2018年05月09日

【ウォッシュリンク】業界が震撼しちゃうz値(高画質デジタル実写用)

記稿.2018/05/09

※ Bicubic Spline(指定必須×RGB24ビット内部処理)


<色調補正>‥強度3
明るさ   :  47(強度)
コントラスト:  29(強度)
ガンマ   :   0
輝度    :  11(基本値)
色の濃さ  :  99(基本値x9)
色合い   :− 99(基本値x9)


<拡張色調補正>
Y(offs) :  29(強度)
Y(gain) :− 47(強度)
Cb(offs):(職人芸‥27あたりが上限?)
Cb(gain):  48
Cr(offs):(職人芸‥−11あたりが下限?)
Cr(gain):− 80
R(offs) :   9(?)
R(gain) :− 48
R(gamm) :   0
G(offs) :− 40(?)
G(gain) :   0
G(gamm) :  98
B(offs) :−144(?)
B(gain) :  80
B(gamm) : 256


> ‥まずは(?)の解説です


 40÷9=4.444444444444444
 144÷40=3.6
 4.444444444444444÷3.6=1.234567901234568
 ‥というかなり面白い比率値が叩き出されました(これは面白い)


 ‥面白いので採用したところ
 Cb(offs)とCr(offs)をスライドさせるだけで
 画像の全体の赤黒さ(暗がりx余計なアカ成分)を取り除きつつ色合いを見事に推移


 ‥まさに、デジタルでのブラウン管の色調整ツマミや!!!‥
 (現在あるデジタルテレビのヤツは、やっつけ技術のクソ!)


 お姉ちゃんのお肌などを‥目的や好みの色合いに美麗に&微調整にて変換!!‥
 (色は変わったけれど‥色褪せたり濁ったりの違和感が発生しない!)

 ‥AviUtlの標準色補正機能を使うだけで、お高級アプリ並の加工が可能‥
 (ただし、AviUtlは32ビットアプリなので、処理出来るメモリーの使い勝手には4G制限あり)


> 発想を変えると


 ‥此れの変換をハード側でBDを再生するように再生処理させるべく
 その処理に適したエンコード媒体とプレイヤーでの組み合わせを考える

 その系列のエンコードは、
 それだけでも、とりあえずのFHDレベルで再生できるが、それだけではとても4Kクラスには及ばない
 ところが、いざ専用のプレイヤーと組んで再生しようなら
 驚くほどに4Kクラスの画質に変貌する

 このように二段階での再生を提案すれば
 コンテンツがコピーされようと、再生チップ事業は成り立つ(放送事業にも有利)

 背景環境として、CPUの開発には限度が見えている
 それにも関わらず、さらに高負荷高精細なエンコードが求められるようなら
 二段階ステップでの超高精細画質の再生を考えても悪くない


 ‥有望新型「AV1」での1秒のエンコードを終えるのに150秒とかありえん‥
 (そこまでのコストとか時間とか、枯れた技術の組み合わせ発想で分散しちまえってことです‥)


 つまり、エンコード抽出中間系ファイルと専用再生支援チップのコンビで、4K画質普及を目指せば良い

 (その手の畑に無いんで、曖昧な言い方しかできないけど)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 17:51 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。