2018年04月25日

【勝手句帳】211 30-4-20,4-21 其の1静岡新聞掲載分から

↓4)向宜詠吟.2018/04/25

|里山に日の当たり初む朝桜         浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(4-20)

|里山の日の出霞に桜出で 今朝の満開うやうやしくて


> ‥今日あたり満開のはずと思い、まだ薄暗い時間に繰り出してみたところ
> 日の出と共に薄れ行く霞の中から、満開の桜が姿を見せたよ
> その光景が如何にも、丁寧な物腰で、もてなししているみたいで、実に印象的だったなぁ



|花冷えや宇宙の果てに孤独食む       静岡市・のぼる俳句会(4-20)
|田の神の化身さくらを見にゆかむ      静岡市・のぼる俳句会(4-20)

|孤独食む化身の桜二千年 無常の果てに尽きぬ長閑けし


 *食む(はむ)、長閑けし(のどけし)

> ‥樹齢二千年の桜はあるだろうか?
> 五百年を越えればかなりのもので、その都度、時の流れに思い入るばかりのところがある
> 二千年ともなれば、それはもう無常の果てに尽きぬ長閑けさを醸すんだろうな
> それもこれも、孤独に過ごした果ての引き替えなんだろうなぁ
> (私たちは孤独を嫌うが、そうでも無いのだろうよ)



1-4)1

|そよ風の花の城址を歩きけり        浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(4-20)

|花そよぐ城址を散歩 手弁当 平和が一番のどか膳


> ‥花見とばかりに手弁当で城址にやって来た
> しかし、花見をしているのか、腰掛けて食事のできる場所を探しているのか
> まぁよく分からない大変なところはあるが
> 弁当を広げて落ち着くと、長閑さも一際だ
> こうしてのんびりと飯を食える平和が一番だよなぁ




|花筏川面を埋めて絶えざりし        浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(4-20)

|花筏 吹雪くさよなら絶え絶えにざりし無常の春行かむ


> ‥吹雪いた花びらが川面に散り落ちると花筏ができる
> 一気に吹かれて丸坊主にはならず
> 少しずつの積もり積もりが、より一層の無常を誘う
> そうならざるを得ないのがどうにも春なんだなぁ
> (春に踏み込めば込むほどに、さよならの儚さもまた尾を曳くなぁ)



1-4)2

|買えるなら勝手ごらんとキャベツ     静岡市・むなぎ川柳会(4-20)

|買えるなら勝手ごらんとキャベツ こないだ半玉けふはパス


> ‥玉キャベツのお値段がハンパない
> まるで玉キャベツが上座に座しているみたいだな
> こないだは半玉で買ったけど、今日はパスだよ‥




|目が怖い詰め放題の妻無口         静岡市・むなぎ川柳会(4-20)

|目が怖い詰め放題の妻の笑み 隣も隣も「アベノヒテイ」


> ‥詰め放題に色めき立つ妻の目が怖い
> 薄らとした笑みがさらに怖さをそそっている
> 見れば
> その隣の婆ちゃんもその隣の若妻も同じにある
> それもこれもアベノミクスの恩恵の無さの何よりの証拠だよ
> まさに、アベノヒテイ(安倍の否定)だなぁ



1-4)3

|山に咲く満開の花ふもとまでその香漂よふ梅まつり今日は      富士市・富士川短歌会(4-21)

|ふもとまで漂う香や梅まつり ほつほつ通う雪残る途


> ‥毎年に、地元の山で梅祭りが開催される
> そりゃ、梅の香りがふもとまで漂ってくるのが、待ち遠しいというものだ
> 今年は、雪残る途(みち)を、ほつほつと通ったさ




|里山の瀬音囃して雪解川          浜松市・三ヶ日俳句研究会水鳥発行所(4-20)

|山里に雪解け知らす瀬音かな ぽかぽかし出し野花目覚める


> ‥雪解けを知らす瀬音の音が緩んで聞こえてくると
> 山里にも春が来たなぁって思います
> そりゃ、ぽかぽかし出せば、春を見に出掛けますよ
> 川辺に野花が咲いているのを見つけては、ほっと一息です



1-4)4

|さみどりにぷっくり顔出す蕗の薹ゆうげの椀に春を浮かべる   裾野市・鈴木図書館短歌会(4-21)

|さみどりにぷっくり顔出す蕗の薹 ゆうげの椀に春の訪れ


> ‥今晩は、蕗の薹(ふきのとう)の味噌汁か
> このさみどりにぷっくりと顔を覗かせているのが好いね
> 「う〜ん、苦うま!」
> まさに春の訪れそのものだなぁ




|喘ぎつつ坂を登ればようやくに友の家なり深く息吸う      裾野市・鈴木図書館短歌会(4-21)

|深呼吸 坂を登れば春の海 歳取るほどに茶屋を期待す


> ‥歩くより、車に慣れた半生‥ついつい車で出掛けます
> だから、駐車場からぷち歩いて行ける小高いところの茶屋を探すんですけどね
> だって、海が見える場所でぷち登るぐらいなら、気晴らしにも具合良いでしょ
> そんなシミュレーションを繰り返しちゃ、春の海を堪能しながら深呼吸を楽しみます

> どこかにオススメのロケーションの場所ありませんかね?




> うた詠み終わります、ありがとうございました。
posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:07 | Comment(0) | 名句にポン/2018前半 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。