2024年06月20日

【エンコード日記】アスペクト比:1.363636‥からのシン・全部盛り??

記稿.2024/06/20

> BDの480サイズ(4:3)には、480p(≒30p)と480i(≒30i)が存在する
> さらに、そのアスペクト比(クロップ表示)には、1.333333と1.363636が存在する(謎)


 ‥どうしてそうなるのか?
 よく解らずも、パンのカク付きを無くすのに効果的なアスぺクト比を
 「1472×1080」から1.36296296296‥とした

  (結果‥「アルプスの少女ハイジ」OPの壮絶なるガコガコパンに絶大な改善をもたらし)
  (諸々手持ちソースに潜む、パン動作時にお約束だったカク付きを改善せしめたり‥)
  (720×480(4:3)とした全部盛りの際には、悪くない選択支を得た)


 ‥でもどうして「1.363636」なのか、ちょっと思い出しお復習いして見ると
 960÷704=1.363636‥‥(これとした算出以外にありえず)

 「え?」‥じゃなに‥1.363636とした表示が出る奴は
 解像度(720)からのダウンコンになるわけ??(ワケガワカラン)

  1.36296296296‥と較べると、1.363636としても似ているのだから
  二択の結果のそれだというのだろうか??‥
  それで考えられるとしたら、当時のパソコンの解像度がその程度だったから
  「1.363636」の方の馴染み具合の良さうんぬんとした理由になってくるz
  元々の合成レベルの解像度がその程度だったから、現場で考慮した結果
  ‥と言う奴なのだろうか?


> そう考えると、パソコンの無かった時代のセルアニメ(4:3)作品の1.333333の時のみ
> 「1.36296296296‥‥」とした方が良さげだな‥そういう見方にもなるのだが‥


 DVD(4:3)も含めて全部盛りのまま
 カスタム(1.363636)を打ち込むと
 アスペクト誤差:-2.2727‥を得る(オリジナル=1.363636なら誤差0)


 (所謂、端をカットすると表示される値どえす‥あれ〜‥完全に見落としてたj‥orz)


 お約束な毎度のサンプルからの比較でも良好だ‥というより
 むしろ完璧だ‥ソースの動きを余すこと無く追随しているとしか思えない‥
 その上で、パン動作のカク付きをも解消せり‥‥もしかしたら「1.363636」が正解かも‥‥

  取りあえず、ド本命の「アルプスの少女ハイジ」を出して見なぁなんとも言えん
  ソースがオープンGOPだと、途中で切っての一時出し等が無理なのでとても手間‥‥


|霧晴れて時代をつむぐ鐘の音 繋げる変化と私の気づき


 霧も晴れると、霧中の時とは打って変わって、気が付かんかったことが見えてくゆう
 (そういう時代ですよ、ほんとにもう、気になったなら直ぐにも疑ってチェックしよう!)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 21:25 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。