2020年02月17日

【エンコード日記】「CRF値=qcomp値×10×3」の見立てが誤っていた件

記稿.2020/02/17

> ‥「CRF値=qcomp値×10×3」の見立てがお門違いでした
> 勘違いを掲載してしまい、誠に申し訳ございませんでした。m(_ _)m


 ‥ちなみに、qcompを0側に寄せるほどに、エッジ感が下がり平板さが大きくなっていきます
 なので、ガッチリした格子絵図にしたければ
 qcomp(1.0)側に寄せれば良いことになります

 ‥アニメのドット画風がすべてに当てはまるかというと決してそうでは無く
 あくまで実験的な用途と言うことになりますが
 それっぽい感じの数値の作品もあるようです

 ‥又、それだけのドットを利かすには
 I4x4、P4x4、psy_rd(1.00:1.00)等の構成も鑑みる用が出てきます


> ということで、気が付いちゃいました
> qcompの値は、縦解像度とqpstep値に絡んでいるらしい


 1080p‥qpstep(4)‥qcomp(0.63)
  720p‥qpstep(6)‥qcomp(0.56)
  540p‥qpstep(8)‥qcomp(0.51)
  480p‥qpstep(9)‥qcomp(0.50)


 ‥現在確認中‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:14 | Comment(0) | 黄岐の果ての黄嶺 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。