2014年01月31日

【刮目】畏れ多くて誰もツッコめない「現代神道お祓い批判」

1-1)0
|現代神道の土地々々のお清めは、土地神様に「出て行って」
|出て行ってもらったら、お迎えの神様居座ってアフターケアはこちらだけ。
|怪訝な顔にも追い出され、元居た土地神様へのご案内なんて聞いた例しがない。
|茨の道へ招きましょう。元居た土地神様らの怨念を知らずに拝んでばかりの日本人。



1-1)0
 「おっと、来た―!!!」と言わんばかりのツッコミであります。

 これではまるで、神主も地上げ屋と同じじゃねーか。
 ‥言われてみればその通り、そんでもってそれをお願いしちゃってるのは地元民である。


 「良い神入れたから安心だ‥」
 ‥などと、何とも図々しいばかりじゃありませんか。


 ここから改善していかないと全然ダメ。
 古神道に還れとまでは誰も言わないにしても、


> これは鬼門ですな。


 まぁだからだろう、天皇家も祟られてばっかりで、真っ黒けの陰謀恥部を抱え持つと聞く。
 それでも世界のトップ扱いなんだからな。

 「重しを外したら、どうなんの?」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:52 | Comment(0) | 刮目/2014 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。