2018年02月12日

【ビットコイン】政府コインが始まる場合の思索

↓6)記稿.2018/02/12

> 政府コインとは、政府直々管理のビットコイン(ここでの仮称)
> とりあえずの定義は、貨幣鋳造権の電子版(紙幣発行権の電子版ではございません)


 「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」

 「仮想通貨」に精通の吉備太秦は、今回の「コインチェック」事件の背景について、
以下のように解説し、「2018年10月に最終的な日本のド本命の取引所が設立される」と予告している。
 http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/30b75f9915f204ab5daa54e0866b344d

 「ビットコイン(仮想通貨)1000万円時代到来!!」〜日銀は世界の中央銀行へ
 http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/8e5d5963cb3a219a55a87017e409c18d


 ‥ガス抜きにも、そういう流れのようなので
 政府が国民から吸い上げる為の便宜上、政府コインをやらかす訳ですから
 問答無用で信用力の本気度アピールが成り立ちます

 ただし

 行政は、それの管理を銀行に下請けさせようとするでしょう
 しかし、政府コインともなると国債運用と言った類の化石的な債権×負債云々が不用です
 政府権限で必要分いくらでもただで発行できるので、銀行は競争的運用のしようがありません

 ‥マイニングでの権利を免許制にでもして、売上の足しにさせるぐらいでしょうか‥


 (と言っても、金本位制なんちゃらなので、金の増量次第の所はあると思います)
 (でも、ビットコインという位置づけなので、特定の金庫の中身が確認される限り見なしかなと)
 (海水から金がいくらでも取り出すことが可能等の技術革新でも起きれば、それこそ見なしでせう)
 (そこに在るとすれば、金を管理するのが国家の権限という類になります)

 しかしこれらのうんちくは、カビの生えた王様体制意識デース

 (システムがきちんと稼働するとした確認が取れるまでは、それでやらざるを得ないわけですが‥)



1-6)1

> 銀行紙幣は要らなくなるのかって?


 過渡期という意味では、それの受け皿としても餅は餅屋にやらせるのが流れでしょう
 ‥日本の財務省だけが二刀流をやらかす次第になるわけですが
 ‥細かいことを言えば、ずっと二枚舌×二枚腰っす


 その時、そこで困っちゃうのが、ATM機等の配置配分です
 所謂、銀行の窓口業務です

 日常取引をAI化させるのは、確定事項のようですが

 政府コインを始める前提として、全国民に端末を用意させる必要が発生します
 その段階にもなると、携帯電話会社の窓口との併合が提案されるでしょう

 (所謂、資本折半の子会社化‥国民認知がすすめば、家電量販店内での窓口店舗も??)

 ‥ぶっちゃけ、銀行に無くても電子マネー系との提携もありかと
 ‥つまり、本行名ビルは、どこぞの片隅にしか看板を掲げなくなるコースまっしぐら
 ‥マイニング用の地下ビルこそが心臓部になる感じかと



1-6)2

> 行政視点での管理だとマイナンバーが想定される次第に成りがちですが、どうでしょう?
> 「とにかく信頼が無い」一方で、電話番号管理には程度選択できることから容認できる範囲


 ‥まぁそういう流れになるでしょう
 要するに、政府コインを始めるにあたり、始めは電話番号に頼らざるを得ないのです
 ただし番号がバレバレでは不用意なので、暗号化した表記を用いることになると思います
 当人が認証するときは、混乱しないように
 電話番号と、自分で用意した暗号&用意された暗号パターンを用いると思います

 (サインインの度に、自分の端末に確認が掛かってくる方式は大前提になるかと)

 ‥仕組みとしても、サービスとしても
 銀行窓口とネット端末系窓口とのセットの方が、案内しやすいと言うことです




1-6)3

> 勘違いの無いように申し上げておくなら


 ‥ビットコインの基本は、何も変わりません
 裏付けのある何かに交換できないと誰も信用しないと言うことで
 取り付け騒ぎに成らないように、政府が吸い上げる為に、貨幣鋳造権に繋げてしまおうとの見解です

 (銀行だって、これのビットコインサービスに参ずれば良いだけの話です)
 (まぁ政府コインのマイニングの上がりを、銀行側に全面的に認めちゃうとすれば)
 (指を加えて数えるように、王様の権利が再び逆転しちゃうことに成りかねません)


 リアルの年間金発掘量 < マイニングによる政府コイン獲得量


 ↑のような取引を認めると、大失敗と言うことです

 それはつまり、経済の拡大にリアル金の発掘が追いつかなくなれば
 再び金本位制が崩壊したような事象が折り込まれて、気がついたときには癌化するわけです


 (つまり、王様自身の権限を護る上で言えば、右肩上がりの資本競争など無意味)
 (色々と安全が100%確認されてから、新しきを取り入れるぐらいがちょうど良い)



1-6)4

 ‥まぁ、吸い上げる為にやらかすのが国家の基本です
 国が吸い上げるから、そこにお金機能としての信用が創造されると言うことです


> 政府コインが、従来の銀行券の金本位制と異なるのは
> ビットコインの裏付けとして、健全性を追加しようと言うことになります


 従来の銀行紙幣においても、欠点として「改ざん&なりすまし」が課題としてありました

 ビットコインの改ざんの困難さはほぼ確実です
 破られたとしても、帳簿を遡ってハードフォークできるでしょう
 (無かったかのように除去&補正した後に再開)

 ‥まぁ、それはそれで、ハードフォークがタイムマシンの時間軸管理のように権限化するわけです‥



1-6)5

> 換金は(概ね)


