2018年03月09日

【勝手句帳】199 30-3-2,3,6 其の2静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2018/03/09

|またひとつ齢かさねし霜月の枯れ野にぽっと石蕗の花       裾野市・鈴木図書館短歌会(3-3)

|復興の枯れ野にぽっと石蕗の花 瓦礫を前に向かわざるを得ず


 *石蕗(つわぶき)、石蕗の花(つわのはな)

> ‥繁栄していたはずなのに
> ‥大きな震災等で、途端に丸裸にされちゃうと
> ‥多くの者らがたじたじで動けない
> そんな最中に先頭を切るように歩み出す人を見ると
> 瓦礫の山を前に、無理などとは言ってられないよなぁ




|日脚伸ぶ繰言聞くも見舞         焼津市・矢車俳句会(3-2)

|日脚伸ぶ繰り言聞きし見舞暮れ 聞き上手こそほんとの支え


> ‥今どきのご時世は、公平な扱いという見られ方に縛られて
> 病気をしても怪我をしても妊娠しても、途端に首を切られかねない窮屈な有り様にある
> そんな社会体制を先進的などと自慢げなのは競争の勝ち組だけだ
> その勝ち組どものしていることは、村八分の強化だよ
> 能力無き者は使い捨て、なんとも痛ましい連中だ
> その一点に於いての公平にだけは忠実で、情たる表現を知らぬ


  だから、大きな病気に怪我&出産は、等しく最下層落ちを意味する
  (安心して入院なんてしていられないのが、誰しもの実感だろうよ)


> ‥そんな時に必要なのは、ただ相手の愚痴を聞く耳を持つことだ
> どうでも良い甘ったれ小言だろうと、親身になって聞いてやることだよ
> キチガイな世の中だ、毒気の一つも吐きたくなるのは当然だからなぁ
> それにしても、ひたすらに耐えるにしてもなぁ‥冬は御免だよ
> (聞き上手にしたって、無理はできん)


 「聞き上手がいてくれて、幸運だと思うなら、聞き上手になれよ」



1-4)1

|銀色の辛夷の枝先それぞれに蕾光りて春を呼び込む        裾野市・鈴木図書館短歌会(3-3)

|まだ新芽来たる足音まだ遠く 下積み気分すっ飛ぶ現場


 *辛夷(こぶし)

> ‥売り手市場などと騒ごうが、大企業の新人なんて輩は、概ね「下積み資格」を鼻にかけている
> そういう意味では、自らを「即戦力」としては見ていない(とんだ天狗の集まりだ)
> その曲、給料と定休だけはきっちり請求しようというのだから詐欺も甚だしい
> 度胸も根気もまだまだの程度で、遠慮は知らないし、上を直ぐに「ブラック」などと言いたげだ

> お前らのそのシステムに胡坐を掻こうとしている姿勢からしてブラックじゃねぇか!!!


  「なぁ新人よ、社会のすべての現場に、ちょっと行って見て来いや!」


> 不公平の椅子にくつろごうとしているド阿呆に、公平の世界は造りだせんのやで
> ならば、お前らの机がブラックに渦巻いていても何ら不思議は無い(鏡似性とはそういうものさね)


  「公平を気遣えぬ輩に、対等なんざやって来ぬっ」




|早る気の老いの逡巡の使命感        静岡市・わらしな川柳会(3-2)

|まっ直ぐに逡巡しつる政府かな 民には税を貢がせて


 *逡巡(しゅんじゅん)‥ぐずぐずすること。ためらうこと。しりごみすること。

> ‥エリート中のエリートなどと鼻高々なのが、政府を中核に添えた行政機関の連中だ
> (なーに大したことはない)
> 国民から税をぼったくれるという権限を、職権濫用する事にしか脳に無い連中だ
> いわばヤクザ中毒症候群の連中よ

> ‥直接的カツアゲ&横領は、野蛮で暴力的で宜しくないけど
> 法に文言を借りたカツアゲ&横領なら間接的だし非暴力的だから
> 正当化できると息巻くキチガイどもよの

  それでいて

> 独立する気概にはほど遠く、兵器キチガイの大国に媚びへつらうことしかできぬ
> それで、自分たちも兵器を腰にぶら下げることができれば一人前に成れるなどとうそぶくばかりよ
> 順序も心構えもあべこべだ
> これほどにまっ直ぐにあべこべな連中には、呆れるばかりよのぉ


  ‥国家の最高の権限とは、財を無から定義して肯定することだ
  それは民主制度だからできる効力の発動のはずなのに
  裏付けが無いなどと、とんちを持ちかけるばかりは、国家の最高権限の否定そのものだ
  そのような言い分が、如何に国民主権に反した言い分にあるかという次第にそろそろ目を覚ませよ


>  罪を無から定義する事ばかりにしか脳に無い連中に、平和など期待するだけ無理である


  ‥そもそも法律をいくつも作る必要とはなんだね?

