2020年01月28日

【エンコード日記】AQ強度(1.1)で、インターレース解除ぼけを排除できちゃう件

記稿.2020/01/28

> 720p勝手の極意で、全体の輪郭とぼかしの程度を調整できちゃうことから
> またまた思いついてしまいました
> インターレース解除でぼけちゃうなら、その分を絞れば良いじゃん


 ‥つまり、AQ強度に注目っす
 基準の1より小さくすると輪郭がボケ、大きくすると輪郭のエッジが濃くなる
 だから、(1.1)に寄せるとなると、これまでとは逆に、高い値のCRF値を盛ることになる

 ‥ちょこっとやってみると
 BD-tsとDVD-MOVのインターレース&プログレッシブの足並みをそろえて
 CRF(18.3),qcomp(0.61)の奇数ポイント61に落ち着くらしい


> ついでにいうと、参照フレーム数の方も足並みを揃えて(4)で落ち着くらしい


 ‥謎だった参照フレーム数の正体だが
 なにやら、重み付けをする時に求められる参照枚数の距離らしい
 一枚だと圧縮効率が上がらないから、「何枚にしますか?」って項目だった

 ‥通常のデコード用途の枚数とは関係が無かった
 そこは、Bフレームなら前後のPフレームの参照で2枚(BピラミッドONなら3枚)
 Pフレームなら、直前のIフレームないしPフレームの一枚ってルールに変わりは無いらしい


 ということは


 ‥ref(4)の場合、間に、重み付けが絡んだ駒があると
 PとPの間のBフレームは、3枚までとした制限が有るのだろう
 だから、Bフレーム4枚をやらかすケースをほとんど見かけないとかなんとか‥
 (ぱっと見そんな感じだからそう思うわけだが、詳しくは知らん)

 逆に言えば、重み付けのあるBフレームは前後のBフレームを参照しつつ圧縮していることになる
 正確には、Bフレームに成り変わる前の駒(映像)からのすり合わせになるわけだが
 そう考えると、デコード時には参照するのはPフレームだけであり
 Pフレームに施された重み付けからの予測に沿うようにBフレームに割り振られる話になる

 (随分と器用な事やってるんだな)

(まぁならあれだ、動きの焦点が合ってないPフレームを選んでたらアウトだろう)
(諸々の項目からの数値構成の結果、選ばれるIフレームからして変わっちゃうんだからな)
(フェード表現が主体と言うことらしいが、今時の複雑なぼかし表現も引っ掛かっていそう)
(なにしろ部分的にフェードを繰り返しちゃってる動きだからな、機械的に反応しないわけが無い)
(重み付けの%はAviUtlで算出できるから、多かったらそういう事だと思う)


> ‥というところで話を戻すと


 このAQ強度(1.1)にすると、なぜかエンコードが速くなる(へぇ☆ほうなの?)
 焦点合わせる為にcrf値を高くせざるを得ないから、問答無用でファイルサイズ小さくなる

 気分はどうしたって「TRANS-AM」になる〜(25%程度も速くなるなんて‥信じられん)


 ‥(くくく)トランザムっとかなんとか、叫びながらエンコードするのも悪くねぇ
 これはもう、調べなぁならん案件でーす


> ちなみに、BDインターレース解除のFHDサイズ出しでも、ぼけが無くなるっす
> でもまぁ二重化ゆえの重ね合わせから生ずる色合いの変化までは、DVDともども除けません



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:41 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。