 指定されたビットコイン(電子マネー系の扱い)とは固定相場
 指定されていないビットコイン(投資向けの扱い)とは変動相場になるかと


 「送金」=「支払い」です
 送金&支払い用途でのビットコインが、やたらと相場変動では意味が有りません
 (用途での辻褄として、金本位制側のリアル金保有量との都合が上げられます)


 政府コインに上限を設けないとすれば
 それはそれで、計算負荷の肥大化が懸念されることから
 小分けしして計算できる仕組みの方が圧倒的にリスクが減ることになります

 そうであれば

 電子マネーの帳簿表記をビットコイン化するということも提案されると思いますが
 レジ精算処理の速度メリットを活かそうとすれば
 電子マネーでの受付処理を、銀行業寄りにせざるを得ません

 (そもそもが、政府コインとの接続前提ですので、そうならざるを得ません)
 (会社内・グループ内での計算が合えば良いと言うレベルとは異なってくるのです)



1-6)6

> 一方で


 ‥今ではすっかり
 ビットコインは、現物為替と同じように変動するのが当たり前と思いこんどるようですが
 変動している定義のそもそもは、債券と同じです


> ビットコインの変動制相場は、債券と同じです
> (株式に、機械処理上の発行数管理上限が備わった仕組みと考えれば良いと思います)


 ‥株式とて、ビットコイン同様に
 誰かが引き抜いたら、誰かに入れて貰わないと実質、空っぽに陥ることに変わりありません
 (ぶっちゃけたことを言えば、それの発行時分を使い込んでも良いと言うのが株式の本質です)

 (株券にお値段が付いて、お金がどこから湧いてくるかというと売買の相手からになります)
 (資産総額なんて、そんなものは本質的に言えば、発行分で使い込むんだからあるわけねぇ)
 (担保として、誰が債権を牛耳るかってな‥だけの仕組みでーす)


 ‥ぶっちゃけた妄想で言えば
 (今や内部留保で株式を発行して、誰かに引き受けて貰う為の債券市場と化しているはずです)
 (内部留保を溜め込むことで、二重にデフレが発生しているという次第に成っちまってるかと)



 ‥株の場合は、仕組みが整っていただけの話で、ほど同額扱いの推移で成り立ちますが
 ビットコインは、モノ扱いなので、ぶっちゃけ金融商品にも該当していません

 その上、入れられた総額以上にマイニングにてビットコイン側の枚数が増えるので
 課税で引き抜かれる度に、交換能力が低下するので、投機どころか、寄付状態が本質です

 取引所側が、そしらぬ顔で、そこから換金しても違法には該当しないと思います
 (違法として扱えるのは、規約に基づきます)


> 法律も無いのにやらかしては、国税庁の猫ばば(違法性)は、ほぼ確定です


 ‥唯でさえ、取引所の上がり分に課税されては、どこも引き受けてくれないので
 ‥国税庁が、取引所にあるカネで取引所に換金を強要した形に陥るばかりでしょう
 ‥つまり、国税庁のあまい見解が元凶で(カツアゲ状態)
 ‥CoinCheck側が、先に顧客に引き抜かれては、税金が納められなくなるので
 ‥先手を取って事件化させた(という劇場かなと)

 (まぁ、ビットコインで躍進しましたってのは、概ねそんな感じかなと)
 (そこに気がついて、誰かが資金の引き上げをやらかしちゃえば)
 (ビットコインを担保にしていた証券から、投げ売りだされたのがリアル相場へ飛び火した‥)


 つまり、今回の世界同時株安の発信源は、
国税庁による「ビットコイン勘違い課税」の可能性が大!!



> ということで、ビットコインの場合のそれは


 資産上昇なんて言いやらかしてみせても、引き抜ける金額が大きく膨らんでいくだけの話で
 皆でこぞって引き出せば、投機対象どころかコイン価値も成り立たないという下りです
 下がったからと買い漁っても、引き抜こうとしている側に貢ぐだけです
 回転が止まった時点で、完全にチューリップバブルと同じです

 (債券の場合は、実経済利益からの配当と経営権との期待が、僅かに異なっています)


 ‥ここをビットコインだからと言うことで無く
 株式に置き換えてしまえば、それこそ、投資構造として、同じと言うことです

 そこで、そのような投資用途のビットコインでは

 ‥株式と同じように、比率5%以上保有者の申告を求めるべきでしょう
 ‥その上で、株主としての待遇を公平に義務付けるべきです

 (無論、このようなルールでは、匿名性に欠くことになりますが)
 (投資用途としての公平性とのトレードに当たる点は否めません)


> ところが


 株式の銘柄の数だけにビットコインが拡大しだせば、計算量の肥大化は免れません
 そこで、投資とした性格上でなら、ビットコインとしての上限を小さくして扱えば良いと思います
 さらに、マイニングルールを無しにして、暗号化の桁を下げる等の検討もありかと‥

 (それこそ只の通信処理、帳簿としての機能性のみ)
 (その上で、必要があれば、ハードフォークを用いて、株数の調整をやらかせば良いと思います)


 ‥勘違いしないように申し上げておくなら
 ここでの見解は、政府コインとの連動をスムーズに計らうための電子化における示唆です

 (是は、従来の現金前提での電子化とはまったく異なります)

 引き下ろし状態でのビットコインとしての証明が欠かせません
 ビットコインからの投資市場参加を可能とする為に求められる大凡のうんちくです
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:19 | Comment(0) | 日記/2018 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。