2019年11月12日

【勝手句帳】r046(01-11-8)其の2静岡新聞掲載分から


↓ 11)1 向宜詠吟.2019/11/12

|新涼や洗いざらしの綿肌着
焼津市・矢車句会(11-8)

物干しに並ぶ新涼 恋肌着 勝負パンツの色どり見どり


 ‥ふふふ見よ
 この爽やかに並び干された色どり見どりの勝負パンツを
 ほんとしばらくぶりに、洗い甲斐のある季節がやって来たのよ〜♪

(おほほ、まぁ普通にランジェリー好きなだけなんですけどね、もといあっちもでーす♪)


↓ 11)2


|十六夜をそぞろ歩きの道連れに
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)  *十六夜(いざよい)、そぞろ歩き‥ぶらぶら。

|新月をそぞろ歩きの道連れと 叢雲掛かれど誰も咎めず


 ‥新しきには、時として裏があり闇がある
 新しきを隠れ蓑に、悪しきもまた始まるのだ
 其は、新月に掛かろうとする叢雲のようなもので、誰にも咎められずに事を為すに丁度良い


> 火事場泥棒などかわいいもので、戦後焼け野原の政治の裏はとくにそうであったと聞き及ぶ
> 関東大震災あとの朝鮮人が泥棒した云々も、現代においては肯定せざるを得ないからなあ
> 半島になど関わらない方が良かったのに、合祀問題云々の絡みでいえば、朝鮮人も日本人‥
> なんたって、帝国下当時は分け隔てなく社殿を建てまくっててたんだからな
> 日本の社が建った箇所は全部合祀云々同様に八百万に招いたの論にも見える
> ‥いまさら分祀できない合祀のそれは、実はどんでも理屈なんだよね‥


↓ 11)3


|灯を消してより近くなる虫の声
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)

|灯を消せばより迫り来る虫の声 などと期待も貨物が通り



↓ 11)4


|一人居を励ます如く虫時雨
焼津市・矢車句会(11-8)

|独り居に語りかけくる虫時雨 マンネリ節のなぜに落ち着く?


 ‥ふふふ、なぜだろうな
 毎度毎度の虫時雨なんて知れてるだけのマンネリなのに
 どうしてこうも飽きないんだろうな、不思議だなあ
 これが人の会話だったら、同じネタばかりに「お前馬鹿だろう」ぐらいにしか思われないのになあ
 独り居のさびしさや退屈のせいもあるかもしれないけど、まぁそれとは幾分違うにせよ不思議だな


↓ 11)5


|足りてゐて足らざる眠り熱帯夜
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)

|足りていて足らざる眠り熱帯夜 汝の仇は繁栄にあり


 ‥繁栄とは戦場(いくさば)である
 今まさに、この押さんとしているエアコンのリモコンスイッチこそ仇(あだ)だッ
 この手の誘惑に負け続けてきた人類の怠慢が今日の熱帯夜なのだ

 ‥しかし繁栄とはなんだろうか?
 どいつもこいつも心の負け組らしく、贅に酔いしれたくてしょうがなさそうな顔をしておろう
 今まさに、この押さんとしているエアコンのリモコンスイッチこそがそれだッ

 それは、心身共に衰弱した者でさえ生きながらえさせてしまう魔法でもある

 ‥なのにどうだろう
 ならば、平和にあるべきはずなのに、そうではなく戦場への入り口と化するのだ


 「このエアコンのリモコンスイッチこそ、実は戦場への入り口ッ」


 ‥エアコンのスイッチを押したからには、常在戦場である、有意義に使うべきであろう
 たかが安眠の一時を得る為にエネルギーを解き放っていては
 休まる為にも消費し続けるばかりである
 そんなことではエネルギーはどれほどあっても足りるまい

