2014年03月27日

【うた詠み】四首吟いろは歌留多「マ行」整いました

ver.2014/03/27

> うた詠み始めます。よろしくお願いします。


|「真っ新」な頃の自分が一番に自由だった。
|楽しくて楽しくて覚えることがみんな真っ新。
|新鮮でなくなった‥真っ新に無くなったから。
|楽な方に流れる‥そんなの真っ新じゃない。


|「水」の清らかさは人の暮らしの清らかさ。
|清らかさを欲せよ、さらば水は湧き来たり。
|来たり、来たり、水の潤いが私に沁み込む。
|沁み込んだ水の輝きが健やかさを育む。


|「夢中」と遊んで、私を見失った。
|沢山あっても一つを選ぶのが夢中という友達。
|友達と夢中を掛け合わせると多くを発見する。
|発見するべき大切は、夢中の外にだってある。


|「目立ちたい‥」一度ぐらいは誰もが望む。
|望んでも、目立ちたいはいつだって満席御免。
|満席御免にありついた席の数以上の目立ちたい。
|一等席で無くても、目立ちたいは山盛りが良い。


|「もてなし」が立つのは自信の現れ。
|現れを以て、もてなしは汝を磨かす。
|「磨かせて下さい。」其はもてなしの心得。
|得たさの未熟が控え目に合ってこそのもてなし。


> うた詠み終わります。ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:32 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。