2016年02月02日

【アニメ鑑賞】シャイニング・ハーツ 〜幸せのパン〜

1-1)記稿.2016/02/02

> タイトルとそれに相応しい感じの絵柄が気になって視てみた。


 ところが、原作がゲームであるという点で
 そのファンタジックなイメージに、色々とへんてこな設定が引っ付いてしまっており
 (無駄にRPGの方にこだわっている感じ‥)
 「別にパン屋でなくても好くねぇ?‥」というぐらいに、キャラの立っていない作品だった。OTL

 「エルフもドアーフも要らなくねぇ?‥」
 「なんでジェット速度で飛ぶカラクリ人形が出てくんだよ。」
 「鋼の戦艦がファンタジーに出てくるのはアウトだろう。」
 「しかもその乗組員が、トカゲ人間とかまったく以てファンタジックとは思えない。」
 「戦闘能力を兼ね備えたメイド兼ドジっ娘ってなんじゃそりゃ!ふざけんな!一瞬で死ぬだろうがッ」


> ‥ツッコミ甲斐においてまとまりがあると言えば、実にそう言える作品に仕上がっている。


 他に言えば、教会にたくさん居る子供たち。
 あれは孤児院ではなく寺小屋で、パンを配達しに来るのは朝ではなく時間的にも昼時だし
 寺小屋の給食というシステムなんだと解釈しても良さそうだ。
 考えるにその辺‥キリスト教とかに断定する必要がない。
 ‥と言う具合に、所々仮想現実である点を強調せんとしてか、村風景は中途半端に描かれている。

 中でも

 トマトやコーヒーが出てくる辺りは、完全に西洋中世のイメージではなく
 かといってファンタジーの食事にこれと言った基準も無いからなんでもありって感じだ。
 ‥なら、味噌とか醤油とかお好みソースが有ったって好いよな。
 ‥さずがに、たこ焼きとかワッフルとかになると金型が必要になるからアウトかも知れないが
 ‥パン屋ル・クールの窯が壊れても、小麦粉料理で回せるだろう点に代わりはない。
 ‥窯が壊れてもなぜか影響もなくパンでやり繰りしている様子には、緊張感がさっぱりと途切れた。
 (べつに壊れたのが窯じゃなくてもよくねぇ?)


 あと、王家である。

 ちっぽけそうなその島を兄と妹で仕切っているという事情のようだ。
 ‥まぁそりゃどう見たって、ワケありにしか見えないよな。

 両親死んじゃって、親身の公爵家にかわいがられて引き取られたけど
 遺産相続に巻き込まれて、まだ若かったしでも兄は美形で、妹は聖魔法に長けてたから目を掛けられ
 少しばかりのおこぼれ程度の島を治めるに至った。チーン。てな感じ。
 ‥どうしたって王家になんか見えないぜ。


> ということで、残念さに納得行かず、


 俺がタイトルのままに感じた空気を以て、物語の筋を再構築してみた。



1-1)1 二次創作

 主人公のリックは、料理の知識を高める為に、各地を旅しながら流れの調理人をしていた。
 リックの出で立ちは無駄に美形であるがゆえに、すぐにお客さんから目を付けられるのが常だった。
 贔屓の客が付くのは、雇いの店としては良い傾向だが、当の本人はそうは思っていなかった。
 どちらかと言えば、「厨房の方でかわいい女子と仕事がしたいぜ」とリックは常々そう思っていた。
 でもそういうのは大抵女将さん気性が激しく、対等の立場で店を切り盛りしていくような空気に無い。

 まぁ初っ端から希望通りでも修行にはならないので気に病むことでもなく、
 一通りその街のメニューを覚えては、次なる街を目指して旅を続けるという繰り返しだった。

 そんな旅に変化が起きたのは、リックがウィンダリア島を訪れた時だった。

 パン屋ル・クールの店構えに見せられて店の中へと立ち寄ってみると
 店内では、三人のかわいい娘っこらが店を切り盛りしていた。
 「こんなん見たことねぇぜ‥俺の希望にピッタリじゃん♪」
 そう思うもまずは、ル・クールのパンを買って味わってみることにした。

