2015年02月25日

【川柳】慕情白濁56射

1-1)記稿.2015/02/25

|白濁の想い初めたし男派道(なんぱどう)


|美人ほどビッチが普通そう思え
|ビッチほど家庭に遠しそう思え

|猫の恋、さびしさ堪え二度寝つき

|根付くまでまだまだ浅し一五の恋(いちごのこい)

|春霞、新芽によろしく丁寧に
|花一面、調子こいてりゃ平手飛ぶ


|穏やかに家族欲しけりゃどんぐりさ
|どこ見ても、ボケとツッコミ夫婦道(めおとみち)

|好いもんだ。紳士も淑女も野良仕事

|本当の男は地味で真っ直ぐだ
|本当の女は賢く控え目だ


|美人見て目移り早しガキのうち

|ピンキリで真ん中選ぶお気に入り

|ピンキリのすそ野しりたし「‥ま○こ見てぇ」

|「‥高くつく」外角低めを選びがち
|「ど真ん中、投げてみてぇぜ」この慕情
|憧れは、勇んでみたし内角高め

|男なら直球真ん中潔し

|大抵は打ち返されて去る夕日


|波寄せる行ったり来たりはしゃぐ子ら
|あの頃のときめき集う同窓会


|期待など‥はじけて飛んだ。就職難
|空っぽの人生なんだ。フォアボール

|空き缶を蹴り上げ厭わしどん詰まり

|ドアドンと降りて来たり睦まじさ
|罵るか微笑み見るか‥逸らす目線

|碌でもねぇアンバランスの風を行く
|「何もしねぇ‥」そんな真っ直ぐそりゃ駄目だ


|腐らずに真っ直ぐ行くか‥されど壁‥
|最先端、どこもかしこも荒れの海

|同じだ。抱える涙も苦しみも

|前を見て胸を張るかの違いだけ


|胸張ってち○こを立てて声かけて
|オッサンになればなるほど閑古鳥

|呑兵衛の我慢の限界腹踊り

|若者よ、そげにすましてどこさ見る
|笑うため仰け反るためのおらが前


|「好いんだぜっ」甘い言葉と夜の街

|お笑いとカネがオヤジの貫禄だ
|夜酒場、孤独を連れて女神咲き

|いい女、欲しい奴ほど闇を這う
|いい女、ビッチな奴ほど闇に舞う


 欲しいのは真っ直ぐだったか‥否。
 欲しかったのはいい女。YES!

 欲しかったのは、アウトローな暮らし‥否。
 欲しかったのは、真っ直ぐな暮らし。YES!


|ひとりでは、真っ直ぐ立たぬ日の暮らし
|有り体の過去は水に流しとけ

|出会いとは、曲がった先の桜咲き

|誠から、土を選らずんば花咲かず

|花笑う暮らしと見るか女と見るか
|お互いはただの苗なり世話を焼け
|妬く前の土の善し悪し苗の好きずき


|しかと見よ、己の必要如何ほどか


|何のため‥人生半ばの顔くらべ
|伝説の美貌と比べりゃすべてブス
|欲しくなる。高嶺の花を得ようとも

|どこを追う、汝の美意識その言葉

|慕情とは、ただただそれ追う赤児かな



1-1)1

> さて、これは何と読む?


 「嫡男、長男、次男、三男」

 ↓じゃ、これは?

 「男派」

 ‥大発見だww!
 どうせひとりじゃ生きていけないわけで、
 硬派も軟派もねぇ、みんなまとめて「男派道」である。


> では問題、「男道」と「男派道」はどう違う?


 男道は、ただ単に男である上での哲学を指す。

 一方で、男派道とは‥
 ‥ぶっちゃけ、婚活だ。それに男のこだわりを織り込んだ言葉である。
 (無論、そこに男の恋愛観が紛れ込むのは当然だ)

 大体だ、男が婚活なんて言葉を使っているのは見苦しいというか粋がねぇよ。
 それこそ息が長くねぇって感じの恋愛観がますます重く見えちまうってわけさ。


 ‥そこで


 「男派道って厳しいっすよね」
 「何お前、まだ身を固めてなかったのかよ」
 「そうなんすよ、いい娘いたら紹介して下さい。」

 なんとさり気ない。
 ナンパのイメージが先行して、ある意味で隠語である。
 ‥それゆえ、まともに取り合いたくなければ
 それを軟派と捉えて、スルーする手も起こり得る。


 「男派道って厳しいっすよね」
 「何お前、どれぐらい遊んでんの?」
 「・・・」
 「その前にお前、その服のセンスなんとかしろよ」
 「・・・」
 「よしじゃぁまぁ、今度服でも揃えに行くか?、もちろん、なんかおごれよな」

 「・・・おごって下さい」(相談相手を間違えた‥)
 「お前には、まだまだ女は遠いな」(男派の世話なんぞめんどくせぇ、どうせならナンパだ)


> てな具合かな。


 ちなみに、発句の「白濁の想い初めたし」とは、
 「自分のこどもの顔が、どんなか見て見てぇ‥」ってな意味になるのかなと。
 (もちろん、その成長もな。まぁ男の場合、相手がいないとそうは思わないけどな)

 ナンパ道なら、下ネタの意で通りそうだが‥

 ここでは、男派道なので全然違います。お間違いなく。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:34 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。