2019年07月01日

【考察】強さは自信にはなれど、モチベーションたり得ない

↓1)記稿.2019/07/01

> 強さは自信にはなれど、モチベーションたり得ない


 なぜなら、強すぎれば煙たがられる
 並びに、自惚れから来る退屈に、正義などという高邁な「志」は無い

 (精々が‥無茶をしないで無茶を待っている程度だろう)

 近寄ってくるのは、物見遊山な身の程知らずの挑戦者くん(格下)の方が圧倒的に多い


> 持てあます退屈を、どう凌ぐかが、その者の品格だと述べても言いすぎでは無い


 ‥孤高を通すのか?
 ‥チームを組むのか?
 ‥束ねて従えるのか?

 強さを求めて修得し得た者なら、当然、他人に何かを求めるにしても能力ありきだろう
 孤高を捨てて他者と組むにしても、その時に必要となるのは

 「育てる好奇心」若しくは「壊す好奇心」のどちらかである

 ‥されど、強さを求めてそこに在るのだ、いつだって「挑発上等」だろうさ‥

 しかし、強さは自身には成るにせよ
 「力」には成っていないことを、そこに至って痛いほどに思い知るのだ
 他者を動かせてこそ「力」を得たと思い込めば、モチベーションとなりしは「二択」だ


> ‥より大きく貪欲に強くなろうと望めば
> 目指すところまでの「育てる好奇心」に欠いては始まるまい


 では、その先はどうだろうか?

 ‥得られた「力」を以て「壊す好奇心」に切り替わるかどうかは
 ライバルの不在次第と言うことになろう
 己の弱さをライバルとして来なかったなら、そりゃやはり「挑発上等」と言うことになる
 己に弱さを感じて来なかったほどの人間離れにあっても同じだろう

 ‥そこに起こり得るモチベーションこそ、「挑発上等」である
 挑発を受けて立てるだけの自信、もとい、自惚れに漲っている


> ということだから
> 国民が独裁者に喧嘩を売ることは、どうにもよろしく無い経過をもたらす


 そんな自惚れ屋は、反応が返ってこないのがとても苦手
 なぜなら、孤高を保つモチベーションが無い

 己の弱さを疎かにしてきた裏返しとして
 人を引きつけるよすがを「挑発上等」「洗浄ありき」以外に理解できていないのだ



1-1)1

> ‥例えばの話


 織田信長が茶器を褒美にしようと目を付けて、皆をその気に動かしたのが歴史だが
 もし、誰も茶の湯たる方向に乗ってこなかったとしたら
 信長は家臣に与える褒美に事欠くことになっただろう
 そればかりか、商人を集める余興にだって困っただろう

 そこにある自信とは、いつだって注目される事にある
 皆の喜ぶモノを手にしているところにある


> ところが、そのような注目願望の裏返しには、「育てる好奇心」に疎い弱さが見られる


 ‥自分の弱さを隠すことしかできない者はとくにそうだろう
 そのような者は、普段から自らの弱さについてよく調べずに疎いままだ

 疎いままだから、(何事に対しても)克服しようなどとの本気が無い

 弱さを自覚して克服するべきを馬鹿にしていては、克服すべきポイントを知らないままだ
 それは教えるのが下手に通じてしまっている

 教えるのが下手な者は、教えるのが面倒だから、他人に訊かずにまずは自分で調べろを口癖にする
 一見正論だし、そこにも学びがあるから反論のしようが無いのが日常だが
 実はそうでは無い、そこには教えるのが下手とする弱さを自覚できていない愚かさもあるのだ

 (最低でも同じ土俵たる用語を使えないと説明できないもろさを抱え持つ)
 (逆ギレしちゃう教師なんかとくにそうだろう)


> ‥でも、教えるのが下手でも
> 他者を出し抜くには、適当な才覚さえあればどうにかなっちゃうわけだから
> まさに、守るより攻めるタイプを増幅させてきたのが日本の教育だったと言うことになる


 それってのが‥まぁ「挑発上等」「ブラック上等」「炎上ごち」の世相なんだろう

 そのような日常をモチベーションにできるかどうかは、努力や自信ではない「闘争」だ

 そして、そんな日常はとてもしんどい、やる気なんか出るわけねぇッ
 でも、どちらだろうと「やる気」を発揮できるかは、人それぞれだから
 どっちに転んでも、本質、批判するほどの中身なんか無い


> 問うべきは、行き詰まった世の中の構造であって、各々の好み加減の是非では無い
> 学んだことが無力でしかないなら、どこからモチベーションを得られるってんだよ?
> そりゃ、「挑発上等」はたまらない自分磨きに思えて、勘違いしたって不思議はないさ



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:56 | Comment(0) | 日記/2019 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。