし、ドライブ用途に開発しようとしても、効き目が高すぎるようなら、睡眠障害になりかねないから使い方に注意は必要になるのかも知れない。

 あと映像からはそれの使い方が具体的にわからないが、本当に削るだけならもの凄い効果を秘めていることになる。たいていは煮詰めたりするんじゃないのかなと‥思うのだが、削るとしか言っていないから、削るだけなのかも知れない。

 多分、夜の狩りをする場合なんかに使用しているのでは‥
 それとも、下ネタのつもりで話したのだろうか‥その辺はまったくの不明。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 09:54 | Comment(0) | 目の付け所をナス | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。