2020年03月23日

【妄想】五輪成り行きどさくさ解散をしなくても好い解釈

記稿.2020/03/23

> 世界の2020東京五輪解釈は、中止か延期、もはや通常は100%無理だという
>(選手選定をまだ終えられていない国家が多いからだそうだ)


 ‥自民党内でのポスト安倍争いは
 コロナ不況を引き受けたくないので、安倍の4選もやむなしムード

 五輪一年延期なら、自民党としては
 どうせ延期ならこの夏の間に選挙をやらかしたい

 そうしないと、五輪延期後すぐ秋の総選挙では
 延期五輪の雲行き次第では、大失態の印象を拭いきれないままでの突入は避けられそうにない
 それでなくてもコロナの成り行き次第では、政権支持の雲行きはさらに怪しくなる
 傷口の浅い印象でどうにか首を繋げて置きたい所だろう

(夏場の選挙なら、まずまず集団感染しちゃっていたとしてもすぐには発症しないだろう)
(年内の冬までには適当な治療薬の目星が立つかもしれない‥もしくは現状よりはマシだろう)
(そして、投票率が低迷のままなら負けるわけが無い‥とかなんとか)


> しかし、現段階で選挙にカネを使うぐらいなら、生活保障に回すべきが筋である


 ‥そこを嫌えば、五輪の延期宣言は二度あるかも知れない
 安倍晋三としても、中途に選挙リスクは負いたくないし
 逮捕劇を避けられるなら、延期の延期もありきで考えるだろう


> 今や東京五輪のテーマは
> 安倍総理のわがままから「ウイルス克服による人類の勝利宣言記念祭」にすり替えられつつある
> それなら、それに沿うように、一年の様子見でダメなら、二年延期もありうるだろう
> (次の開催地だって、この世界的な低迷経済では準備どころでは無いはずだ)


 ‥すると、自民党は
 今年のコロナ対応を果実に、来年の選挙を乗り切るきっかけを得る算段とするべきになる


 (さてさてどうなることやら)


 ‥10万円給付に、消費税減税がささやかれているが
 国家の財布の元締めに座ってるのが、怒怒怒級ケチの麻生太郎だからなあ
 安倍総理としても、消費税減税を取り下げては、組織への功績がリセットされちまうわけで
 組織への顔向けが立たなくなる弱みに成りかねない

 しかしまぁ、こげな入れ知恵を小耳に挟んでは
 やらざるを得ない → やるべきの空気にはなるだろう

 逆さに見れば、ツートップが「損して得を取る」思考をするかどうかということであり

 それすらもできないツートップなんか「要らねぇ」判断材料にもなる(無論、自民党内で)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:58 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。