2019年08月10日

【勝手句帳】r011(01-8-9)静岡新聞掲載分から


↓ 14)01 向宜詠吟.2019/08/10

花びらのいくつ崩れて蓮あらし
焼津市・みずほ句会(8-9)


 ‥蓮池(蓮の花)は、冬枯れするとそれはもう残念なぐらいの枯れざまでーす
 それはもう、桜が散ったあとの残念さとは月とすっぽんで最悪でーす

 (まぁ蓮根畑の都合もあると思いますが、ともかく最悪の光景っす)

 ‥それに加えてさらに
 風に吹かれても、まとまって花が崩れ落ちると聞いては、そりゃ詠まざるを得ないでしょう

 (ということでこうなりましたん↓)


|蓮の花哀れを知らぬ栄枯映え 慈しみとは「迷い無用」


 ‥思えば、仏陀の生き様に迷いが無いように見えるのは
 多くの迷いを相殺できる智慧と判断が、即座に湧いてくるからなのでしょう
 何事も相殺できるだけの智慧(内なるパワー)と、繋がり(外なるパワー)があってこそですが
 それゆえに、ドーンと構えていられるってことでしょう

 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥
 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥
 凡人からすると、それか如何にも慈しみに見えてしまうと‥


> 凡人だったら、それだけの智慧で何をやらかすかというと地球環境の困窮でーす
> もう少し高度になると、誰かにやらかせる程度ですが、まぁ根っこは同じでーす


 ‥仏陀には、何が苦しみを近づけてしまうかを知り得ているので、凡人よりは明らかに欲求が薄い
 仏陀に迷い(心残り)があるとしたら、己の用と不用のバランスでしょう

 凡人が凡人である由縁は、欲求の是非が、自らを滅ぼす次第を理解していないからでーす
 (論点を押さえずに、感情に任せて言い合っちゃってたりしちゃってます)

 わかったつもりで、思いやりが大事などと口にする割りには
 ガッツりと我が儘を押し通して、尚、都合が悪ければ知らん顔だったりまでやらかします

 ‥それらは、後々的に迷いをもたらす因果に跳ね返る仕組みっすので
 無慈悲パワーが経験則で、迷い無き姿に見えざるは、慈悲パワーとは明らかに異なりまーす


> まぁ正確に述べれば、「感謝」も迷いを誘う反作用の類でーす


 ‥自身の成り行きをどうしようかと決めるのも、それに後ろ髪引かれる迷いみたいなもんすから
 感謝を思い込みにも絶対善と決め込むばかりは、経験不足からの軽率でーす
 (だからといって、感謝しなくてもいいと思うのはもっと軽率でーす)


> ヒトそれぞれの気持ちの出入り口の様子に、一切興味を示さずに思いやれるわけがニャー


 ‥まぁ半分は「無知」からくる迷いだから、学問させるべき歴史が求められたって事だろうけど
 いい加減、無知症候群からの横並びに甘えてんなってのが時代の空気なわけさ

 それなのに

 ‥消費は絶対安全みたいに人権だからと思っているのは明らかに無知
 ‥人権保障の範囲で治安はしますけど、直接的な被害が無いと取り締まれませんのであしからず
 というのが正しい見解だった(誰もすべてを先んじて文言化などしようがない)

 仮に、先んじて文言化できたとしても、そんなのは単に不自由さの押しつけだとしか思われない

 つまりは、あなたのその消費生活は不完全が前提ですので何かあったら訴える事は可能ですけど
 痛い目を見るのはあなたが基点にならざるを得ませんよってことでーす
 その上、裁判等の費用もあなた持ちが前提ですよってレベルっす


 (神道や仏教が定着した環境で育った日本人のすれ違った人権意識の誤差がそこにある)


> ‥ところが欧米化して後
> 競争だからとか、より稼ぎが得られるとか、お得だからとか
> 誰もが、欲求に絆されるままに無駄をやらかすように至った
> そんなのは、それこそ無知で低すぎくんな「しめしめ脳」ってことだよ


 (今じゃすっかり、神道&仏教脳復活で、ネット情報共有ですぐ炎上)

 ‥それでなくても、私たちは未熟なので失敗をしでかしまーす
 その手の失敗すらカバーし合うより、人事査定のネタにしていてはボロボロ脳ってことでしょう
 そこを甘えんなと言ってしまっては、人道に非ず外道でーす

 (上に行くほど忖度を要求し合う世間体で育った日本人には、そこの甘えの質の差を区別できかねる)


↓ 14)02


水桶に豆腐の揺るる日の盛り
静岡市・SBS学園パルシェ教室俳句(2019-8-2)

|涼しさや桶の豆腐の揺るるさま 見れば生唾うだる日盛りに


 ‥さて問題です
 手直しの詠みの方ですが、こちらの桶に水は浸って居るのか居ないのか?
 「桶の豆腐」で画像検索してみると
 トップ印象としては、水に浸かっている画像が多目にはありますが、半々です

 だからといって、一方の「水桶」のイメージがこれまた様々です

 「桶に水」ときっちり示すべきか否か?
 より美味しそうに思わせるべきに風流判断するか否か


 ‥ちなみに、豆腐の年間消費量はほぼ横ばい傾向らしい
 ということは、食べ付けてる人とそうで無い人の印象映像は異なる
 さらに料亭で食す機会の多くある地域とそうで無い地域の差
 昔ながらの豆腐屋に、足を踏み入れたことの有る無しでも差は出るでしょう

