2016年04月23日

【四首吟】お題‘とみこうみ’

記稿.2016/04/23

|人間を味わいきらずに疲れちゃう 遠見近見の世間の渡り

|渡りきらむとす人の斯様な願いなど 天に願えど人は知らん

|知らん顔している互いの言い訳を 如何に聞こうとどうもならん

|成らんから棚に上げても余計成らん 腹割って話せ まずはそれから



稚草

 左見右見と書くのは当て字だそうだ。
 そこで
 読みの【とみこうみ】を、遠江(とおとうみ)近江(おうみ)
 に見られる訛りのパターンと考えると、遠見近見と書くのが筋なんじゃないのかなと‥

 遠くを見通せば、近くのそれに対する見方も変わるのだろうが
 それにしたって、近くに集まる人の関心も捨てがたく気になるのだ。
 意味としても「あちらを見たり、こちらを見たり」と同じになる。
 ‥どちらかというと、遠くを見るか近くを見るかで言い表した方が賢そうだ。

 そう考えると、左見右見の方の当て字は
 世間様の先見が賢くなるのを嫌って、封印されたような感じに思えなくもない。
 ‥それとも、遠江の読み間違えの増えるのを嫌ったか。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 19:18 | Comment(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。