 毎日毎日がそれでは、起きてからの戦場の前借りをしているだけなのだ
 そんなことでは戦場では生き残れまい

 エアコンなんぞに酔いしれぬ者こそ「誇り」を得るだろう(前借りをせぬとはそういう事だ)
 ならば耐え抜け、さすれば、明日は普通にやって来よう


> 直球で述べれば、普通以上の求め過ぎによって、繁栄ともなれば汚点が沸く‥ただそういう事‥
> ならば、行き過ぎた過当競争を促す政治事態がテロだッ、テロにテロを注いでも改善なんか無い
> テロでは無いというのなら、格差にも自然界にも申し併せて生存権を確かにせよ!
> マイナスドライバーの所持だけで犯罪者扱いの昨今、基準がおかしいだろうがッ
> 生存権を確かにせぬ政治家もとい政痴屋の方が、よっぽかテロ集団だッ犯罪だッ反政府化だッ


↓ 11)6


|手紙書く厄日の無難願ひつつ
焼津市・矢車句会(11-8)

|厄雨すぎ息災祈り手紙書く 停電らしくなんとアナログ


 ‥「息災」の言葉を覚えたのは「信長の野望」なわけだが
 どうにも漢字の組み合わせのそこの視界が汲み取れず、さっぱりとわからないままだ
 (何はともあれ、使い勝手の好い言葉だよ)


 ‥そこはともかく、連絡手段としての手紙にしても
 道路が不通になると届かないからな

 停電よりそっちの方が本当はアウトなんだけど、どことなく注目に疎いのはなぜなんだ?
 道なんていくらでもあると思っているからか?
 一本しかない地域だったらそれこそ停電以上なんだぞ


↓ 11)7


|売物件の門札褪せし蛍草
牧之原市・静岡白魚火会(11-8) *蛍草(ほたるぐさ)‥つゆくさ。

|売物件の門札褪せし蛍草 「隠居宣言」土地に在り


 ‥ここの売り物件も随分と経つけど、売れる気配がまるで無い
 その上、管理もされていないのか、雑草が伸び放題な所のツユクサが好い
 まるで、土地自体が、隠居宣言を放っているかのようだなあ

(隠居と言えば、盆栽のイメージだが、そのままとしか言いようがないもんなあ)


↓ 11)8


|墓仕舞ふ話の付きし墓洗ふ
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)

|墓仕舞う話の付きし墓洗う まさか檀家の墓剥がしまで


 ‥先祖代々の付き合いだったというのに
 墓まで剥がすだなんて信じられない(マジ寺経営ヤバいんじゃねぇ?)


> 天上界の方では、地上の宗教依存を掃除する予定だそうだから
> 遅かれ早かれの流れっぽ
> それにしては、供養の重要性は語ってくるからな(剥がされるところは剥がされると)


↓ 11)9


すっぽりと漁村まるごとの中
焼津市・矢車句会(11-8)

|朝明けの漁村のまるで海霧の洲や 急ぐ渡りは勘定次第


> ‥急いでるたってね、こう海霧(じり)じゃ待つしかないね
> 「そこを何とかっ」
> それには銭が必要だな
> カネを多めに払えば、舟を出してもらえるんだね?
> まぁそこは商売としてな、積んで貰った分には応えてみせるよ

> 何かと危なげな物言いのようだけど、その支払いにはもしもの時の補償は込みなのかな?

> ‥おっと旦那、まけさせようったってそうはいかねぇぜ
> いやいや、そうじゃない、無事に済めば、その分を報酬として認めようというんだよ
> どちらにしたって、こちらの自腹にしかならないんだからね

> 「‥ほう、それもそうだ」そういう事なら、こちらも誠意を見せないとな

> では、まずは通常料金分を前払いしよう、追加報酬分は無事を得てからだ
> 追加分の金額は、きみの帰り分の安全を祈って、前払い金の二倍でどうだね?
> ‥なるほど、それで良いですぜ


 ‥さて問題です、あなたなら通常料金をどのぐらいで吹っ掛けますか?‥


 ここは確実に三倍になるので、通常料金を1.66倍で吹っ掛けることで
 取り分をほぼ五倍に嵩ましすることが出来ます
 (無論、急かしている交渉側はそこを織り込んで、誘導しているわけです)

(海霧に道先案内を頼む方としては、そこに気が付かない船頭の方が危ういって事でもあります)
(逆に、余りにも露骨に金額を要求しては、「待った方が良いですよ」といわんばかりでーす)
(なぜなら、安全は確実だって事でもあるからです‥晴れてから別の船頭に頼むのもあり‥)
(強慾すぎるって事は、それだけ、舟の上から突き落とされかねないかも知れないっすから)