(昔ながらの豆腐屋の店の中は、基本日陰なんで、インスタ映え美味しそうにまでは見えない)
(買って食べたことが無い限り、そこからダイレクトに「美味しい」には繋がらない)
(インスタ映え脳、スーパー店舗脳しか、やらかしていないならとても無理)

 ‥まぁ要するに
 言葉には歴史が積もって、暮らしが積もってあるという次第をどれだけ意識しているかです
 AIの言語感覚の怪しさは、そんなところに起因するでしょう
 (時空を超えてディープに解析しないと全然ダメ)


↓ 14)03


|道祖神にの葉の傘夏の雨
静岡市・SBS学園パルシェ教室俳句(2019-8-2)

の葉の傘としみじみ道祖神 ご一緒してみた後や虹


 *(ふき):初夏、(いも):秋
 それぞれに傘にできるほど葉が大きい点は同じではありますが、季節が異なります
 (大きさを比較すると、蕗の方が圧倒的に大きくなる)



↓ 14)04


|石仏の多き古道草清水
静岡市・SBS学園パルシェ教室俳句(8-9)(2019-8-2)

|石仏の続く古道や木下闇 時空を超える先祖の念い





↓ 14)05


|散水車夕日の色を零しつつ
浜松市・えぼしやま俳句会(8-9)

|うっかりと西日の色を臭わせて 死亡させよる「車中置き」


*散水車は工事現場のサービスです
 なので五時以降の活動は余程の条件で無い限り活動していないでしょう
 行政要請にしたところで五時が境目に思われます
 よって「夕日」で盛るには難がでます


↓ 14)06


|卓袱台に八百屋の団扇色褪せて  *卓袱台(しっ ぽくだい、ちゃぶだい)
浜松市・えぼしやま俳句会(8-9)

|2020日本の団扇の色褪せて ザワザワ来よる底見せぬ穴


 ‥おおう、こんな風に詠むのかよ

 ちなみに「底見せぬ穴」とはシンクホールの事でーす
 (湾岸から始まるとかなんとか‥)
 (オリンピックの前とか後とか‥)

 (都心・都市部には住めなくなるとかなんとか‥)

 (岩盤の上にあろうとも、沈む御沙汰の代物はもろとも沈む)





 ※限定公開らしいのですが、みっけちゃいました(てへへ)


↓ 14)07


|一歩二歩赤子の歩む夏座敷
浜松市・えぼしやま俳句会(8-9)

|這い這いと赤子の笑う夏座敷 移ろう好奇は立っちを目指す


 ‥赤子と言ったら這い這いまでの前提
 ‥立っちするようになったら幼(おさな)でしょう、(違うのか?)


↓ 14)08


|園囲む肌の輝く今年竹
浜松市・えぼしやま俳句会(8-9)

|「いざれいわ」輝く肌の今年竹 どこまで気張るか「山本太郎」



↓ 14)09


|頭数義理立て参加うらの空
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|二階から頑張り予算で義理こわれ 忖度を「ポチ」と読めに等し 


 *請われ、乞われ、壊れ(時期遅れですが全部込み)

 ‥どうして違法扱いにならないんだ???
 ‥やはり命令の「令」による令和スタートじゃん(チーン)

 自由民主なる看板をそろそろすげ変えては如何ですか?‥としか思わざるを得ず

 二階氏「選挙頑張ったら予算」発言
 二階幹事長「選挙やってくれたら予算つけるのは当たり前」


↓ 14)10


|おしゃれして参加したけど壁の花
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|懸命に切磋したけど草の民 「抜け駆けせよ」の時代に倦む


 *切磋(せっさ)、倦む(あぐむ)


↓ 14)11


触れ合いを求め気ままの一人旅
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|触れ合いを求めど結果一人旅 いつもの気ままが情を喚ぶ


 *喚ぶ(よぶ)

 ‥詠んでいて浮かんできたのは「男はつらいよ」の「寅さん」でーす

 とその前に、ネタの句は矛盾しては居まいかと思い立ち
 引っ張り出したらこうなりましたん

 「情を呼ぶ」で括ると、何かこう「寅さん」じゃねー感がありまして
 「情を喚ぶ」に直しております

 ‥自分なりの筋を通すべく勝手我が儘から、相手の情を誘う空気って所でしょうか
 (未だに齧り見しかしたことないのでよく知りませんけど)


↓ 14)12


少子化へみんながのぞくベビーカー
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|紫陽花やみんなが覗くベビーカー コロコロ変わる笑みのゆかしき



↓ 14)13


|ふれ合いの広場で拾う和の心
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|来訪やシャッターを切る「和のガッツ」 茶番もそぞろの「ああ平和」



↓ 14)14


|ふれあいは形を変えたおもてなし
静岡市・小鹿川柳同好会(8-9)

|戦争は一部の人のおもてなし 軍産利権の懲りぬ野心
|交流は才知呼べどもストレスも 過ぎれば溜まる「ああ炎上」



> うた詠み終わります、ありがとうございました。


posted by 木田舎滝ゆる里 at 14:16 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。