2017年04月27日

【勝手句帳】099 29-4-21 其の2静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2017/04/27

囀りのおぼるる雨となりにけり       牧之原市・静岡白魚火会

|囀りはおぼるる雨となりにけり フラれ文句が‥「忖度してねッ」


 ‥「囀りのおぼるる雨」をどう解釈するかですが、パッと見よくわかりません

 ‥せっかくの春の旅先で雨に見舞われたということなのかなぁと思えるだけですが
 それでは面白くないので、恋の歌に解釈しました。

 「ウグイス泣かせたこともある」の言葉もありますから、
 「さえずり」=「告白」でセットオンっ
 ‥すると、問答無用でフラれちまった詠みに、一目瞭然です。


> でも、十七音だけではわかりにくいので、引っぱります
> ‥どう表現するとフラれた印象が鮮明に、且つ、斬新に思い浮かぶかです。


 で、選んだ言葉が「忖度(そんたく)」です。


 ♂「ぼくと付き合ってください」
 ♀「ええっ☆、何をいきなり仰っているのですか!?
   忖度してくれないのではこちらが困ります‥じゃ、もう行きますので」‥ツン


 ‥忖度(気持ちを汲んで下さい)と言われてどう解釈するかですが

 それは相手の表情や態度を見れば明らかです。
 でも、攻め方がまずかったのかも知れないので、どうにも意味不明と云えばそのままです。

 勝手に、当人が自分有利に解釈することも可能ですが、それでは
 その告白が、「今からお前を襲うからな」と宣言しただけに思えるばかりでしょう。

 (それはさすがに違うわけです)

 それにしてもウマい断り表現があったものですね。

 (これは日本再発見レベルの衝撃です、是の解釈なら、欧米人だって訳さずにはおられまい)


> しかし、この告白断り文句の「忖度」活用案ですが、
> 場合によっては、OKの意味での解釈も可能です。


 例えば、欲求不満姉ちゃんが、酒場でエロい格好をしていて
 野郎から誘われたとしたら、その「忖度してね♪」の意とは、

 「好きにして」「やさしくしてね」としたOKの意味にも解釈されるでしょう。
 やはり‥俗な場所や状況によっては、解釈が変わる特徴を持つ可能性がございます。

 ‥ただし、何かあった場合には
 「OKしたとは一言も述べてません」とした態度も取りますからね‥の意味でもあります。

 その点は、相手をよく見て、空気を読む必要があるということです。
 もともとの「忖度」が、斯様な使われ方だったわけですから、その流れを否定できません。


 (こうなると、欧米では翻訳のしようがなくなり、別々の言葉を探さざるを得ないのかなと)




|結局はここが居場所春炬燵        牧之原市・静岡白魚火会

|結局はここが居場所春炬燵 ポテチにゲームのおぼろ月


 ‥たまたま新聞欄に、こちらのネタが、先のネタの句の隣りに並んでおりまして
 問答無用で、フラれた後の様子の扱いになりました。


> 「の」と「と」の違いですが、


 フラれた等の気分落胆のニュアンスを織り込めたかどうかです。

 ‥ちなみに、ネタの方の「の」は
 昔なら炬燵の発熱ランプが下に大きく張りでていたので、それが邪魔と、
 春には仕舞って別の卓を出していたのですが、今の炬燵は発熱ランプが薄型なので、
 カバー布団だけ片付けて、そのまま座卓として用います。

 そこの時代の流れに、何かモヤモヤしたところを感じて詠んだように思われます。
 (つまり、まんま春の炬燵の置き所を着目した句になると)

 ‥まぁ多少は、自分の境遇と重ねてあるようにも思われます
 ‥昔は片付けておけるだけのスペースがあったのに、今じゃすっかりその場所も確保できずと
 ‥家電の数も増え、押し入れも小さくなり、その辺デフレで家賃も下がったりと
 ‥「と」とは違って、「の」にはそれなりに納得感ただよった趣です



1-4)1

|人は皆何処へ急ぐ春の雲          静岡市・のぼる俳句会

|人は皆どこに急ぐか春の雲 ちぎれ雲こそ旅の達人
|人は皆どこに急ぐか目白押し 流行り廃れや花吹雪
|人は皆どこに急ぐか春の鳩 恋せし君と夕餉とか
|友は皆どこにうごめく春学級 気付けばカースト最下層


 *何処(いずこ・どこ)‥ネタの詠みは「いずこ」のようです。


 ‥「いずこへ急ぐ」VS.「どこに急ぐか」
 まぁ好みの差のようにも見えますが、(よーく考えると)
 ネタの方は、「春の雲」が加速して流れていくようにも思えてきます。

