2019年06月18日

【哲学】正義か悪か犠牲者か

↓4)記稿.2019/06/18

> ‥近年、ヒトを食べる物語ネタが目立つようになっています
> そこで交わされるテーマは、そのような趣向を持つ勢力は排除されるべきか否か‥
> とした討論会のような流れを醸し出すわけですが


 ‥ぶっちゃけ、それらは
 うさぎさんがオオカミさんに、あなた方の行為は非人権的だッ
 ねずみさんがキツネさんに、あなた方の行為は非人権的だッ
 云々を騒ぎ立てる例えなわけですが

 無理というか‥無謀というか‥やりすぎというか‥
 どう考えたって、迷走の世界です


 ‥私たち人間からして同じことをやらかしています‥
 そこを捨て置いて、さらに特殊な事例を持ち出されても開いた口が塞がらないのが感想です


> 基本的に、やりすぎている形にこそ、歪さを覚えるのです


 ‥例えば、独り占めはどうでしょう
 個人所有を間違っているとは、多くの人は考えません
 しかし、独占感覚は間違っていると思うのが日常です

 (でも私たちはついつい所々で独り占めな態度をやらかしてしまっています)
 (一番、常勝、連続優勝、右肩上がり‥などなど大好物な方は多いはずです)


 ‥例えば、狩猟はどうでしょう
 野性動物に、食物連鎖が無いというだけで、生態系で起こり得るだろう予想は
 自死行為なり突然死だったりかもしれません
 そこには寿命とした概念がなく、突然にやって来る自然界からの調整に戸惑うばかりになりそうです

 (だったら、逃げるとした選択肢を選べた方がわかりやすいわけです)

 ‥その逃げられなくしてあるやり過ぎとも言える取り組みこそが「牧場」です
 でも、牧場ぐらしの方がお気楽と思っている家畜も多いことでしょう

 何はともあれ、野生たる危機感を放棄して、リラックスできるのは素敵な選択支でもあるからです

 野生のままなら、そりゃいつ襲われるとも分からない日常に置かれるのですから
 それの視点からすれば、時期が来て潰される命運も致し方なしと言ったところでしょう
 (でも、やっぱり嫌だから抵抗するわけです)


 ‥例えば、ペットはどうでしょう
 家畜より扱いは格段に上です
 でも、自分の食べたいものを必ずしも口にできているかというと甚だ疑問です
 野生なら探さなければならない過程で運動を余儀なくされるわけですから健康を維持できる率は上がります

 でも食べ物を得られなければ常にベストな健常を保てるとは限りません
 が、野性動物を見ている限り、どうにもそのような心配をする必要は無いと、無意識のうちに誰しもはそう考えます


 ‥それはどうしてでしょうか?
 ヒトは、そこまでの自信を、自然体を、とてもではないけれど持ち合わせてはおりません

 その自信を持てない側のやらかしている安定供給欲こそが、どうにも野生を死に追いやっていたりします
 所謂「環境破壊」です

 この問題は、食う者と食われる者との因果より無慈悲で最悪を招いています
 そのような人類に、食う者と食われる者の是非を問う資格などあるのでしょうか?



1-4)1

> そこはさておき、敵に対してチャンスがあれば徹底排除するのは方針であって、ベストではありません
> 自我と知性を持ち合わせている相手に、理解が得られている例外が伴うなら沙汰無しも必要です


