2019年12月09日

【エンコード日記】究極秘奥義ッDVD参駒アニメ23.976FPS変換(誰か説明してけろ)

↓4)記稿.2019/12/09

> はい、出ました
> DVD参駒アニメ23.976FPS変換の秘奥義


 (まさに魔法、謎、誰か説明してけろ)


 ‥まず一度揚げですが
 従来の発想では、三度揚げを要求してしまうので
 手順を多少端折ることになりました

 「フレームレートの増幅」と「インタレース解除」と「サイズの拡大」を一度でやらかします

 やってみるとすんなりできちゃっていました(うーん、できるんだ、すげー)


> Ibpbpbp(7枚単位)
> Ibbpbbp(7枚単位)

> Ibpbpbpbpbpbp(13枚単位)
> Ibbpbbpbbpbbp(13枚単位)


 ‥↑関係をまず頭に叩き込みましょう
 3駒アニメの中にも、2駒撮りパターンが見られるのでこれは外せません


 ‥29.97FPSの時、7枚単位でうまくやれています、なので
 59.94FPSにして、13枚単位でやるのが良いのではと思い立ちました

(いやぁもはやそれしか選択肢無くなってたし、やらないという向きは無い)
(ちなみに、普通にGOP(13)を用いてもうまくいきません‥でも参駒だから?)


 ‥一度揚げでのGOPの単位を倍にして
 その後から、二度揚げのGOP単位を半分にしようというわけです
 ‥注意すべきは、先読みの指定です
 59.94FPSにした後は、90→180に変えます
 先読み同期も同じように変えておきましょう

(ちなみに、ギャートルズの可変フレームレートだろうとうまくできちゃってます‥な〜ぜ〜)
(きっと‥そもそもが24駒での制作だから‥それ以外の回答など誰もできんだろう‥)


> エンコードレシピの対象は、勿論、「雪凜」です



1-4)1

<< 一度揚げ >>
 フレームレート:59.94
 品質:16.5
 プロファイル:High 4:4:4
 レベル:Level 5.2
 キーフレーム間隔:13
 表示モード:インターレース解除(TFF)

 先読み:90
 先読み同期:90

 インターレース解除 有効
 使用するフィルター:lbav Deinterlace
 インターレース解除:リニア混合(多重化)

 サイズ(1440x1080)



1-4)2

<< 二度揚げ >>
 フレームレート:23.976FPS
 品質:13.0
 プロファイル:High
 レベル:Level 4.1
 プリセット:標準
 キーフレーム間隔:7
 表示モード:プログレッシブ

 先読み:180
 先読み同期:180

 サイズ(720x540)



1-4)3

> まぁここまでやった結果
> 通常通り29.97FPS&キーフレーム間隔(7)に固定のまま‥とのファイル差は
> 8%減の圧縮比に届かない範囲です


 ‥でも、普通に5%の差になると大きいですからまずまずの縮圧縮効果です

 さらに縮小したければ、二度揚げをHEVCでやるのもありです
 444のまま、さらに手堅く10%程度の圧縮を見込めます(4Kテレビが欲しいっす)
 ちなみに、HEVCでのハーフHDに見合った品質は(15)でーす


 ‥ところで、皆さん
 どうして上手くできちゃうのか説明できますか?
 誰も今までこんなフレームレートとGOPの関係を口にした話を聞いたことがないと思います

 「どうしてなんだ」「なぜなんだ?」‥理屈がわからなーい‥



1-4)4

> もう一つついでに注意しておきますと


 サイズを変更せずに、一度揚げのフレームレート変更無しで済ませた場合
 なぜかどうにも、ピンボケた印象に仕上がります
 見た目は悪くないんですけど、DVDと比べちゃうと残念に思うばかりでしょう


 でも、きちんと二度揚げにすると、その怪しいピンボケ感が取れちゃっているんです


 ‥こちらの説明は
 つまり、インターレース解除の時にボケちゃってるんですな
 まぁそれが、多重化解除方法でのネックとされる点だからでもあるようです

 それを拡大することで、ボケる分を拡大したすき間に挟み込み、緩和させて
 元のピクセルの品質を維持しているように思われます


 ‥そこはやはり二度揚げですから
 外はカリッと、中はフワッとに、仕上がる風ということのようでーす



posted by 木田舎滝ゆる里 at 00:08 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。