 で、参考の方は、人の慌ただしさを指しての比較に「春の雲」が盛り付いています。

 結果的に、どちらも急いでどうすんだとの着目は同じになりますが
 ネタは概ね描写しているだけの趣に対して、参考は批判めいて映ります。


> それにしても、騒がれている学級カーストですが


 ‥一番に影響を与えたのは、「少年時代」かなぁと
 映画版は確認していませんが、漫画版で見ると凄いっすからね、
 まさに戦中の学年カースト田舎事情っす、あれはあれで普通ではありません。

 (原作の小説がどんなかは知らねぇけど、原作者もビックリの流れかと‥)

 こういうのも有りなんだと思ってしまったのが、平成だったかもと‥

 ‥あのままをアニメにしたら、世界中でも同じ現象に見舞われるのだろうか??
 ‥ちょっとばかりの実験的興味が湧きますが、普通にアニメで見てみたいだけっす
 ‥でも、指摘が現実だったら、まさかの有害コンテンツ確定と(んなバカなぁああ!)




鳥雲の輪郭もなく果てもなき        静岡市・のぼる俳句会

|鳥雲の輪郭もなく果てもなく おらが賑わい満員御礼


 *鳥雲(とりぐも)‥小鳥が群れ飛んで,遠くから見ると雲のように見えるもの。


 ‥引っぱりの見方として
 その「鳥雲」を、お客の群れだかりに見立てるにせよ、
 自分の所の繁盛として詠むか、
 それとも、他人の繁盛を羨ましそうに詠むかの二択になりますが‥景気良く盛ってみました。


|鳥雲の輪郭もなく果てもなく GWの観覧車


 ‥遊園地に於けるゴールデンウィークの観覧車は
 無理と思う程の長蛇の列ですが、案内するスタッフにしても、そりゃ大変な労働です。

 ‥救いと言えば、無難にクレームが少ない点です。
 これがコースター系ともなりますと、ご利用に制限が課せられますので、
 「付き添いが必要」ともなると、親御さんからぶち切られる事もあるわけです。


 ‥まぁそういうときの為の付き添い対応がてら、スタッフが二〜三人居るわけですが 


 たまたまトイレに行っていて間が悪かったり‥
 付き添い対象が二人とか‥

 ‥ご利用条件が複雑になる程、接客はトラブルの山と化します。

 スタッフ的には、乗りたさもあるので、付き添い可能なら歓迎っすけどね‥
 さすがに、GWの満車には、そうそう何度も乗りたくないというか‥(加速度増)

 (そこは知らずとも、親御さんらにしても同じでしょう)


> ‥「こんな風に詠めるとはッ!!!」
> まさにお空の上の「鳥雲」っす!!!


 (ネタの俳句の方は、どうにもパッとしない分、ああ、勿体ない)

 ‥鳥雲と云っても、鳥の種別ごとにその群れて飛ぶ模様が違いますので
 その辺で、難易度高いように思われます。



1-4)2

|残る鴨固まつてゐてよそよそし       牧之原市・静岡白魚火会

|残る鴨固まり寄るもよそよそし 斜陽の東芝どこへ行く‥


 ‥こちらも平凡な詠みのネタです
 ところが、そこに社会報を盛り込んでやると「あら☆不思議」

 ‥東芝社員に限らず
 資本整理される大手企業の社員心境が見えてくるような詠みに様変わりっす。


> 多少手直ししましたが
> 句は平凡なのに、こんなにも広がりがあろうとは‥(テーマは閉塞感で一杯なのに★)


 ‥「残る鴨」が、よそよそしく見えるのは
 同胞の数が少ないので、見張りをより気にしなくてはならないのと
 その分、自由に動けないので、
 食欲を満たすための移動にしても、お互いの顔色を伺っているように見えるのでは‥

 (冬場とは異なり、春先は、猛禽類の動きが活発化するのも大きいのでは)

 ‥つまり、冬場につがい単位で行動できていたのとは、春先はわけが違うと。




打開策見つけて一歩前に出る        富士宮市・川柳芙蓉句会


 ‥こちらがまた、前の句を引っぱらんとの着目です
 これな流れがまんま歌会・句会なんかですと、盛り上がりそうですけどね。

 それにしても、ネタは、川柳としてはヒネリが見られません。(これでは標語の域ですな)

 ‥そもそも

 打開策としての着目も解釈も、所々で様々です。臨機応変です。
 なんの打開策で、どこを見んとしているのかがまるで空っぽでは、
 そんなのは、打開策云々として味わいようもありません。


|打開策戦場ならば逃げ一手 請け負う暮らしには無責任
|打開策戦場ならば略奪可 増税・値上げはまさにそれ
|打開策戦場ならば皆殺し リストラ行使も同じ程度
|打開策戦場ならば裏切りも ずるくて上等生き残り


