2016年04月16日

【刮目】被災時炊き出し代行資格

記稿.2016/04/16

 大きな余震が続いている熊本地震‥
 その規模も侮れない大きさ。(もはや未曾有のレベル)

 それなのに、自衛隊が炊き出しに掛かりっきりなのはミスマッチである。
 ‥そんな所に、待機状態になるために日々の汗を掻いてきたわけでもあるまい。


> 明らかに、配置ミスである。(すること他にもあるだろう)


 そんな悠長な考えでいつまでもやっていては、それこそ税金の無駄遣いだ。
 そこで考えた。

 それが、「被災時炊き出し代行資格」である。

 ただでさえ日常の仕事が止まってしまい冷や冷やしている人もいる。
 なら、即行日当の付く仕事を出してやればいい。仕事のケアにも丁度いいはずだ。
 ‥でも、誰でもって訳には行かない。そこで資格制度が求められる。


> 予算が付かないとかぬかすなら、学校の職員にその資格を習得させるかになる‥


 学校にしても多くが休校なんだろう。そういう想定で公務員には仕事を分散するべきだ。
 そういう制度は想定外を考えれば考えるほど必要になってくる。

 ‥じゃなかったら、誰に助けに行ってもらいたいと言うのだろうか?

 自衛隊の炊き出し要員が成り立つのは、それなりの小規模の時だけだ。


> 自衛隊の指揮下扱いということになるのか、行政の依託になるのか


 ‥その辺は詰める必要があるだろうけど、そういう事項を改善していかないと
 被災規模が大きくなればなるほど、助かる命も助からなくなりますよ。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 18:44 | Comment(0) | 目の付け所をナス/2016 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。