2019年07月09日

【勝手句帳】ツッコミ・エッセイ(欲)

↓+)記稿.2019/07/09

|中学に今年入りたる孫娘「男の子ってさあー子供だよね」と
裾野市・石蕗歌会(2019-7-6)

|寝転びて遺影の父母に語るとき幼に還る九十のわれ
牧之原市・田沼塾短歌会(2019-7-6)


> ↑の二つに矛盾を感じやしませんか?
> これが戦争昭和と平成の差という事に成ると思います


 ‥まぁ90歳にもなって「パパ・ママ言ってんじゃねぇ」
 (この手の詠みは結構載ってくるっす)
 なんて誰しもは、心のどこかで思っちゃったりするんでしょうけど
 それが戦前の生活感だったに違いありません

 (いつ死に別れるかもしれぬ時代色との差かも知れません)

 その後の復興の右肩上がりな暮らしとか
 バブル絶頂期とか
 欧米化寄りの恋愛観とか

 そういうのを全部ぶっ飛ばしての結論という奴ですな
 ある意味正解なんでしょうな


> ‥ところがです


 上の詠みと下の詠みは、時代の差と云うよりは
 今時の日本の女子の頭ん中として映っちまうわけですよ
 所謂、二重人格っすかね

 で、今や時代の空気は、選んだ男子が見込み違いなら、時間経過とともにダメ扱い
 (雇い損を解雇したくてもできない大手上層部の空気同然です、まさに鏡似性)

 そんな姿を見せられて尚、90歳にもなって「パパ・ママ」だったりなら
 どうにもインチキ臭く見えて仕方ありません

 ‥その手の自分のいたらなさをぶっ飛ばして
 ‥自分の都合の悪いところは全部ぶっ飛ばして
 インナーチャイルド大洪水ってな雲行きは如何なものでしょう


 ‥というよりは、そんなん比べて育っちまうと

 「パパ・ママ」なんて気分にすらなれない女子も居ることでしょう
 そういう場合の心の置き所という奴を想像しちゃうと
 まぁ面倒くさいというか、男子への期待が「大人らしさ」だったりと
 とてもストレスを溜め込んでいらっしゃるとしか言いようがない


> 単に、てめぇの「ガキ」を自覚していねぇ裏返しじゃねぇかッ


 ‥そもそも、甘えたい理由なんて無いも同然なのは男も女も関係ねぇッ症候群だぞコラッ
 (恋愛においての女の特権だとか勘違いしてんじゃねぇッ)
 (そもそも、その手の思い込みこそが、互いに恋愛下手の原点だろうがッ)


> それにしたって、男を見る目線は「何様目線でしょう?」の流れっすよ


 「女の時代」をぼやきつつ、単に何様目線でしかないままなら
 男尊女卑の刷り込みのままの解雇したいけどできない雇用イジメ同然の裏返しでしかありません
 なにをもって「女の時代」を真に受けてるんだかまるで見えてこねぇっての


> 男だ女だどうのより、「時代」どうのだろう


 そういう本質的な話になると、逃げ出すのは考えの小狡い奴ばっかりだったりする

 ‥まぁ確かに、社会俯瞰の得意な奴も居れば
 苦手を通り越してマイナス俯瞰力(被害妄想)の持ち主も居ると言うことのようでして
 (額にも拠るが)カネを持ってからの方が、被害妄想がデカくなっていたりするからな
 その差がものすげーというか
 社会俯瞰が苦手な奴(怯える奴)ほど、早い者勝ち趣向だったりするのには、ぶったまげるz

 つまりは、勝つ方に流れる‥それが益々の時代のどうしようもなさと言うことなのでしょう

 (恋愛なら益々以て、そっち系)
 (その手の恋愛にロマンスなんか要らにゃいからな)
 (スピードと結果を求めた思い込み恋愛(お金上等)は、なぜもてはやされるのだろうか?)
 (なぜ、その手の音頭に乗るんでしょうかにゃ??)



向宜詠吟‥欲四射


|御中毒様の「脳堕」はエゴ権化 お得意様と担ぐエコノミー

|物欲を正義と思う勘違い 自己中正義を誰も信じね

|暗闇に永遠に溺れて何求む 一億の欲のなんとちっぱさ

|「男もねぇ女もねぇ」其は時代の執念の天才的かキチガイ的か



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:26 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。