 ‥とどのつまり、「一歩前に出る」にしても
 苦し紛れの破れかぶれ(適当さ)かも‥知れないと言うことです。


> 選択肢が色々ある中から、句を詠まんとしているのに
> わざわざ選択肢を改めて掲げるのに字句を費やしては、器量が問われるばかりでしょう




腹割った話が弾む茶腕酒          富士宮市・川柳芙蓉句会

|腹割った話が弾む茶腕酒 俺の気前が前提だけど


 ‥まぁ結局、どちらかが折れないと腹を割った話など進みやしません
 そこがまぁ面倒くさいというか、損得感情が絡むと尚更です。

 ということで、「無欲最強」との意味合いにもなりますが

 そんな輩には任しちゃ置けねぇと、ライバル意識も立ちはだかると言うことになります。
 なにしろ、「気前が良い」のが前提で話が進んじゃ、
 能力あろうとなかろうと、他人にだけは任せられないというわけです。

 (そんなナシの付け合いなら、内輪でいくらでも通せると言わんばかりですから)


> ‥ということで、未来に向けた斬新さが欠かせないと言うことです(謝罪絡みなら、尚大変)
> 少なくとも、公平より不利には落ちぶれたくないと‥


 散々勝手(不公平)を押し付けてきたからこそ、行き詰まったってのに、何を今更でしょうけどね。
 個人の付き合いのように、組織も成り立てば良いのに
 どうにもそうにないのが社会というか、派閥の都合のようですが
 ‥結局、血筋だろうと、能力だろうと、プライド云々で行き詰まるのが落ちなのです。


> 「支配」や「管理」な冒険活劇を見るのは、もううんざりなんっすけどね


 (役に立たないなら‥プライドなんて、押し入れにしまっとけってのッ)



1-4)3

|噂話して陽炎の地獄耳           静岡市・のぼる俳句会

|噂話して陽炎の地獄耳 まさかまさかの盗聴器


 ‥というところで、一歩も引く気がないと
 相手の弱みを握ってでも、生き残らんとする様です。

 要するに、今の世の軍事劇場やらテロ劇場やらでも控え目なんでしょうな。
 (できれば折れてくれると助かると、でも商売としては多少は粘って欲しいと)


> ‥それにしても、ネタの句の「陽炎(かげろう)」の盛りには驚きました
> あるのかどうかも定かに無い「地獄耳」を「陽炎」に例えるとはッ‥(天晴れ)




|冗談軽く包んでおく本気         富士宮市・川柳芙蓉句会

|冗談軽く包んで発散す 爆発間近の警告を


 ‥いやまぁ何というか、好かん性格の詠みですな
 そんなんだから、「嫁と姑」劇場も勃発するというわけですな。

 会社に於ける先輩社員のイビリとか嫌がらせとか

 句会には、そんな魔性の輩もうろうろしているかもと。(はぁ‥面倒くせえ)


> ‥「へ」と「と」の違いですが


 「へ」の盛りには、どことなく、言い返しているような気配がありますが、
 まさに、駆け引きの空気でぷんぷんさせとるわけですな。

 「と」の盛りは、こちらからの攻撃と云わんばかりに意図させています。

 つまり、リスペクトを先に読んでから、ネタを読むと
 バチバチとした空気になっているのがよく分かると‥


|冗談軽く包んで発散す 爆発間近の警告を
|冗談軽く包んでおく本気 いつでも来いや糞ババア


 (くわばら、くわばら‥)



1-4)4

全身麻酔さくらの下へぼくも行く      掛川市・主流掛川句会

|一気飲みさくらの下へぼくも行く ふわふわゆらゆらヤバいかも


 ‥全身麻酔を掛けられると、身体が痺れたような浮いたような感覚に陥ります(盲腸手術)
 知っていたら、絶対に全身麻酔なんて受け入れたくないと思う程にそれは苦痛です。

 それを「さくらの下へぼくも行く」との表現は

 ‥見えちゃったんじゃないんでしょうかね
 三途の川の手前まで逝ってきた感じにも思われます。


> そのままでは、全身麻酔未経験者には、意味不明なので「一気飲み」に変更しておきました。




人の世をはみだして咲くさくらかな     掛川市・主流掛川句会

|人の世と見下すばかり花見ゴミ 恥もさとれず何を味わいしか


 ‥ネタの意味とした光景がまったく思い浮かびません
 ‥どちらかといえば、はみだしているのは人の方です

 ということで、詠んでみました。

 「鑑賞」を「快楽」に思い込み、
 「食い物」とばかりにさらに勘違いをすすめては、人に無く、獣としか思えません。


 ‥斯様な様を折角の春の折々に
 毎年毎年、性懲りもなく、地獄に埋め尽くされんばかりでは、
 桜だって、絶望して枯れるしかありませんよね。(まさにそんな感じの近年の流れだし)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:58 | Comment(0) | 名句にポン/2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。