2019年12月11日

【エンコードレシピ】雪凜(GOP(M=1, N=7)という法則)修正版U

↓11)改稿.2019/12/11...20191210......2019/12/06...

> AQモードに不特定要素を確認しました。(再調査に入りました。申し訳ございません。)2019/12/09
> 現在、要因の特定に、マクロブロック区分の手抜きがあがっています(調査中‥エンコード時間がぁああ‥)2019/12/09
> マクロブロック区分修正済み。2019/12/10
> マクロブロック区分基準に戻る。2019/12/11


*雪凜(せつりん)‥雪が降りしきった後に鎮まっている様。しばられるような雪の静けさ。


|雪凜の原野踏みしむ真っさらけ エンコードぞ吹雪 生きにける朝


> ああ、エンコードって、吹雪をやり過ごしている時間の如しだよなあ
> その明けた時の真っさらの美しさを拝みたくて、こうして耐え凌ぐのだ
> ああ、そうとも、朝を待てばその輝きが絶景が目の前にある


 ‥HEVCでの再エンコード悶絶中、とある事に気が付いた
 それはBフレーム(1)&シーン変更感度(67)をまだ試していなかったのである

 やってみたら、Bフレーム(2)&シーン変更感度(89)よりくっきりと仕上がった
 でも、無駄にHEVCのGOPとすり合わせがしたくなって、思案しまくること

 ‥そこからさらに進展して
 Bフレーム(2)&シーン変更感度(67)&キーフレーム間隔(7)を得た

 Ibpbpbp
 Ibbpbbp

 GOPを七枚に絞り込むと、Pフレームの参照枚数(3)なら
 すべてのBフレームがIフレームを参照するに等しい状態にハマる
 つまり、キーフレームさえしっかり当たっていれば、抜群に発色を維持できる

 (調子こいてオープンGOPにしてみても、テレビUSB挿しでサーチ不能)

 シーン変更感度(89)だと、GOP(7)には不向き、想定外のフレームを選択しすぎる
 で、シーン変更感度(67)ということになりました


 DVDアナログアニメの場合、GOP(M=3, N=6)を見せますが
 DVDのそもそもがGOP(M=3, N=15)なので、問題ありません(むしろ歓迎)
 一方のDVDデジタルアニメでは、GOP(M=1, N=7)で落ち着く傾向です


> スマホやタブレットのプレイヤーに画面ジェスチャー・ジョグシャトル機能を追加すれば
> 知らない世代でもあのキュルキュルを体感できる
> テレビUSB挿しでも、早送りと巻き戻しが、ビデオ機器以来の均一感を楽しめる
> アニメの勉強するなら、「雪凜」で再エンコードするっきゃない
> これが又なぜか、まさら雪のふわっとした感覚に誘われるんだなあ



1-11)1 一般

モード:変換
コーデック:MPEG-4 AVC/H.264
言語:なし
フレームレート:オリジナルを保持
カラーモード:YUV 4:2:0 Planar 12bpp
レート調整モード:品質
品質:13.0‥*DVD二度揚げハーフHDサイズ専用
プロファイル:High
レベル:Level 4.1
プリセット:標準
Tune:無効
フレーム-パッキング:なし
Open GOP:□
キーフレーム間隔:
最小GOPサイズ:1
表示モード:プログレッシブ
スレッド:0



1-11)2 ブロッキング軽減

ブロッキング:オン
ブロッキング軽減 - 強度:−1
ブロッキング軽減 - 閾値: 0

※デブロックフィルタのそこんところ



1-11)3 B-フレーム

B-フレーム数:
B-フレームモード:空間軸
適応型B-フレーム:最適
B-Pyramid:なし
B-予測ウェイト:オン
B-フレームバイアス:0



1-11)4 マクロブロック区分

適応型DCT:オン
I8x8:  オン
I4x4:  オン
P8x8:  オン
P4x4:□
B8x8:  オン


※ マクロブロックはAQの品質に連動するらしい
  DVDぐらいだとオフでも気になる程にないが、BDになるとまったく劣化している


  なら、I4x4も付けとけって勢いにもなるが
  GOP(N=1,M=7)の構成上、ノイズや余分な増幅にしかならないと思っている

  ところが

  ウルトラマンタロウのノンテロップOPをFHDサイズで試していたら
  始めのレールのシーンでなぜか縒れる
  まさかと思って、I4x4をオンにしたら、よれが改善された
  画質も改善された様相を呈した(すんません、著生が間違っておりました)m(_ _)m

  長い直進ともなると、また別のAQとして演算されるっぽ‥OTL
  (この手の処理ともなるとHEVCの方が一枚上手である)


 ちなみに、BD-tsを雪凜で再エンコードすると
 CRFの適正値はソースごとに異なっており、DVDのように一律というわけには行かない
 ここでのCRF(13)は、あくまでDVD二度焼きを前提とした枠組みでしかない

 例えば、秒速5センチメートルのOP(BD-ts解除済み)では、FHDとhHDの両サイズ直揚げにて
 CRF(10.5)における高品質リップを叩き出し、且つFHDサイズはソースより容量が小さく仕上がり
 以前のレシピより、高ビットレートに対する耐性が高くなっていると同時に、増幅に斑がでにくい

 これは低ビットレートでも同様で、違いを見分けるには、相当の識別眼が必要だ
 (それはもう、CRFなら0.1刻みを覚悟しなければならない)


 ‥高ビットレート時に斑がでにくい理由としては
 すべてのフレームがIフレームを参照する状態にあるからだろう
 つまり、Iフレームの増分だけを考えれば全体に等しく当てはまるので
 それ以外でのイレギュラーが発生しがたい‥と思われる