  罪に溢れぬ世では、役人が途端に不用に思われかねないという心配性からだよ
  (なにしろ世の中は人気主義×能力査定社会だからなぁ)
  (能力を査定するにも、まずは事案が起きてこないことには役人同士で査定ができないと‥)

  されど

  ‥まずは自由にやって頂いてから、是はよろしくないを後手で唱えるのは
  子供に躾のできない親と同じよ

  (親が子に逐一あれはダメなどと教え込むことを躾などとは呼ばぬ)

  ‥本質を諭せぬ教育をやらかしている行政は、能力不備に訴えられてもおかしくないが
  ‥裁く側も能力不備だからな
  ‥そもそもからして、その件を訴え出るという判断力からして不足している

  (ぶっちゃけ、ダメダメ同士の鏡似性なんだけどさ)



1-4)2

|隙間風百年の客座敷           焼津市・矢車俳句会(3-2)

|百年の座敷にお越す隙間風 殿方文化の下火にて


> まぁ思えば、江戸末期頃に流行りだした「商い×お座敷」と言う奴の本質は
> 殿方文化だったわけである

> 女性が主役の時代などともてはやされて
> ジリジリとそうなってるとも、なってないともおぼつかない状勢にはあるが
> どうにも先が無かったということだ
> フジヤマ芸者などともてはやされて、今でもそれが通じると思い込んでいるのは
> なんとも浅はかで世間知らずだったとしか言いようがないなぁ


 (‥元々お座敷こそが、女性主役の先駆けだったわけだが)
 (おもてなしも、勘違いが雑ざっていては、この先共に失礼なだけだからな)
 (殿様文化由来の部分を、革新していかないと先が無いと言うことだよ)




|めじろ二羽陽気に小枝飛び廻り鶫おどおど地で餌あさる      裾野市・鈴木図書館短歌会(3-3)

|アルマーニ陽気に小枝飛び廻り 花のブレザーすべてを地味へ


 *鶫(つぐみ)

> ‥「泰明小学校アルマーニ騒動」の根底に問われたのは
> 平成より築かれた花のブレザー文化のすべてを、地味に貶めさせられた印象と言うことだよ
> そこに格差をやらかす意味がどこにある?
> (まったく以て、教育の公平性に反した異文化だよ)



1-4)3

|下萌や舗装路の罅もたげたる        焼津市・矢車俳句会(3-2)

|下萌や舗装の割れ目もたげ出づ 雪辱の種事欠かぬ星


 *罅(ひび、われめ、すきま)

> ‥道路の舗装に負けること無く、草木が芽を覗かせて居るのぉ
> 春を得ようとすれば、まずは己が芽を主張せねばならない

  しかし、どうしてわざわざ、舗装の下だったのだろうか?

> 其を不公平に思おうと、除く必要があれば除き、貫く必要があれば貫く
> 斯様な雪辱の種に事欠かぬのが生態系の豊かさにあることよの
> (誠以て、春を得るは難儀よのぉ)




水槽にゆらゆら浮遊し何をする海月に似るか吾が日々は         静岡市・駿府短歌会(3-3)

|ゆらゆらと浮きたる海月 吾が人生 骨抜き候 癒やしに似ず


 *海月,水母(くらげ)

> ‥春を得ることが容易ならぬともあれば、挫折とて有り得ることだ
> そのままに気骨を欠いて、海月同然にだってなりかねない
> しかしまぁ時代だのぉ
> 斯様な海月を眺めては癒されるなどと言いよる

  ‥もとい、くらげ違いか‥

> されど、上から目線だからこそ癒やしにも思えるということよのぉ
> なにゆえに、それら海月を水槽に閉じ込めてまでして眺めて居る?
> (見世物にされた屈辱とやらに鈍くなった世の中よのぉ)

  ‥まぁ海月同士で一堂に会する機会を与えることに異議も無い訳だが
  ‥過ぎたるはなんとかよ



1-4)4

|公園の遊具やポツリ春を待つ        沼津市・万年青大学「俳句A教室」(3-2)

|春遠く世間はポツリ労を問う 欲を競えばブラックか死か


> ‥働かないと生きられない
> ‥誰かが生産を請け負わないと成り立たない
> ‥労は等しく労われるべきだが、いつの間にか奪い合っている
> 私たちの目的は、奪い合う為だったろうか?

  否

> 請け負うことの自由を主張していたにすぎない
> されど儲からない仕事には就きたくないという片寄りが生じた
> どうして、労いは等しくならないのだろうか?

  思えば、そこには自由が無いからだ

> ‥自由を得るか、労いを得るかの二択があるばかりだった‥
> 自由を選ばない者が多かった、だから奪い合っている

  そこに見えだしたのは「欲」でしかない

> 「欲」を競ってみたところで、ブラックになるだけだ
> ブラックのままで良いと思っていては「死」しかない
> ブラックの上に立って、さらなるブラックになることにしか希望を見いだせぬ社会など不用ぞ




|あくび猫背骨のばして春を待つ       沼津市・万年青大学「俳句A教室」(3-2)

|あくび猫背すじ伸ばして春を待つ ベーシックインカム始めろよ


> ‥労いが等しく先に与えられると自由になる
> 自由になるとそこには勝手に文化が生じるはずだが
> 現代社会の多くは、疲れ切っているのか、其を信じられないとばかりだなぁ

  ネット社会に何を学んだのかね?

> ‥あれが加速するだけだよ
> コミュニティが増え出すと、誰しも自分も自分もと参加してみたくなるものさ
> されど、自律的なコミュニティほど自主性が問われるものだ(厳しくなるのは当然だ)
> 一方で、怠惰なコミュニティなど自滅するだけさ
> より活発なコミュニティに取って代わられるだけさ

> ベーシックインカムを始めることによってもたらされる激変の本質がそこにある


  ‥お前ら、どれだけ修行僧になりたいわけ??(否、囚人か)
  じっとなんかしてられやしないくせに
  なに少額の労いで、誰しもが孤独をやらかそうとか思い込んじゃってるの?
  そんな奇特な輩は、ごく少数派(1%)に決まってんだろうが!!!

 (まぁ一時的なりに、詐欺犯罪も目立つだろうけどな)
 (そこは、配り方次第だよ)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 12:35 | Comment(0) | 名句にポン/2018前半 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。