2024年06月18日

【ボケて痛っ】世界すべて幻ならば、そこには{作家性vsプレイヤー性}があるのみ

3)記稿.2024/06/18

> 死んだらそれまで‥ならば、この世のすべては幻も同然であろう
> 死後があろうとも、この世界から離れてしまうばかりなら、幻も同然にならん
> ‥などとお堅く考えずに、ザックリこう考えよう


 ‥この世界はゲーム世界のように幻そのものなのだから、何をやらかしても自由として良し
 そうであれば、そこには、私とした世界のプレイの仕方の問題性・課題性があるのみにならん
 罪の意識に苛む必要も無いし、自己満でも十分にあろう
 汝のすべての不満足に対しては、トライアンドエラーで事に当たれば良し

 とした基本理念(創造性)に基づいた方針があったとしよう

 貴方の世界に居る諸々の者らが、モブ然として同時多数的に存在するにせよ、そちらも全部幻
 もとい、幻覚魔法のような術のなれの果ての如きで成り立つヘンテコな世界としても筋違いに無し
 「私、死んだはずなのに生きている‥」なんてオチなら‥どうしたってそれに近い‥

 (但し、お互いに死んだはず同士がまんま隣り合っていたら、そりゃまぁ解釈も変わるどえす)

 とはいえ、その世界にはその世界のテーマがあるのだから
 そのスタート開始からどのように位置づけてプレイするかは、それこそプレイヤー次第どえす


> 誰だってゲーム世界をプレイしてみたくなる動機としてはそんな感じだし
> そう思ってみた段階程度で、罪に問われることもなし


 ‥そのような思考の選択×自由を謳歌して好いなら
 それこそそこには、貴方の趣向、貴方の望みを叶えるためのし甲斐があるに違いない

 そしてそれは、貴方の創造性とした反影であり、貴方自身の望んだ人格の為し得る所とならん
  ならばつまり、貴方が貴方と思い込んでいるそのアイデンティティーやら至福感にした所で
  人格製造器としたゲームに参加しているだけなのだ


> 最終的に私なる者が欲すべきは、創造せしめるべきは、これぞ私なりとした「人格」どえす



1-3)1

> ‥アレができたら良いなと思ったとして、為せる裏側にある「人格」とは何か?‥なのどえす
> でも、誰しも事を為せる人格には無頓着で、結論的なあるあるパターンに留まるばかりどえむ


 ‥例えば、この世界に神なんて居ねぇ、ルール無用、バレなきゃ好い、強ければ手に入れられる
 としか考えないのならば、其を「獣」とした判定の元に分類する輩がいたとて不思議なし

 ‥例えば、家畜動物を扱うが如く
 人を飼いならすように振る舞ったとて、其を「奴隷」と呼ぶも「人権」と呼ぶのもその者ら次第だ
 人材集めを、道具収集か何かのようにしか考えていないなら‥そういう流れにならん


 (人類とした計画それ自体が、人間=特定目的とした道具だったくせぇ)
 (で、道具の自動化をどうするかで、てめえ自身で理解×判断×調整させよう案になっとるくせぇ)


 ‥世の中の諸々を
 味わい尽くすことが全てなのだと、お徳お得お説くを味わってこそなのだと思うなら
 そりゃまぁ贅沢三昧とした名のチャーム魔法に入り浸るのもありだろう

 ‥そうではなく、ただただ七難八苦にプレイしてみたいなら
 難易度の高そうな人生を試してみるのもありだろう

 ‥そうではなく、世の為人の為を信条に、暮らしやすさを追求してみたい中流願望もありだろう

 ‥そうではなく、もう何もやらずに、見ているだけで十分です‥とかなんとか


> 兎にも角にも、そこにあるのはプレイヤー性だけなのだ
> 是はゲームだからとして、別人格をやらかしているつもりの貴方なのだ
> 観察せる者が居たとして「其は誰の意図か?」と問うたなら、他ならぬ汝らの好奇なのだ


