2018年10月20日

【洗逸GOP】26型サイズとRDO(0.00)の悶絶さ

記稿.2018/10/20

> 26型画面サイズでの
> 1024×576(768×576)サイズで再エンコード(洗逸GOP)用のテレビ設定がでました


 バックライト: 11(9:8の8側、切り捨て)
 ピクチャー : 13(9:8の9側、基本の見立て)
 シャープネス:  2(拡大比に伴うピンボケ調整)

 ‥の三点が変更点になりました


 13を1.125で割ると誤差が大きい点に目を付けたところ、すんなり良い感じになりました
 ‥が、微に薄暗い感じがピンボケ感を誘う感じです(見てると慣れちゃう程度)
 そこで、シャープネスを上げて見たところ、なぜか薄暗さが気にならなくなるようです
 ‥ところが、シャープネスを上げすぎると、ゲインをいじっていることもあり
 色みの崩壊が微に発生し始める感じで、なかなか厳しい所が見られます
 と言うところで、シャープネス(2)を得ました

 このような傾向を思うに

 30型〜40型での対応は、HDサイズでの再エンコードにしないと厳しいかなと思います
 42型以上ともなれば、問答無用でFHDに満たないサイズでは、ダメダメの扱いに思われます


 26型での印象としては、まぁ良くなったと思える部分もあれば
 色の濃さとしては、やはり19型かもなぁと思う部分もあり、悶絶感の残る点は否めません
 どちらかというと20型21型というサイズに適性があるように思うわけですが
 「斯様なサイズを探すのは今や大変なのでは?」

 EIZO

 EV2116W-A
 ・21.5型(16:9ワイド)
 ・フルHD(1920×1080)
 ・TNパネル
 というのがあるようですが、TNパネルというのが泣かせます
 IPSパネルが好ければ、23.8型になるようです

 (テレビじゃ無いけど、参考に)
posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:46 | Comment(0) | 洗逸しちゃうぞ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。