2019年12月31日

【エンコード日記】ref=4とref=3の差のそこんところ

改稿.2020/01/01...20191231...

 ‥そもそもは、IP=1.5,PB=1.4と言う物好きからref=3とした物好きだったわけですが
 それもこれも、ぼかし表現の都合だったわけですが

 もはやIP=1.4,PB=1.3のデフォルトに戻ったと言うことで
 ref=3も怪しくなり、ref=4でやってみたところ問題無いどころか、むしろ動きに無理が出にくい
 又、deblock=1:0:0のデフォルトに戻してます

ただし、インターレース解除では、deblock=1:-2:0を得ています
(そもそものdeblock=1:-1:0は、ハーフHDサイズ絡みだったので、FHDサイズには合わない)
(インターレース解除用途だろうと、ビットレートを上げていくと、イレギュラーな展開になる)


 ‥それだけ
 GOP(M=1,N=7)とP4x4の効きが、もどかしい調整を相殺しちまったように思います
 あと、先読みのソース側フレームレートの3倍秒値がなかなか不思議と決めてきます


> ところが、ここにきてCRF値(品質)とした基準というのが実は当てにならない
> と言う結論に至っています


 ‥そもそもはBD-tsをHD品質のFHDサイズにするにしても
 単純に、ビットレート容量、2.25分の1として考えるべきでしょう

 (逐一コマだし拡大して見比べてみるとそう思わざるを得ず)

 6GBなら2.666GB程度の再圧縮が適当に思われますが
 その程度で納得などできないので、さらに9:8にして、2.37GB辺りでしょう

 (これは、再エンコードした場合の許容できる質の低下を9:8ぐらいに見立てています)
 (音声で言えば、576と512の差みたいなモノです)


 ‥そこからさらに欲張ると
 もはやそれは、DVD品質にまで落とし込んだFHDサイズという代物になってきます

 なんかこう‥どうにも無駄な好奇心にトライしちまっていた感が強いらしい



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:05 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。