2018年10月10日

【AviUtl】発見!新世紀エヴァンゲリオン・彩z値

↓1)記稿.2018/10/10

> r(基本値):g(基本値):b(基本値)
> r(13):g(13+3):b(13+3+5)


 最後まで悩ましかった国連軍の背広組の緑がすんなり出るようになりました


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)


◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)


◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力: BT.709



<色調補正>
明るさ   :−37
コントラスト: 23
ガンマ   :−16
輝度    : 16
色の濃さ  : 32
色合い   : 48


<拡張色調補正>
Y(offs) : 42
Y(gain) :−26
Cb(offs):  0*1
Cb(gain):−16
Cr(offs):  0*1
Cr(gain): 32

R(offs) : 13
R(gain) :−21
R(gamm) : 34

G(offs) : 13(通常)、 16(EVA用彩)
G(gain) :−21(通常)、−26(EVA用彩)
G(gamm) : 34(通常)、 42(EVA用彩)

B(offs) :−13(通常)、−21(EVA用彩)
B(gain) : 21(通常)、 34(EVA用彩)
B(gamm) : 34(通常)、 55(EVA用彩)



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 →参照


> ‥あと色解釈の複雑になりがちな多数カメラによる編集映像やら
> 同じように悩ましい色使いタイプのアニメに適応できる場合があるようです


 その場合には、*1 Cb(offs)とCr(offs)の値を試してみるのも良いかも知れません



1-1)1

> うんちくを挙げておくと
> 3、5、8の黄金比べき乗の誤差(四捨五入)の見方にありました



4.854099(5)切り上げ
7.854092367267(8)切り上げ
12.70818063528613(13)切り上げ
20.56225563785392(21)切り上げ



8.090165(8)切り捨て
13.090153945445(13)切り捨て
21.18030105881021(21)切り捨て
34.27042606308986(34)切り捨て
55.45068029413948(55)切り捨て



12.944264(13)切り上げ
20.944246312712(21)切り上げ
33.88848169409634(34)切り上げ
54.83268170094378(55)切り上げ


 つまり、3と5なら
 緑の要素を微に増やして、青の要素は、赤に対して黄金比

 ‥まぁそうなりますと、5と8のパターンもありそうです‥
posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:36 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。