2015年10月19日

【宇宙な?】オーム宇宙の大きさ(200兆光年)の度合い

記稿.2015/10/19

> 私たちの居る宇宙はオーム宇宙と呼ばれ、200兆光年の大きさを有するらしい。
> ところで、200兆光年とはどれ程の大きさになるのだろうか?


 ‥何でも現在の人類科学で語るところのビッグバンは想定138億年程度だという。
 つまり、光学観測できる想定は138億光年程度。
 さらに、宇宙が膨張しているとする想定を加えると470億光年程(半径)だそうだ。
 (まぁ膨張の度合いは、この際どうでもいい)

 つまり、それを直径200兆光年の球状での大きさに比較すると

 ビッグバンより光の進んだ距離138億光年を1m立米とすると
 オーム宇宙は7246.3768km立米。
 ‥是を球状比に換算するっと、およそ3800億倍程度だ。


 もう少し具体的に示すと


 ‥銀河系の大きさは10万光年だから
 銀河系を1m立米とすると、オーム宇宙は2百万km立米
 (太陽の直径は1392,000kmだから、ダイヤモンドリング時の1.4倍ぐらい)

 ‥まぁそんな感じ

 一回の宇宙ワープ速度を時速50キロに換算して考えると、とてもやってらんねぇって感じだが‥
 寿命が千年も有れば、三世代も経れば、大ざっぱにも一通りの観測はできるかなの範囲だろうか。
 (宇宙は更にその先に外宇宙が広がっているという)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:36 | Comment(0) | 宇宙な? | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。