2018年10月11日

【AviUtl】発見!バキ(2018)・彩z値

記稿.2018/10/11

> r(基本値):g(基本値):b(基本値)
> r(13):g(13+5):b(13+5+8)


 ‥松本梢江のお肌が艶っぽくなりま〜す(これが難しかった)
 テレビの設定でもかなり変わっちまうかも知れませんが、その時はあしからず


◇◆L-Smash Works◆◇
Video Scaler:Bicubic Spline
Dummy solorspace:YC48
AVS bit-depth:16
LW48 output:off(デフォルト:色入力と色出力は違うらしい‥)


◇◆x264guiEx◆◇
「拡張」タブ:LW48モードをチェック(再エンコード用途)


◇◆AviUtl◆◇
色入力:LW ColorSpace
色出力: BT.709



<色調補正>
明るさ   :−37
コントラスト: 23
ガンマ   :−16
輝度    : 16
色の濃さ  : 32
色合い   : 48


<拡張色調補正>
Y(offs) : 42
Y(gain) :−26
Cb(offs):  0*1
Cb(gain):−16
Cr(offs):  0*1
Cr(gain): 32

R(offs) : 13
R(gain) :−21
R(gamm) : 34

G(offs) : 13(通常)、 18(バキ用彩)
G(gain) :−21(通常)、−29(バキ用彩)
G(gamm) : 34(通常)、 47(バキ用彩)

B(offs) :−13(通常)、−26(バキ用彩)
B(gain) : 21(通常)、 42(バキ用彩)
B(gamm) : 34(通常)、 68(バキ用彩)



◇◆想定するテレビ側の項目設定◆◇
 →参照


> ‥あと、3と5のEVA用彩の場合と同様に
> 色解釈の複雑になりがちな多数カメラによる編集映像やら
> 同じように悩ましい色使いタイプのアニメに適応できる場合があるようです


 その場合には、*1 Cb(offs)とCr(offs)の値を試してみるのも良いかも知れません
posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:01 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。