2016年05月18日

【知らなかったぜ】完了の[ぬ]と打消の[ぬ]と‥

記稿.2016/05/18

 五段活用の場合、未然形と連用形はすっきりと分かれるので
 どちらの助動詞の[ぬ]が付こうがきっちり区別できるが

 (完了の[ぬ]は未然形に、打消の[ぬ]は連用形に)

 上一段、上二段、下二段、下一段になると
 なんだかスッキリしねーなーと思っていたのだが


> そこにも明確に区別する上での認識があった‥


 助動詞[つ]→のちの[た]は、自動的動作の完了
 助動詞[ぬ]は、他動的動作の完了

 是に習うと

 「見」は、自動的動作なので、見ぬ(見ない)・見たと使い分けする。
 「暮れる」は、他動的動作なので、打消には[ず][ざり]・暮れぬ(暮れた)と使い分けする。


> では問題です。「来ぬ」はどうなってるでしょうか?


 答え:カ行変格活用の動詞「来」の未然形である「来」に、打消の助動詞「ず」の連体形が付いた形。
 
 助動詞[ず]→ず/ず/ず/ぬ/ね/ざれ

 「ええー、そんなんですか???」(違和感ありあり)


 ‥さらに細か見ると‥

 他動的動作+来(ko)ぬ → 助動詞[ぬ]打消
 来(ko)ぬ+場合‥などの体言との組み合わせ → 来の未然形+助動詞[ず]打消
 自動的動作+来(ki)ぬ → 来の連用形+助動詞[ぬ]完了
 ‥というようになっている。


> ふざけんな!!!概ねケーズバイケースじゃねーか!


 ‥とくに短歌・俳句で読む場合は、空気読めって感じか
 否、表記上の定義が必要だ。
 来i、来o‥というように書くしかねぇ。

 まぁ「来」はそれでも良いかもしれないが、他の動詞はどうする?

 俳句の場合は、字数の制限から
 ‥どこに主体があるかなんて暗に示してわからない場合もある。

 懲りmぬ、懲りrぬ‥こんな感じか。(mは未然形、rは連用形)


 「じゃ、俺はこれからそういう定義でやるとしよう。」
 (またさらに見直しかよ‥)OTL
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:25 | Comment(0) | 日記/2016 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。