 ということでもあるのか
 マクロブロックの分解情報の増加した分だけ、全体として増量する傾向にあるようだ
 (サイズの縮小期待はしない方が良い)


 ‥しかし、結局元に戻ってしまったのだから
 そうなると、通常より多くのマクロブロックの消費は避けられない
 なにしろ秒間あたり3〜4枚程度のIフレームが、常時注ぎ込まれるのだ
 もはや秒間30フレーム且つFHDサイズでは、レベル4.2が当然だろう
 (なら、FHDサイズでは、間違い防止を兼ねてレベル4.2だ)



1-11)5 レート制御

VBVバッファサイズ:0(自動設定)
VBV最大ビットレート:0(自動設定)
VBV初期バッファ:0.9
可変ビットレート:1.0
量子化圧縮:0.6
先読み:72,90,180‥(ソース側フレームレートの3倍秒値)
Lookahead Threads:0
Syne Lockahead:72,90,180‥(ソース側フレームレートの3倍秒値)
MB-Tree:オン


*Syne Lockaheadの規定値は(-1)のようですが、それが何を意味しているのかは不明。
(最大値が同じにあることから、先読みの値と同じに思われます)



1-11)6 動き推定

M.E. 範囲:32
シーン変更感度:67
M.E アルゴリズム:SATD Exhaustive Search
サブピクセルリファイン:FUll RD
Chroma M.E.:オン
P-フレーム予測の重み:スマート解析


※ Exhaustive Search×FUll RD×IP比率(1.5)×参照フレーム数(3)はセットです。



1-11)7 量子化

量子化最小値:0
量子化最大値:69
量子化最大値(Delta):
IP比率:1.5
PB比率:1.4
彩度QPオフセット:0
輝度量子化のデッドゾーン(Inter):21
輝度量子化のデッドゾーン(Intra):11
AQモード:暗いシーンのバイアスを自動分散
AQ強度:1.0


※ 「暗いシーンのバイアスを自動分散」の暗いシーンとは
  フェードイン・アウト並びに多重撮影された映像のような曖昧な内容にも対応するようです
  ...ただし、癖があるようでして、再度確認の用となりました(必ずしも万能では無いらしい)‥OTL
...



1-11)8 量子化設定

Trellis:常時
Psy-Trellis強度:0.00
Psy-RD強度:0.67
※ 起動用保持や設定保存を開くと0.70に変更されているので注意。
(文章エディター等で、RDStrength=の値を書き換えておこう)

参照フレーム数:

ノイズ減少:0
参照フレームMix:□
CABAC:オン
DCTなし:オン(DCTとは、折角計算した細かい端数値をなかったことにする判断)
Fast P-Skipなし:オン(Fast P-Skipとは、ブルー系の一部数値をなかったことにする判断)
心理的エンハンスなし:□
PSNR算定:□
SSIM算定:□



1-11)9/ビデオユーザビリティ

ビデオ形式:指定なし
カラー優先度:ソースによる
行列係数:ソースによる
伝送特性:ソースによる


 ‥「なし」の場合、なし
 ‥「SMPTE170M」の場合 → SMPTE240M
 ‥「BT.601」の場合 → BT.709
 ‥「BT.709」の場合、BT.709

(きちんとチュックして確認しましょう)


> 今回のレシピで変換された映像は、好逸ダイナミックでの視聴がオススメです


 ‥ソースによっては
 色温度(中)と(中ー高)で、雰囲気ががらっと変わったり、画の雰囲気が異なったりします

 ‥例えば
 ドラゴンボール超での「身勝手の極意」表現です
(ザックリ言えば、発する熱のゆらぎやら反射やら、もやもや表現の見やすさです)

 それが一般的かなと思っていると
 どちらともに変わりばえを発生させないタイトルもあったりなど、思い込みを抱きがちです
 まぁ概ね(中)で良いと思います(情報として、頭に入れておきましょう)



1-11)10/クロップ/プレビュー

##解像度##
幅:720 / 960
高さ:540
スケーリング:双三次スプライン
ディザリング:自動
アスペクト比:オリジナルを保持(4:3 / 16:9)


 ‥クロップ/プレビューには
 Video項目の隣にAudio項目がありますが
 これに音声補正が標準で有効だったりします
 なので気になる方は無効にしておきましょう(サクッと項目削除しておくと以降無効のようです)



1-11)11

> ちなみに、DVDインターレース解除用の一度揚げが


フレームレート:オリジナルを保持
カラーモード:YUV 4:4:4 Planar 24bpp
レート調整モード:品質
品質:16.5‥*444FHDサイズ用途
プロファイル:High 4:4:4
レベル:Level 5.2
表示モード:インターレース解除(TFF)


クロップ/プレビュー
##インターレース解除##
インターレース解除 有効
使用するフィルター:lbav Deinterlace
インターレース解除:リニア混合(多重化)


※プレイヤーレベルで、単純に奇数解除できてしまえるソースの場合
 リニア混合では不適切に思われます


> で、二度揚げを420HDサイズにしたい場合


フレームレート:オリジナルを保持
カラーモード:YUV 4:2:0 Planar 12bpp
レート調整モード:品質
品質:14.0‥HDサイズ用途
プロファイル:High
レベル:Level 4.1 or 4.2
表示モード:プログレッシブ

 ‥というのが、AVCでの適正値に思われます

 ただし、HDサイズへのリップは、
 希に、トーンの詰まりがイレギュラーで発生するのでおすすめしません
 (HEVCだとまた違ってくるように思われますが、わかりません)


*BDのインターレース解除は、確認中です(あしからず)
 DVD参駒アニメのインターレース解除は→こちら



posted by 木田舎滝ゆる里 at 02:30 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。