2015年05月18日

【日記】商売をしたいとは思わない心理

1-4)改稿.2015/05/18...2015/05/17...

 俺はアンチ資本主義の姿勢から零戻経済を模索しているが
 それでも商売をしたいとは思っていない。

 ‥これはとんでも発言だが

 商売をしたいと思わないのと、個人的な活動をしたいと思わないのとではだいぶ違う。
 なぜそうなのかと言えば、多くの商売のそもそもが
 人が抱くほどほど程度でしかない欲求を当てにしているだけだからだ。

 ‥表現者として、そういうのは好かん。
 しかし、生活する上において、そういうのはある意味で普通である。


> 仮に、「本当に完成されたもの以外、売るべからず」のお札が立ったとしよう。


 これだと‥量産化を前提にした物の多くは推奨されることがない。
 でも多くの人の思考はそうではなく、適度な許容を持っている。
 それがなぜかと言えば、自分の器を理解しているからとも言えるからだ。
 しかし、自分の器を越えたものにも、興味関心を抱くのが人というものである。

 ‥とその前に

 完成しているとした概念自体が意味不明だ。
 そもそもにしてそのお札を立てた精神そのものは完成していると言えるだろうか?
 如何なる水準の科学なり生活観を前提にしての言い分なのだろうか?

 世の中のすべてに完成の度合いを識る感性と知性の共有を得ていないのなら、なんの意味もない。
 言い換えるなら、厳正な審査の上、免状を得たもの以外の商売を禁ずるとの意味になる。
 ‥それはそれで、もの凄い格差の容認だ。チャンスに乏しいルールである。

 免状に辿り着くまでの生活等における保障はあるのか?
 そもそも、その間の必要を商売の前提に入れないのなら、物を造るなと言っているようなものだ。

 ‥人として

 そこまでの押しつけはされたくはないが、くだらない物を掴まされたいとも思わない。
 人のその辺のアバウトさは、手の付けられないほどにいい加減だ。
 そうだ、確かに人は、商売に対していい加減な枠組みを了承し合っている。

 「‥それはもうどうしようもない程に」



1-4)1

> 商売という奴は、実に都合の好い解釈しかしない世界だ。


 売上を引っ張ってこれる物が好い物で、そうで無い物はゴミ同然だ。
 ゴミでも売り切るのが手腕と言われる世界でもあるわけだが、それにしたって
 どのように工夫をしたか次第によっては、糞である。


 「原爆実験と公言しつつ、原発汚染ゴミを一緒に爆破処理してたかも知れないし‥」
 「‥核ゴミ処理の問題性が、どうして原爆実験時代の当時、議題に上らなかったのだろうか?」


 しかし‥
 ゴミにならないように糞にならないように頑張ろうとしても
 完成された領域になければ売らないとした神経をどれだけの者が持ち合わせているだろうか?

 原発一つにしても‥物になるかどうか、実用になるかどうか、その必要理解は常に付き纏うのだ。
 ‥その挙げ句に、「お前にその資格は無い」などと言われたくはないだろう。
 (たとえそれが悪魔の代物にあってもだ)


 そもそもにして商売の醍醐味とは、買って貰えた結果に、勝手な思い上がりを味わう処にある。
 相手がどう思ったかどうかのしっぺ返しは、売上が続くかどうかの結果だけがその者を打ちのめす。
 ‥それでも、人の必要とする日用品ほどそのレベルに対する許容はアバウトだ。

 ※ 新興国で農薬等による健康被害がもたげると、「野菜を洗剤で洗う」なんて発想はとくにそれだ。
 無知であるがゆえの選択の間違いがそこに起きるのだ。(戦後の日本でも有った話だ)


 売る側が、如何なる分野を選択したかでも、完成度に対する考え方はまるで違ってくる。
 ‥否、その前にどのような人生を舐めて来たかということでもある。

 それはもう、どんな議論を交わそうとも、平行線だし平行線のままだ。
 誰しもは独善的で、どうでも好い自己満足に陶酔しているだけだ。


> ならば、現代人のその辺の心理はどうなのだろうか?


 ‥まず、社会に物が溢れている。
 今や経済圏であれば、どこに行ってもそうだ。それを当たり前としてブランド意識も出発する。
 まだどれだけの需要があるのかも分からないのに、無駄に欲しい欲求と対象を思い重ねたことで
 そんな商法が如何なる物事にも当てはまる事だと思い込むのだ。

 自分らが、たかだか売り手というだけの器でしかないにも関わらず、
 資材も人も外から得れば良いとしか考えず、且つ現場非対応の能なしでしかないにも関わらずにだ。

 現場の重要さを理解していると、机上の皮算用からは入れない。
 現場とは、作り出す側ばかりではない、使われる現場も現場の内だ。地球環境もそうだ。
 必ず現場の安全とケアを第一にする。機会の損失などと言う戯れ言は、それこそ机上の無知である。
 (‥むしろ売上の向上としての思考より、任された責任としての理解をすべきことだ)


 机上の無知を絶対視し始める事自体が、てめえの内の、ほどほどの欲求を他人の前提にしている。
 そのてめえの内の程ほどの絵図に、どれ程の価値があるかと言えば、
 てめえらが、安易に三つ星を上にしか考えないとした程度の枠であろう。