 味わえば味わうほどに、「パン屋も悪くねぇなぁ」リックはそう思った。
 「ル・クールに弟子入りして、あの中の誰か一人と末永く暮らす‥」
 ‥そう思うがはやいか、細かいところは考えずに、弟子入りを願い出ていた。


 すると、パン屋ル・クールの店長がマデラという老婆であるということを知るのだった。
 話を聞いて行くと、まずはマデラのパン修行を店の外で受けなければならないらしい。
 「普通は、その店の中で教えていくはずなのでは‥」とリックは思ったが、ここでは違っていた。

 弟子になるに辺り、始めにマデラから訊かれたことは、
 この島で今後とも暮らしていく気があるのかないかだった。
 マデラとしても男手は欲しいところであり、それが美形の青年ともなれば尚のこと
 三人の看板娘が切り盛りする店で、その内の誰かと結びつかないということの方が考えにくかった。

 ならばその後で、余所に移るとか、別の商売を始めるとか
 そこらあたりの気持ちの在り方を確認しておきたかった口もあった。

 でも、リックは、厨房の中でかわいい娘と仕事ができれば、
 これといった料理のジャンルにはこだわっていないと、軽い返事を繰り返した。
 それはそれで、煮え切らない返事に思えたが、リックの筋のよさにはマデラも驚きを隠せなかった。
 ‥どうやらやる気と素質は十分にあるらしい。

 マデラもまんざらでもなく、運の流れに任せてみることにした。

 リックが店の方でパンを焼くようになると、ル・クールの客足が以前より増したように思えた。
 看板娘の三人も、その変化に驚きを隠せず、リックがただの見せかけだけの男ではないと思い始めた。
 そんな日々が半年も続くと、これからもずっとこの生活が続くのだろうと考え始めるほどに
 看板娘の三人の心の内には、静かにリックへの淡い気持ちが紛れ込むようになっていた。

 でも三人はお互いにその気持ちを打ち明けることはしなかった。
 何しろ、誰かがリックと結ばれると言うことは、
 たぶん‥パン屋ル・クールはその瞬間から私たちのお店という空気でなくなるからだった。
 リックがこの島に骨を埋める気なら、尚更の話になるに違いない。三人の誰もがそう思うのだった。


 リックが、パン屋ル・クールに来てから早三年の月日が経った。
 島の誰もがリックのパンの味を知るところになり、
 これからもその味に舌鼓できるだろうと思うほど、
 リックのパンへの人気は衰えるところを知らなかった。
 そんな頃合い、リックは自問自答してきた自分の気持ちを三人の前で打ち明けたのだった。


 「俺はパン屋ル・クールと結婚する。
 「だから、アミル、ネリス、エアリィの三人をまとめて嫁にしたい!」


 真っ先に返事をしたのはネリスだった。この話はそういうものでもあった。
 他の二人が降りても、返事をした者がリックを勝ち取れる。
 ネリスの返事にアミルもそこに気がついたのか、続いて返事をしていた。
 少し間を置いて、返事をしたのはエアリィだった。
 エアリィは信仰的にどうかに多少揺れたが、一人だけ違うという方が有り得なかった。

 こうして、ウィンダリア島には、なんともお目出度い4P夫婦が誕生することになった。


 そんなお目出度い時分、不吉にもパン屋ル・クールの窯が壊れた。
 しかし、リックは動じるところなく、
 店にある小麦粉を活用したパン以外のメニューを作ることにしたのだった。
 マデラにも納得してもらおうと試作品を味わってもらった。

 すると、マデラの返事は「好きにおやり」だった。

 それは香辛料を利かせた具を詰め込んだお焼きみたいな食べ物と
 クレープみたいに小麦粉を溶いた皮に具を巻いて食べる食べ物だった。
 パンが食べられないというのはそれなりに大きく一大事だったが、
 それでも新メニューに対する島の人々の反応は悪くなく、しばらくはそれで何とかなりそうだった。

 そんなリックの頼もしい一面を垣間見て、花嫁三人の新婚気分もさらに夢膨らむのだった。
 めでたしめでたし。(‥なんじゃそりゃ!)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:39 | Comment(0) | アニメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。