2016年02月28日

【俳句】お題‘遊園地’

改稿.2016/03/04...2016/02/28...

|梅雨ざれにひっそりまわるフローラルダンス

|春風や草木かぐわしバルーンファンタジア

|若葉吹くブースカ・サイクルらんららん

|鯉めでる。暇に移ろう冬ボート

|トラブルも汗もびしょびしょアドベンチャーコースター

|秋暮れをしみじみたどる観覧車(2016/03/04)

|巻き上げやサクラを抜けてディオスなり



稚草

> どこの遊園地で働いていたのかが、まるわかりである。


 当時はまったく詠んでませんでした。
 季節の移り変わりがはっきりしている環境だったので、詠めばよかったのにと思うところだが
 ‥唄の方にテンションがあったような気がする。


 ちなみに、ディオス【DIOS】とは、スペイン語で「神」を意味する。
 ‥巻き上げとは、車体を上に持ち上げる装置のこと。
 (ローラーコースターで、はじめに上昇移動するときのあれ)

 ディオスで春のサクラの中を抜けるのも気持ちいいが、
 ‥秋の夕暮れ(11月頃)のつるべ落としの夜景もどきを抜けるのもなかなかの見所だった。
 ‥どんなに乗りまくったリピーターでもこの時間帯のご利用はほとんど居らず、もったいない。


 乗車人数重量×気温(ローラーグリップ力)×風の抵抗(マイナス要素)=加速度の加減
 ‥ディオスでは、最高と最低で十秒も違っていた。この差はビックリするほど大きい。

 ※ 小心者は前方車両に乗るべきであり、とくに最後部座席に乗るのはお勧めできません。


 物理的に考えると‥全体の加速度は同じではあるものの
 谷から山にさしかかる部分での初速と終速の差が、
 前車両と後車両では、微妙に異なるのだと思われる。
 体感的にそれを感じることで、後部座席の方が加速度があるように感じられるのだろう。

 ‥ただし

 加速度の原点は、巻き上げからの落下速度がすべてである事から
 巻き上げ落下時に風の抵抗を受けると最後までスピードを維持できずに途中停止する可能性を秘める。
 それゆえ、人数の少ない状態での発車では、
 前方にご乗車頂くことでスピードを担保するようになっている。(風がいつ吹くかは分からない)

 (‥好き勝手に乗りたいのなら、それなりの人数でリピートして頂かなくてはやってられない。)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:18 | Comment(0) | 短歌・俳句・川柳 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。