2019年08月04日

【勝手句帳】かじりよみ009


↓ 8)1 向宜詠吟.2019/08/04


|謝れそれで済むのか悪代官
浜松市・浜松川柳いしころ会(2019-8-2)


 ‥このネタのリズムの力強さが面白いのですが
 どんなにパターン化してやろうとも、自分の流儀を押し付けてくる口調です

(「悪」代官と言い切っては、許す気なんて100%無い空気でーす)
(昔みたいに、引きずり回したり磔にしたりしたそうな空気でーす)

 そこをどう上手く、説得感を織り込めるかに心配りの用有りです

 ‥入れ込みすぎてこうなりましたん↓


|懐を押し付けてくる財政難 為さねばならぬと丸投げ増税
|税活をどや顔で説く麻生節「吸い上げてこそ この国の明日」
|日の本の主はいつとて代官制 見せぬ慎み惜しむらくは‥
|羽繕いするばかりなり八咫烏 修行の日々とはまさにそれ

*主(ぬし)、八咫烏(やたがらす:裏天皇群)


|懐を押し付けてくるその手口 取り立て権のバーゲン社会
|異なことに換金できねば分け合えず 勝ち組日本 負のスパイラル
|類を割る換金配分カースト制 デフレ格差の大ネズミ
|見返りは換金よりも発行権 まずは押さえよ美酒の基礎


|懐を押し付けてくる闇の声 安寧なんぞ死への殉教
|教えとは飢えを如何に鎮めるか 治まらざるは負の醸造
|造物の知恵と思うな意地と意志 挫けぬならば神にも並ぶ
|武に及ぶ汝の文化を研ぎ澄ませ 支えを得ずんば村を得ず


|懐を押し付けてくる欲のツラ 悪意くらべの付き合いなんぞ
|存分に味わったとて飢えにけり 尽きぬ欲ゆえ須く為せ
|攻めまほしこの世は常に崖っぷち 頂きよりは麓をあたれ
|連帯で責を負うのが「和」の掟 貴様の分もちゃんとある



↓ 8)2


|免許返納片陰を拾って歩く
島田市・主流社句会(2019-8-2)

|片陰を拾って歩く苦々し 免許返納「ああ無念」


 ‥どうして夏場に免許返納をやらかしてしまったんだろう
 暑いし、長いし、遠いし、喉渇くし

 (まじ死にそう、返納しても死にまみえん‥)

 ともかくクーラーだよクーラー
 ああ、クーラー背負って歩きてー

 ‥そう言えば、たしかそんなの見かけたよ
 おおそうだ、あるんだよ
 じゃ返納祝いと景気良く、帰ったらググってポチるとするかっ




↓ 8)3


処分した衣類で箪笥風入
静岡市・サロン川柳句会(2019-8-2)

|断捨離の為政や国会 東風来たれ 二月解散「鬼は外」


 ‥ネタの句から為政フェードして、勢いで詠んでみたところ
 実に風水が効いてきそうな衆院解散のタイミングでしょう
 しかも受験時にわざわざ足を運ぶ18歳も少ないという事で
 まぁタイミングとしては避けて通るのが常識という事で、気分だけの参考です


↓ 8)4


|ミニの娘も浴衣姿で色直し  *ミニの娘(みにのこ:ミニスカートの娘っこ)
静岡市・サロン川柳句会(2019-8-2)

|ミニの娘も浴衣姿で色直し 日本の祭りに作法あり



↓ 8)5


|品種改良苦いゴーヤの自尊心
浜松市・浜松川柳いしころ会(2019-8-2)

|いつの間にゴーヤの味はしない瓜 バイオは改良ハラスメント



↓ 8)6


|参ったな妻の断捨離まず
浜松市・浜松川柳いしころ会(2019-8-2)

|ひといきに妻の断捨離まず別居 今や扱いゴミ屋敷



↓ 8)7


|下戸だけが夜景を見てる尾形船
浜松市・浜松川柳いしころ会(2019-8-2)

|恋だけが幸せだとか天の川 そんな七夕誰も願わず


 ‥なーるほど
 並べてみればその通りで、幸せの解釈は∞であるはず

 それをなぜか「恋」に一括りしているのが女子の空気で
 それを真に受けている男子ほど、思い込み激しくその手の成長がストップする

 ‥そうでは無いと目覚めるのはやはり「産む」側の女子に多く
 そうでは無い男子はマヌケにも「恋だけが幸せ」を思い続ける事になる
 そこにあるギャップが、子育て終わってからの三行半(チーン)

 それにしたって

 当人も青春時代からの全部を否定する気も無いだろうから
 手持ちに困らなければ様子見希望の気持ちもあるはずだ
 でもねぇ、その様子見で、まじにゴミ屋敷同然に見切られれば、そこはもうどうしようもない

 ‥「好き」だけの一本釣りなんてもう要らない
 そう言われたってしょうがない(文化色が違っていたと言うことだろうね)


 ‥七夕なんてマインドコントロールみたいなところもあるけれど
 無いとつまらないのも空気だからな
 (その手の思い込みに対して誰もワクチンを用意してこなかったという事だろうz)


↓ 8)8


|無口ゆえ気持ちの捨て場月に聞く
浜松市・浜松川柳いしころ会(2019-8-2)

|無味ゆえに気持ちの整理ブラックムーン 不穏な足音つけし来る


 ‥「気持ちの捨て場」なんて言うなッ
 気持ちに善し悪しなんか無いし、捨てるところなんか無い
 只釈然としない‥無理解な空気を感じざるを得ない己の未熟があるだけだッ

 (理解を見つけたら取りあえずメモっとく‥まぁそのぐらいだよ)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


posted by 木田舎滝ゆる里 at 01:02 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。