2019年09月30日

【CPUクーラー】AINEX CC-06S

記稿.2019/09/30

> メーカーページ
> カカクコム


 ‥重量400g(ファン含む)
 ねじ止めに悩んだ
 紹介映像のようにはすんなりと簡単ではない

 ‥ねじを締めていると
 ワッシャーようなパーツが、だらんと脱落したようにぶら下がるのには唖然とした
 外してからやるべきだったのかと思ったが、構造上そうでは無いらしい
 ワッシャーが外れてカラカラしたようなそれの様に違和感を覚えるのだが‥

 (なんでそんなんなってんだよ‥)
 (まぁ見なかったことにしておくのが一番だろう)


> しかしまぁ、埃が溜まりそうな‥状況に納得できるわけがない‥
> まぁ埃の入りにくい環境にするだけだろう(対策済みだから問題ない)


 ‥回してみると、BIOSの段階で、すでに1800rpmでていた(最大値2200rpm)
 (なに?BIOSではすでにブーストしてんの?‥そんな表記なんだか‥)

 めっちゃ静か(フロントファンの音に切り替わっていることに後から気が付いた程)

 気温30度の室温、65wのCPU(Ivy Bridge)で
 スタート時に48度〜50度の辺り、ぶっ続けると52度ぐらいに上がるっぽい

 (多分、銅軸の性質なんだろう)


> 丁寧に、ボード側では無く、ファン側にグリスを塗っていると
> 明らかに銅部分とアルミ部分での境に段差がある
> 優先的に銅部分に接触させるようになっている
> グリスに触れてなかったら、錆びちゃわないのか気になっちゃたもんね(知らん)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:36 | Comment(0) | パソコン悩ましいZ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。