 ‥そして、世界を創造した側が
 観察せる者の目的が、「人」か「獣」かとした選別にあるにせよ
 己のやらかしていることに対して、どう思って、どう折り返したのかまでをチェックしてこそだ

 ならば、その折り返しとした反応をどこまで引き延ばして経過観察するかが重要にならん

 何はともあれ、自由にやれば良きゲームとして始まるのだから
 そのスタートとした立ち位置の自由選択を以て、善悪を決め付けてしまっては
 世界観もテーマも糞も無し(その役柄とした立場に立ってみて、始めて理解することもあろう)



1-3)2

> 黒船以降、資本とした名の下に、自然からの搾取は勝手自由とした風潮になって
> さらに戦後昭和にはそれが加速的に陥り、ブレーキの利かせ方をしらない世界に出来上がった
> そこまでが‥なんらか意図による作家性の発揮時期だったとして、その後どうする?


 ‥気が付きゃ、地球環境は行き詰まりを見せ
 兎にも角にも、すごし辛い気象変化に見舞われており、プラゴミ諸々汚染禍とした海に陥っており
 過当競争がすぎて、誰しも子孫繁栄なんて声高にしなくなりましたん

 とかなんとか、これまで通りとしたわけにも行かないとして具体的に何をしているのか?

  誰も見てないし、そんな事は些細なことだし、きっと技術開発で解決するに違いないとして
  其が憶測×依存だろうと「まぁいいや」としたポーズを繰り返す姿に、評価もクソもねぇ‥

  というのは、なんとなく解るも‥誰しも朧×そぞろのままだったりとせん


  ‥どうすれば善とか、なんであれば悪とか、その手の都合絡みなゴネはどうでも良いのだ
  兎にも角にも、貴方自身に変化が訪れなかったなら、変化を内に宣言しなかったなら
  その評価は「獣」寄りというだけのことなのだろう

  (都落ちを拒む吸い上げ機構側勢力とさしたる差も無しとして、区分されるのだ)


> もっとも、その手の勝手気ままが私ですからと宣言してあるのなら、何ら恥じる必要なし
> プレイヤー性の部類分けとは又違って、性能たるパフォーマンスに、評価が移るだろう
> (もっとも貴方が、その手の分野において注目に値するほどの何かを示せる立場にあるのなら‥)



1-3)3

> ‥中には、プレイヤー性を放棄して、作家性に目覚めてしまうケースも有らん


 それは、その世界観のこれこれこれが気にくわんとした抗議だ
 だがしかし、反対意見を愚痴の如く吐いて捨てるだけでは、誰も感心を示さない(ここ重要)

 それこそ世界の細かきに興味関心を抱いて調べ尽くせり‥もとい、我が身に体験せしめた後に
 「これこれこうした方が善いと思います」した意見を述べるべきにあらん

 とはいえ、最終的には、「じゃ、頑張って」としか言われんだろう
 (所詮は、プレイヤー側の扱いどえす)


> 「所詮はプレイヤー‥」なのだと‥てめえに諦め込んで背負ってる内は、まだまだなのら‥orz
> 「すべて幻」として定義しようと、人格製造器としたゲーム世界に入り浸る以上
> トライアンドエラーやらかして見せなぁアイデンティティーの獲得とした賞賛に価せず


 ‥なんとなく死後があるらしい、なら、なんとなく頑張って、なんとなく死ぬのもありかもね
 としているだけではゴミなのだ!‥だってそんなプレイ観察なんてそれこそ欠伸なだけでしょ‥

 (まぁ中には、その手の諸々を束ねて、これこれこんなんやりたいです‥みたいな輩も登場せん)
 (だが其を持ちつ持たれつとしてのみに思い込んでいては、喰われ役上等にしか見えてこん)
 (プレイヤー性上等とした側の思惑ほど、無秩序的に何でもありになりかねないのだからな)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 16:06 | Comment(0) | 日記/2024 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。