2024年02月29日

【ジビエ道具アイデア】なめし道具「二枚刃せん刀」を製造すべし

記稿.2024/02/29

> 櫛の歯のような一枚刃群
> 一枚刃で浮きだった脂肪を一気に削ぐ二枚刃群


 とした構造を「せん刀」に取り入れれば「せん打ち」作業が捗るにちがいにない
 (とはいえ、ひげそりでもそうだけど、一枚刃が詰まると効率は落ちる)
 (脂ともなると尚更なので、其れの工夫次第で差が付くだろう)


 ‥今の時代なら、チョイのチョイで設計ぐらいできるはず
 期待通りにうまく機能すれば、需要は今や世界から来る〜‥みたいな


> それにしても


 ジビエ音頭を掲げても尚、活用部位の割合は1割で、多くはゴミと化するらしい
 (罠ガールでの説明は、口を濁した内容くさいのでどうなっているかはまるで分からん)
 そういう意味では、始めチョロチョロ中パッパの皮算用をしねぇと痛い目をみそうだz


> それにしても


 ‥「脱脂洗浄」の次にやる「なめし液漬け込み」作業が大量生産の名残に見えるz
 その名を「ミョウバン」と呼ぶ
 (ミョウバンそのものはローマ時代からあったという話‥)

 ミョウバンと冷蔵庫の無い時代はどうやっていたんでしょうね?(とくに日本事情)

 弓矢で狩りをする時代と鉄砲で狩りをする時代では、なめし作業の数もかなり違ってくる
 脱脂洗浄から乾燥までの工程は時代により大分異なっていそうだz

 (異世界ならそりゃもう魔法でしょう‥みたいな)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 13:44 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。