2020年05月14日

【考察】「安定」=「不自由」と見るべき見解

↓1)記稿.2020/05/14

 ‥「安定」と「不自由」は似ている
 私たち人類は、奴隷制度とやらに敏感でよく比較する。
 結果、「自由」に洗脳されてしまっている。

 しかし、良く考えてみよう。

 労働解放と言ったって、労働は必要だ。
 労働ができないことで途端に退屈しているのがコロナ禍での実際だ。

 だから、私たちが欲してたのは、「自由」に非ず「安定」だった。
 その「安定」を得る為の話し合える「公平」だった。

 その「公平」を効率よく手っ取り早くエリートに期待してしまったのが人類の澱だ。
 そのエリートらがしていることと言えば、分け前の独占だ。
 能力が有るからより多く貰えると言い倒し、挙げ句の果てにやらかしてるのがイス取りゲームだ。
 だがそれも実態を曝けば、王族たちによる使役の在り方にほかならなかった。


> 私たちの誰がお家主義を否定できるというのだろうか?


 ‥天国の門に入るにしたってそうだ
 天国とは即ち、お家主義の総本山のような立ち位置だ。
 天国に入るにも、天国のルールに従わなければならない。


> して、天使らはエリートだろうか?
> もとい‥エリートらは天使たるに相応しい手本だったろうか?


 ‥宗教任せ脳だった人類は、まんまとその罠に嵌まった
 神とて「考える葦」だったということで、ドジもあればズルもある
 勝負手もかませば、ポカもやらかす存在だった。
 ならば、地上のエリート如きはどうだろうか?(無論、遠く足もとに及ぶまい)

 その程度だ。ならばどうするべきだったのか?

 ‥よりミスを減らす為の話し合いこそが課題だった
 それをエリートらは、「自由」を「競争」に履き違えて先導してきた。


 リーダーに必要な能力とは、まず周りの話を盛らさずにそらさずに聞く姿勢だ。
 何の為にそれをやるべきかと言えば、それが公平とした心掛けの始まりだからだ。
 ならばその点において、「見通せる能力」はチートだろう。

 だが、エリートの求める才能とやらはそうではない。
 まず、如何にして丸め込めるかとした話術だ。
 それも如何にして上手に責任転嫁できるかとした才覚だ。
 それがそもそもの競争社会での処世術になっている。

 ‥そこには、私たち人類の呆れた回答があるばかりだろう‥


> 誰がどう見たってそれは悪魔の所業だ、天使としてあるべき姿には映らない



1-1)1

 だが所詮、集団生活にルールは欠かせまい
 空気を読めと言ったて、そんなのは少数精鋭に限定される思考だ。
 誰もが器用になんて‥何十億規模の存在を前にそれぞれの空気を読めているわけが無い。


> ならばこそ、「見通せる能力」はチートだろう


 人類の宗教が‥神に何を期待してきたかと言えば、それに尽きる。
 農耕社会なら豊作になるように 
 科学の社会ならより安定した暮らしができるように
 それ以上でも以下でもなかった。

 それを得るのに
 「資本」か「共産」かのどちらかを選ばないとうまく行かないとした思考に、もはや用は無い。

 ‥腹を割って話し合うことをしないなら、それらははじめから本末転倒だ
 資本主義にしたって共産主義にしたって、トップダウンを偉そうに主張する。
 危機対応としての即決ならまだしも、日々日常からしてそれだ。
 話し合う姿勢なんて微塵足りも伺えない。

 そこにあるのは平和では無かった、不安定がもたげるばかりだった。

 それの姿は、不安定から逃れる為の知恵比べをしている平和ごっこだった。
 私たちはなにも‥生涯を通じて死ぬまで知恵比べをしたいわけではない。
 多くは、穏やかに暮らしたいだけのはずだ。

(そこに辿り着くまでには、頑張ってみるのもありかもね‥としていた程度だった)


 ‥なのに、今や「穏やかさ」は「退屈さ」とばかりに思い込まされている
 それが消費を回し合わないと生きていけない世の中の仕組みだ。
 科学を公平に分かち合うこと無く、保守防衛に振り向ける
 それの偏りが、益々以てお家とエリートによる独占を促すばかりだろう。


> 暮らしに安定をもたらせない科学など欺瞞なだけである


 ‥だが、科学をどう扱うかはそれこそ自由だ
 常在戦場と化して、日々を脅かし、不安定さゆえに恐怖を煽るように仕向けることもできる。

 コロナ禍をそれの象徴に捉えるなら
 コロナ禍以前のような常態化を「自由」だったと思わざるを得ないのも又裏返しだろう。

 それでも‥「自由」だったのでは無い、「不安定」だった。
 「不安定」がゆえに「自由」にやらざるを得ない状況だった。


> ならばそこに、天国の門が開いたとしてどうする?


 天国の門に入る為のルールをどう捉えるかである。
 以前のような形での自由など無い。
 あるとすれば、天国での暮らしをする上でのルール(不自由)だ。
 なにゆえにそこに守らざるを得ないルールがもたらされるのかと言えば、「安定」ゆえである。

 「恐怖」ゆえに「自由」があった頃とは、確かに何かは違っていて然るべき流れだ。


 ‥然れど、恐怖も又「空気」だった
 天国には天国のルールがあるとした向きも「空気」でしかない‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:04 | Comment(0) | 科特隊どころか無理だからウルトラ経済大作戦 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。