2021年08月03日

【再エンコード】bt709とbt601とでノウハウが違うらしい

記稿.2021/08/03

> JPEG画像をWebPに再圧縮する際、ソースが420非可逆だった場合は、色劣化をやらかす
> ということで可逆圧縮ソースJPEGに無いとWebpでも用を満たさないと言う点に疑問を持った


 ‥ちなみにWebpのそれは、VP8機能を静止画に利用している
(420非可逆でも、色増化編集して444に見せかけてからWebP化すると、色劣化しない)

 つまり

 BDts映像をどんなに420→420でやっても、同じ色規格内解像度ならグデグデありきだ
 ところが、色規格を下げるとグデグデの程度が色規格程度に緩和されて良い塩梅に見えるらしい

 ‥さらに、1024×576に変換する際のいろいろとしたノウハウのまま
 720p&1080pに取り組んでみても
 動きの関係から間引きされる箇所は、決まって間引きされてしまう


 ‥この二つの傾向から察するに、同じ色規格内での解像度の場合(再エンコード時)
 444でやらざるを得ず、さらには10ビット化を要求するくさい
 そうしないと、同じ色規格内での解像度再エンコードは、細かいところ程激しく異なってくる


> とくに可変ビットレート値は、ピクセルが増えていることから
> (89)では間に合っていないらしく、(100)でやるのが良いらしい


 ‥もっとも(100)になると
 (1)と分解の割合が100等分で、計算値に大きな差が無いので見た目の印象はさほど変わらない

 ‥それよりも、CRF値の多すぎ少なすぎの方の影響が大きい
 くしくも、同じように間引かれてどうしようもないとしたポイントが適切らしく
 それは、1024×576でのノウハウと同質にあるようだ

 つまり、1920×1080(24フレーム)なら
 10÷1.024=9.765625
 1280×720(24フレーム)なら
 10÷1.024÷1.5=6.5104166

(確認しておくと、こんなことになっているのもqpmin(10)×CRFにあるからだ)


> それにしても多少重いらしく
> 断片化してるとシーク感覚でグデグデやらかす(エンコ後のデフラグ必須)
> デフラグしてダメならスペック不足(AVC-Qの甲斐がねぇ)‥VLCの444時仕様くさいかと‥


 それにしても色が濃ゆい、つまりこれがBT.709だったということか‥
 やっぱ、こっから先は、大画面に無いと1080サイズ確認に意味ねぇってか‥



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:19 | Comment(0) | AVC-Q | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。