↓ 11)10


|輪になれば前に習ひて踊りけり
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)

|輪になれば前に倣って踊りけり お金の悪習だろうとも


 ‥日本の盆踊りは見よう見まねで覚えてしまう良い例である
 ところが、これが職人や芸人の世界になると
 途端に、10年の修行論になる
 そこは娯楽ながらの盆踊りとは違うと言いたそうだが
 盆踊りを覚えるのに10年は掛からない

 (何かがおかしい、そう思うのが普通だろう)

 ‥でも、10年なんかかわいいもので、お金の裏と闇になると縄張りだ
 そこは10年、100年なんてもんじゃない
 能力社会などと言っておきながら、頑張りに才覚を見せようが絶対にゆずる気が無いのだ

 まぁ職人芸人の10年修行にしてもそこは縄張り意識だって事だよ
 いちいち噛みつかずに空気読めッ
 噛みつくほどなら、改革しろッ、アイデア出せッ、愚痴だけ垂れてんなッ

 大体、愚痴だけ垂れる奴に限って、自分に流れが来ると途端にズルをする(お約束だから)
 そんな奴に暖簾分けなんか望ましいわけがない


> ‥でも、お金の慣習ともなると、さっさと改善しろが今や筋である‥


 そこはやはり、盆踊りとは違うのだよ、諸君ッ
 されど、愚痴ばかりの大衆に明け渡しても却って自滅するのも見えている
 やはりそこは、暖簾分けに望ましきアイデアなり器なりという奴は求められるだろうね

 (などというのも先送り論の口八丁としか思えないのが昨今だ)


↓ 11)11


|自然薯のひねくれ者を掘りあてし
牧之原市・静岡白魚火会(11-8)

|自然薯のひねくれ者とひきこもり 隠るる闇に根を張る対抗


 ‥支配層にとって「労働者は駒である」‥としたダメ空気は未だ顕在だ
 ならば働かないとした言い分も、そりゃ登場するだろう

 それにかまけて、色々とした「ダメ活」もある
 そもそもにして、競争にルール無しと言わんばかりなのも
 そのインチキ大行進にある支配層側の「ダメ活」ぶりって事だ


> 善いじゃないか、自然薯のひねくれ者の如きひきこもりでも


 ‥改善すべき方向が違うんだよ、ちみ
 ズル上等なんてやりたくないから、ひきこもるんだよ
 戦争だって征きたく無かったら抵抗するだろう
 それとも何かね、素直に兵隊になって銃を担ぐのかね?、担がせる気なのかね?
 それならそれで、なんて反省に無き世間なんだろうって

 「天皇兵化万歳」の一調子のままだ
 「天皇兵化万歳」の一調子のままだ
 「天皇兵化万歳」の一調子のままだ

 (国民が空気と選挙で、そうなるように望んだって事になっちゃうんだよ)

 ‥だからだろうよ、「ブラック活」でも平然とそこに居座っちゃうんだよ
 そこしか無いって、どん底にも思い込んでるから


 だからだよ、生存権視点を政治がしっかりと整えるべきである


 でもまぁ政痴屋ばかりだから、どこも縄張り上等にまみれているから
 しっかりやると利権が無くなっちゃうって思い込んでいる奴らばかりだから
 (だってブラックで働いて貰え難くなるからね)
 それの主張を表舞台で張り切るとやられちゃうから、それって最高に損だから
 そりゃ、ひきこもるしか無いんだよ(戦う上での武器となるべき、もとい必勝が無いなら当然だッ)


> 自滅するにしたって、やられるにしたって同じなら、どちらが先かの対抗しかないんだよ


 ‥自然薯なら、さらに喰われたくなかったら、不細工な形にだってならざるを得まい
 でもまぁすっかり料理されちまうんだよ(支配層の貪欲は、思い込みだろうとそういう類)

 使える駒が現れたからやって貰いましょうにしたって、どれだけ上から目線なんだよ

 (俺は絶対に「天皇兵化万歳」などと同音異義語でも叫ばん)



> うた詠み終わります、ありがとうございました。



posted by 木田舎滝ゆる里 at 15:34 | Comment(0) | 名句にポン/2019中途から | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。