2016年06月06日

【ネタ文学】僕と書いてしもべと読むその心は?02

記稿.2016/06/06

「あのう、昨日一晩考えたのですが、僕の件有り難く受けさせて頂きます」
「・・ふーん、そう
 それじゃ、抱負でも聞かせてもらおうかしら」

kannagi-cutie2.png

「抱負ですか?」
「そうよ抱負よ、僕としての心得を簡潔に述べてみなさいよ
 恋だ何だかんだって言ってもね、結局は誠意を伝えるのが筋ってものよね
 そこん所が始めからズレてたらお互いに遠回りするだけでしょ
 わたし嫌なのよね、そういう始めから勘違いにもブレ合っていました‥なんて」


「‥わかりました、不肖ながら語らせて頂きます

 昨日、あのあと、僕からのスタートと言うことで色々と考えたんです
 男が女の三歩後ろを歩かされるなんて、なんて屈辱なんだって最初は思ってたんですが
 よくよく考えてみると、大人になって社会に出れば同じことだって気がついたんです
 如何なる仕事だろうと‥お客様、世間様の三歩後ろから寄り添うような有り様ですよね
 その許可の光栄に預かれるというのなら
 それもまた少年時代における貴重な体験なんじゃないかって‥
 好きな子の好き嫌いのツボも見極められない様では
 そんな将来、先が知れてると思いました‥以上です」


「へぇ、あなたって意外としっかりしてそうね
 まぁそれだけ言えれば、三歩後ろから付いてきてもらうに十分な心得よね
 それじゃまずは、呼び名を決めましょう
 わたしはキューティ、あなたはボディ、わかった?」

「わかりました‥‥キューティ様
 あのう、キューティ様、またなんで僕の呼び名がボディなんでしょうか?」


「はぁ、な〜に、不満でもあるの?」
「滅相もございません
 ‥ただ呼び名としてはどこか腑に落ちないというか、意味ありげに思いましたので」

「それはそうよ、だって僕の役割なんて決まってるじゃない
 世間を見てご覧なさいよ、主の愚痴をグチグチ聞く側にまわった方が僕なのよ
 ‥そう考えてみたら、愛情などとうそぶいてみたって、所詮は
 主と僕の関係に成り下がったのが、今社会の夫婦の典型って事よね

 そしたら

 僕には僕らしく、まずは愚痴の掃きだめとして受け止めるべき響きが最もになるでしょ
 まぁ頑張って、まずはお気に入り目指しなさいよね」


「わかりました‥ボディというその呼び名、有り難く頂戴させて頂きます
 ところで、キューティ様、一つ確認しておきたいのですが宜しいでしょうか?」

「どうぞ、なに?」

「これって、しもべごっこって解釈で良いのかな?」

「はぁ、なに馬鹿なこと言ってんのよ
 ごっこって言ったら、オトモダチでしょが、オトモダチはあくまで対等の間柄なのよ
 対等だからこそ他人でもあるのよ
 しもべだったら、遠からずともすでに身内でしょうが、
 身内だからこそ、主従関係が発生するのよ
 ‥そっちがごっこ遊びのそのつもりなら、真面目にお付き合いする気が疑わしく思えてくるわよ

 それって、どういう意味?
 わたしとのこと、始めからその程度だったって事かしら
 昨日、言ったわよね、今はまだ恋する気分無いって」

「申し訳ございませんでした、全力で僕から励みのぼらせて頂きます」OTL
posted by 木田舎滝ゆる里 at 11:43 | Comment(0) | ネタ文学 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。