2014年03月30日

【うた詠み】四首吟いろは歌留多「ワ行」整いました

write.ver.2014/03/31...20140330

> うた詠み始めます。よろしくお願いします。


|「和」を以て貴し。和を以て馨し。
|馨しき人の当たりの良さぞ和と為すは偏りなり。
|なりならずとも彼我の差を畏れて和ぞ得られじ。
|自顕を捨て自嫌を閉じ空しくし、和を以て準え。


|「田舎」に憧れるように成らなぁあかん。
|「あかんのや‥」田舎だけでは青だらけ。
|青だらけ田舎の魅力も人の手入れてこそ。
|そよ風空高きまで胸踊るるどこまでも田舎♪


|「笑み割れる」恋路ぞ熟する睦まじさ。
|睦まじき契りに笑み割れる懐のさもやむを得ず。
|随分と笑み割れる出会いのあらぬ‥欲さず。
|欲さずの気持ちも笑み割れる果ての一目惚れ。


|「惜しみつつ」断捨離と向き合う私好みの価値。
|私好みの価値を選んだ私と惜しみつつ夢の跡。
|夢の跡、惜しみつつ思い願わくば今ここに。
|今ここに立つ。惜しみつつを振り返れば松の道。


> うた詠み終わります。ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:47 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。