2016年01月06日

【短歌】マスコミと表現の自由‥二十七射

記稿.2016/01/06

|日常にほだされ見ちゃうテレビからいつも殺人テロ戦争

|劇場を描いて伝えるマスコミのお得意様目線は私物化だ

|公共の電波の所在誰のもの‥上から目線は何様か!

|競争や収益目線の世の常の客の客は攻略前線

|視聴者に届ける番組タダじゃねぇ。カネ出しゃオーナー資本事情


|広告に代打を送るACジャパン。「無料って何さ?」怪しすぎ


|お茶の間にスイッチポンの満足を届ける前のカリスマ用意

|カリスマの価値にトコトン依存して、カリスマ見せて焦点見せず

|マスコミの看板背負うタレントのゴシップ記事は脅しと同じ

|叩かれてそれでも辞めぬタレントの性根に据えし孤独嫌い

|お茶の間の顔になりたし人々の横並び意識のモンスター

|カリスマに魅せられ集まる人々の半分オーナー追っかけに非ず


|世の常やカネが絡めば対等に‥立場が痛し表現の自由


|物申す。始終真っ直ぐうやうやし石橋叩いて渡らせるべからず

|インフラの情報タダと思い込む。気づきゃシロアリ官僚天下

|お役所をお得意様と仰ぎ見る懲りぬ体質「お陰様です」

|法律で守っているのはお役所の権限なんだと税三昧

|民主化のオーナーこそが国民と思うが最後‥苦労にハマる


|一票の汚染をたばかるマスコミの情報操作に壁と堀あり


|ポチ構造入れ子式だぜ世の中の軍事劇場・財政劇場

|シナリオを描いて動くエリートぞ角立つ裏にも出来レース

|騙さんと頭ぞ切れても成り行きの要素の絡む「だって人だもの」


|「わからない」ほんとかうそか分からずと空気を読んで都市伝説


|腹の立つ元凶なんぞそっちのけ。ご機嫌宜しきゃ恩の字ド阿呆

|経済を神輿に担ぐこれまでの理論の破綻、依存の破綻

|見下しの時代の幕閉じ見届けて煮えくり返るも悔いの里


|立てば生る立たねば生らぬこれからの立たせてなんぼお互い様なり
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:55 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。