 ‥それこそ、人の許容を当てにしただけの甘ったれた心理でしかない。


 「尤も、それも生活だからと言うことになるが、そんな価値を俺に押し付けるな!!」



1-4)2

 物に溢れた社会を尻目に、カネもしおしおに傍観していても
 必ずしも買い物にシビアになるかというと‥そうでもない。
 そこにまた個性が広がっている。許容があると言うことだ。

 ‥しかし、俺の性格は、尋常ではない部類に属している。


> しかも、このこびり付いた性格性が異性にも向いてしまう側面は否定のしようがない


 そうだ。徹底が好いことだとは思ってはいない。
 (徹底と言ったって、本人・現物・現場を知らなければ、妄想に外ならない)
 (頭で理解できていても、気持ちが付いてこないと言うことはいくらでもあることだ)

 それでも

 納得のできない物事に手を出さないようになるのは、物に溢れた社会のしっぺ返しである。
 ‥時間と共に好奇心は薄れ、その馬鹿さ加減からどんどん遠ざかる。


 「主張に、エッジの見えないアバウトなんか要らないのだ!」

 何かと‥自身の心の根に動機がなければ、何かを手にする意味もまた無であることを理解する。
 (持てる規模に限りが有れば、それは深刻さを醸し出し当人を刺激することになる)
 (‥勿論、そこにも個人差というのがある)

 その一方で

 多くの消費の末に、身につけたエッジの主張とは真逆であるにも関わらず
 本当の意味で商売がしたいとか、物を売りたいと思ったら、完成度は二の次だ。
 ‥とにかく、食いつなぐとした頭しかない。(生かし合う形あらば真である)

 また

 物に溢れ、周りに影響を受けやすい者ほど、何事も長続きしない。
 なぜなら‥そこに身についていたのは、簡単に手に入るとした習性だけだからだ。
 だから、頭ごなしに量なり効率アップを要求されると、途端に息が切れるのだ。
 (‥エッジの主張を身につけておきながら、随分と勝手な言い分だ)


> 一方で優秀に見えても、一方で無能にしか見えてこない。


 ‥覚悟が無いとの表現がされるが
 本質に於いて、主張のエッジを通さんと我を張る者にとって、覚悟など生ぬるい表現だろう。
 それは覚悟などではない、それこそが吾が人生であるとした中身にあるからだ。

 自身をエッジとした創造への道程を外して、世のため人のためになど意味が無いのだ。
 (無能にしか見えない方が板に付いていたのなら、それもまた人生の主旨なのかも知れないが‥)



1-4)3

> では、改めて商売をしたいとは思わない心理とはどういうことだろうか?


 商売をする気がないのと、値段を付ける気概がないのとは、ほぼ同義に立つ。
 問題なのは、そんな連中が値段を付けないで活動を始めるところにある。
 ‥それこそ、周りの道半ばの者らにしてみれば、迷惑千万の商売上がったりに生りかねない。

 しかし不思議と

 値段が付いていないものに対して、多くの人々は懐疑的である。
 ‥そう言う意味ではバランスは取れている。


 ‥ところが、彼らは馬鹿ではない。

 タダであるということに対しても、常に公平であることを望むのだ。
 それが言葉である。(飲み食い屋にしたって、話し下手の処は繁盛しないだろうに)


 ‥言葉を聴かせるための方法として、2つほどある。
 それは自らが動く方法と、歴史的経過を待つ方法だ。

 言葉しか持たぬ者が、せっかちにも動こうとすると布施が必要になる。
 だが、布施を頂くと何かとうそが付いて回ることになる。 
 ‥そもそもにして、その言葉らは、まだまだ研磨されていないがゆえに無駄を含む。

 出る芽もあれば、出ない芽もある。半分助けで半分うそつきだ。

 結果として、自ら動こうと動くまいと、歴史的経過を待つことは公平を保つ上での良策と言える。
 ‥孔子と老子の違いなんてそんなものだ。


> しかし、その言葉らが一般的になると同時に解釈の改ざんも発生する


 それこそが歴史的な研磨の形であり
 また、他者の口に合うようにせざるを得ないどうしようもなさでもある。
 もしくは、理解の簡略化ともいえるだろう。思考としての慣れでもある。

 ‥それは、思想家や哲学者が、糞難しく体系ばった分厚い本を書こうとも
 歴史的経過の結果、テキスト1ページほどのメモにまとめられてしまうようなものだ。
 有名な一言を射ていれば、尚そうなる。


> とどのつまり、エッジの利いた言葉こそが、実用的&普遍価値ということになる


 「そんなものに基本、値段なんか付けようがないのだよ、諸君!!!」



1-4)4

> では、値段を付している物とは一体何だ?


 値段を付しても良いと思える形を得ていると言うことである。
 役に立たない屑物でも、見た目の形さえ整っていればOKみたいなお約束をしていると言うことだ。
 そんな約束をした覚えが無くても、商売という奴は常にそこを呑み込んで行く。
 ‥それはもう、うんざりするほどだ。恥を知らない姿とも言える。
 (ケースバイケースだから、何が恥だとか思い病む必要も無いわけだが‥)


> それらにすっかりうんざりした奴の方が正しいだろうか?
> それらにいつまでもうんざりしない奴の方が正しいだろうか?


 ハッキリ言えば、うんざりされれば、信用を失うだけである。
 信用が無くなれば、何区別なしに崩壊する。
 だから、うんざりしない奴の数がまだまだ多いと言うことになる。

 「‥お前らのうんざりしないタフを、俺の人生下手と同じにするな!!!」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:12 | Comment(0) | 日記/2015 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。