2016年06月05日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?01

記稿.2016/06/05

「あのう、僕とお付き合いして下さい」

kannagi-cutie.png

「えーそんなこと急に言われても、わたし今、恋とかって気分無いのよね」
「そこをなんとか、気分出して一緒に盛り上がってくれませんか」

「まぁ、せっかくだしそんなに言うんだったら
 しもべとしてわたしの三歩後ろから付いてくるぐらいなら構わないわよ
 僕って書いてしもべって読むでしょ、同じことよね」

「え?・・・」

「どうしたの、もう用無いならわたし帰るからね」
「あ、あのう‥」

「なーに?」
「しもべからのランクアップはあるのかな‥」
「そんなのあなた次第よ、先に言ったでしょ、わたし今、恋とかって気分無いって
 そんなことも分からないようじゃ、ずっとしもべのままかもね」

「少し考えさせて下さい!」
「・・・まぁ好きにしたら」
posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。