2017年03月20日

【日記】俳句や川柳から+七七引っ張るのはただの手直しよりずっと難しい

記稿.2017/03/20

 俳句や川柳から
 +七七引っ張る短歌への詠み足しは、面白入っちゃ面白いのですが

 俳句や川柳をただ手直しするだけより、かなりハードな着目が要求されてきます。

 ハッキリ言って、非常に疲れるっす。
 しかし、自分一人で細々と一から十まで詠むよりは
 圧倒的に、ポテンシャルの高い短歌に仕上がるのには、毎回驚かされてしまうのでーす。


> そんな驚きに慣れてしまったのか


 俳句や川柳の間違いや指摘という作業が
 如何に中途で、平凡で、単細胞な作業だったかという事実に
 「あれ?」と気がつかされてしまうのです。


> されど


 「引っ張れる詠みとそうでない詠みとの違いとは??」

 ‥ここが重要で
 俳句や川柳として整っているように見えても、引っ張れないでいると
 どうにも、じれったい時間だけが過ぎていき、引っ張る必要が果たしてあるのかどうかに
 自問自答してしまいます。

 この違いが何なのかが‥よく分からず‥

 とりあえず‥詠めてても「名句にポン」として成立しない引っ張りは弾いてしまえと思うこの頃です。


> まぁあれですよ。男と女の関係みたいな物で


 俳句や川柳の完成度を、男として女としての完成度としてみるなら
 +七七への引っ張りは、とくに完成度が高くなくても引っ張り合わさることで
 輝きを増すという見方になるように思います。

 まぁそう考えますと

 「俺の歌風との相性が絡むのか??」‥まぁ、まだ何とも申し上げられませんな。
 ‥知識の制限は確実にあるだろうな。(苦手や知らんことははまったく引っ張れんからね)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:33 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。