 ‥そうでなければ、囲われて逃げ場無しの状況に追い詰めているのと変わりません
 やり過ぎほど不適切な空気の元になるばかりです

 何事も自然体で見てみる姿勢が大事に思います


 ‥しかし、近年の暮らしぶりは
 どうにもその自然体とした感覚を肌で理解できない様子です

 仕事だからと、人気のある場所で害獣を見かけたからと‥すぐにでも発砲すべきとやらかすのは
 どう考えたって不用意です

 山中においても、チャンスだからと功を焦って、ヒトを誤射していたなどとは‥どうにも抜けています
 判断の基準が、ゲーム慣れした感覚すぎているようです


 ‥まぁ日常に降りてくるニュース自体が
 気の狂いそうなほど命たる価値に軽率な動機ばかりですから
 人食いなんてネタがもてはやされる土壌にあるのでしょう



1-4)2

> それにしたって‥是のシンクロを引き寄せの法則で俯瞰してみれば
> どうにも怪しいのが本音でしょう


 ‥経済が競争のままなら
 どうしたってお馬鹿が必要です

 勝ち抜き方は千差万別ですが、蹴落とすには、お馬鹿がいてくれないとorしてくれないと繰り上がりできません
 目先の席に座る御仁の老いるまでを待てないからこそ、「自由競争上等」との考えをするのでしょうけれど
 座れば座ったで、賢さばかりでなく、お馬鹿さも求められているのです

 それこそが、自由競争上等の世情なわけです

 ‥でもまぁ、それらシンクロな事情が絡むからとダメを言い始めてはやりすぎに繋がります
 排除を正義と思うか、悪と思うかは立場によっても変わってくると思いますが
 基本的な判断はそのような見方に正義も悪もないのが実際です


> そこは犠牲者にしても同様です


 ‥逃げ切れなかった下手を
 ‥助けられなかった未熟を、どう思い後悔しようとも
 誰か任せな念いほど、どうしようもない程に、ただただ脆弱のままだったりします
 憎むべき‥貪る側や贅沢任せな側と同根の成り行きに賛同しているだけだったりします

 「犠牲者であることを誇るなら、そりゃ抗うよりほかありません」

 妙な言い方ではありますが、それはそこにある問題を誰か任せにせずに
 自分なりの術を以て、抗う為の参加を支え合うと言うことなのでしょう

 そこまでの姿勢に至らない犠牲者意識など、ただの被害妄想の類に思います



1-4)3

> 私たち社会問題の多くは、社会問題に対する意識は、残念ながらその程度に思われます
> それはどうにも被害者とした考え方に問題があるように思います


 ‥被害者に陥れば負け組などと、馬鹿にしている内は何も変わらないでしょう

 ‥誰かに期待している内は何も変わらない
 抗うべき用を割り当てられた如しの役柄の拒否を被害者だと思い込んでいる
 被害者・犠牲者とは、抗う為の切っ掛けにすぎない
 そこには社会問題が有るのみなのだから、それら一切を他人事として思っているだけでは何にもならない


 「他人事に巻き込まれない人生こそ幸せ、勝ち組」などと思い込んでいれば、その通りでしょう


 ‥とはいえ、問題を与えられて解くも解かないも自由だ
 又、解答を得られるかは不明である

 ‥そもそも、基本は逃げもありきです
 (ただし、被害者づらのままでは、逃げ場が無いのと同じこと)
 (恐怖を断ち切れないようでも同じこと)
 (逃げ切った境地、心構えとしては、過ぎ去ったなら文句を垂るるべからず、恐るるべからず)



1-4)4

> でもまぁ、宿命にあったなら勘弁はして貰えないでしょう


 (気持ちの動揺に終わりがやって来ないと言うことです)
 (ならば、抗う何らかを試みるのみです)


> そもそも


 抗うべき側が協力して抗わないから、調子こくばかりの勢力が誕生するのです
 どう考えたってそれは単純な足し算と引き算にあって、正義とか悪で唱えることではありません

 又、無駄に正義論を発揮させては足元を掬われるだけでしょう
 なぜなら、正義も悪も立場上の相対観にしかないからです

 安易に正義をかざした角度を以て抗うことの無意味をまずは覚悟すべきです


 ‥ならば、勝つことは容易ではない
 なぜなら完全排除ほど不誠実で悪だからです(自滅は勝手)

 その代わり、「逃げ切ったとする境地」を手に入れることは遥かに容易いでしょう
 協力とはその為にあるので有り、完全排除の為の強力の維持達成では無いからです


 ‥日常で考えても
 「完全排除の為の強力の維持達成」なんて段階は、才能任せ権限任せに陥りがちです
 それこそが、そもそもの社会問題(非人権的回帰)に根とした癌なのでーす



posted by 木田舎滝ゆる里 at 20:51 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。