2020年03月23日

【妄想】抗コロナ戦争の本質がどうにもエグい

↓3)記稿.2020/03/23

> 出回っている情報からの印象は、米国VS.中国
> しかし浮かび上がるそれら中身の構図は、投資&経営群国家VS.労働組合群国家
> だがその実態は、世界大戦要望派VS.世界大戦回避離脱派


 ‥陰謀論でささやかれている情報を並べていくと
 世界大戦要望派の残党国家は、フランス×ドイツ×イタリア×自民党×イスラエル
 とかなんとかと言われている

 ‥兵器のパーツと日用品の多くを今や外注している連中が
 大真面目に世界大戦をやらかそうとしているのは、実に滑稽なのだが
 それにそそのかされかねない成り行きはもっと滑稽だったりする


 ‥そこはさておき
 今や「イタリア」は、新型コロナウイルスの激震地
 「ん?」どういうこと???


 ‥つまり色々と偽装工作の手の込んだウイルスバラマキ劇場なのだろうなあ
 その狙いは、戦争に突入する上で欠かせない戦力&陣容&ノウハウを
 問答無用で葬ろうという魂胆だろうなあ

 そうだとすると
 ウイルスには潜伏期間があるのでは無く、世代寿命に限度を設けてあるとか何とか‥
 簡単に死滅しきるというわけでも無く、どこかでバラマキ直しているとも想定可能だろう
(ウイルスそのものだとリスクが高くなりがちなので、活性剤若しくは風土気象とか)

 そうだとすると
 御門資金でやらかそうと考えられている内容は、噂されてる資本枠より相当にエグい

 地球の緑化に欠かせないのは、まずリスク工場の操業停止
 それを動かしている元締めの勢力停止
(普通の話し合いの段階はもはや決裂しているので、最終手段に至ったのだろうなあ)


 ‥つまり、大戦回避に同調しない国家への
 国民がいなくなっては、戦争そのものが不能と化する直接的な制裁
 & ついでとばかりに すべての国家への均等な配分は不可能だから文化圏のサイズ縮小
 放っておけば勝手に緑化してくれるなら助かる大作戦

 ‥つまり、武漢は囮(世界に物資調達を無理と思わせる上で欠かせない画策)
 韓国は本丸、普通にやらかしていては半島の合併なんかありえないので
 ウイルス淘汰による国民減の果ての南北合併大作戦

(でも勢い余って両方消えてくれれば有り難いのが本音かも知れないが、さてさてどうだろう)
(やつらはマジでイスラエルの代替国家をやらかす気で居るのだろう)
(蝗害が北朝鮮まで伸びると偉いことになる‥南下して‥対馬を越えようなら神風だろうなあ)



1-3)1

> なので、欧州域と朝鮮半島からは離脱しておくのが賢明っす
> ちなみに、もはや難民と化するだろう欧州の大衆は、ロシアルートにしか逃げられない


 (どこも国境封鎖でそれも怪しいのだが‥誘導は有り得るだろう)

 トルコルートはすでに、ISやらイナゴやらに廃墟&砂漠化されちまっていて
 飛行機でも用意しない限り越えられそうにない雲行き100%だろう

 フランスルートからイギリスに渡るのはどうかというと
 (戦略的意図的)EU離脱によるゴタゴタも重なり、民族的にも神経質になっている

(今やフランスを支えているのは自民党、圧がゆるいとヤバいのでトランプが吹っ掛けているっぽ)
(そのトランプが調子に乗るのもヤバいので、意味不明に見えている)

 フランスは、傭兵部隊歓迎国家なので、難民を受け入れる振りをして戦力に仕立てるか
 労役に利用するかぐらいにしか考えていないだろう
 ということで、ロシアかフランスかの二択で、どちらも難民(労力)が欲しいということらしい

 (脱出ルートを誤ると巻き込まれちまいまーす‥それはかつてのシベリア抑留の再現かもしれない)
 (まぁどちらかというとロシアルートの方が、一次避難としてはまだマシに思われる)

 

 ‥なぜなら、ロシアは、御門資金の割り当てを約束されている国家だからである
 (権利を取り上げられたくないから、無茶はやらかさないだろう)
 (だから相当に頑張れば市民権を得られるお約束路線が待ってるんだろうぜっ)

 ちなみに名を連ねている御門資金該当国家は、日本、米国、英国、ロシア
 この4ヶ国にのみ主だった割り当てが約束されているらしい
 他の国への割り当ては、成り行きに思われる

 (中国は英国と組んでいるので、資本主義調達を存分にやらかす雲行きに思われる)
 (東南アジアへの配分は日本の後だろう)

 ‥では、インド、アフリカ、南米はどうだろうか?
 英国との絡みにある国家群は温存されるだろうが、そうでない場合は
 自力での自営的脱出が推奨されているように思われる

(そのようにザルに目の粗さを設けておかないと、保護団体権益が納得しないからだろう)

 米国でフェンスを設けるとか設けないとかトランプ大統領が騒いでいたのは
 これの国境越えをどうするか?というシナリオに反対意見があったということだろう
 (実際のところは、簡易なフェンス程度でしか進めていないらしい)



1-3)2

> 結局は、第三次大戦の発動と変わらにゃーいz
> でもまぁ戦争とは明らかに空気に差はあるだろう


 ‥戦争を通じて学んだことは民族の団結(同国民への不良品の提供なんざ有り得ない文化色)
 巻き込まれただけの韓国と中国にそのような文化圏は誕生しなかった
 それは当然、インドもアフリカも南米もその他諸々も同じく不徹底なままだ
 むしろ、嘘もハッタリも戦略の内だと思っているワルなエリートが多すぎる


 ‥世界が抗コロナ戦争で、きちんとした製品を提供する意識に目覚めるかどうかだろう
 (まぁそういう事だろうなあと思わざるを得ない)

 そしてそれはつまり

 資本主義に意味はあるのかという経過を問い掛けはじめるきっかけにもなるはずだが
 そこまでの予定は未だされちゃいないらしい‥(目覚めないことには始まらない)
 目覚めて気運が高まればこそ、流れもやって来るということだろう(それが劇場の辻褄だ)


> なので、世界中の国家がやらかす緊急的にばらまかれる生活給付の財源は「徳政令」
> それに気が付いている国家からガンガンに給付に挑むことになる
> 徳政令だけは、各国共通で全世界的同時に
> 公債から個人までの借金をリセットする内訳だ
> 一度切りとした意味をよくよく噛みしめてみればそれ以外に解釈のしようがない


 ‥ここまでエグいとは、開いた口がふさがらねぇ
 ‥なので
 「真面目な優等生ほど、是の意味がわかっちゃいないらしい」
 「命こそ通貨」とか何とか‥なんて言うと角が立つからな、誰も口にしたりしない
 それ以前の間引きキャンペーンありき含みなら(敢えて言うわけねぇ)

 でも、カネは発行できても日用品と食糧は生産しないとダメだから

 輸送距離の長いところから先に命を縮めることになるのは、問うまでもない
 (中国からの物資任せだった国家群から、明滅が濃くなるシナリオだ)



1-3)3

> では問おう、株式は借金か?
> 先物相場の底値を買い漁る意味とは?


 ‥奴らの事だから、その辺でごねるというか裏技発言を噛ましてくるはずだ

(金価格まで下げ相場である意味を吟味すれば問うまでもない)
(今儲ける必要は無い、すべては徳政令ありきの利権狙いに思われる)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 23:30 | Comment(0) | 日記/2020 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。