2024年06月21日

【エンコード日記】シン全部盛り(不採用解像度にされし数値??)

↓1)記稿.2024/06/21

> 爆速にてDVD「アルプスの少女ハイジ」のシンQ郎版エンコードを終えた
> 5〜6倍比ぐらいハエェエエ(720×480)
> 始めからsubme(7)にしときゃ良かったのだろうか??‥(人生塞翁が馬)


 ‥ちなみに、XMediaRecodeは、AMDのハードウェアエンコードに対応している
 AMDのグラボを挿し込んであると自動で↓二つの選択欄が降りてくる
  コーデック:MPEG-4 AVC/H.264(AMD AMF)
       :HEVC/H.265(AMD AMF)

 (HEVCの方には対応していないグラボでも‥そっちも表示してしまっていいんかい??)
 (CPUとの掛け合わせ計算なので、部分的に代用させるのでかまわないとか???)

 ‥ある程度のビットレートを盛れば、出来上がり画質の方は悪くなさそうだが
  どうにも、キーの入り方が好かん、そのせいか、動き方も好かん
  (そこはHEVCにしてやらかせば無視できそうかな??‥HEVCは其処までの器用さに無ぇし‥)
  (AVCはレシプロ機、HEVCはジェット機‥肉体駆使して乗りこなしたいのはレシプロまで‥)


> ‥で、アスペクト比(1.363636)打ちの件なのだが
> (1.36296296296‥)と同じくガコガコパンをサクッと改善せりと思いきや


 ‥予想していたセルアニメ手作業ビギナーとベテランとの差がよりクッキリと明らかに
  第一話での諸々パン‥かくっかくっ‥は、まぁしょうがねぇらしい(或る意味の当然さ)
  (1.36296296296‥)の方が、通常パン動作には強げにあるっぽいが
  第三話360度怒パンを過去比較するに‥(1.363636)の方が全体バランスが良い


 ‥で、計算してみた

 704×1.363636‥=960
 720÷1.363636‥=528
 704÷528=1.333333‥(まさに有効画面としてのドンピシャ)

 ∴ 720×528としたピクチャーサイズを得る


> 528÷480=1.1(アナログテレビのドット縦横比?)‥ここが肝らしい
> ここの1.1倍比さえ抑えておけば、拡大比も割り出せる


 704×1.5=1056,480×1.5=720,720×1.1=792,1056÷792=1.333333‥
 704×2=1408,480×2=960,960×1.1=1056,1408÷1056=1.333333‥

 _792×1.363636‥=1080 ∴ 1080×_792 & アスペクト比(1.363636)
 1056×1.363636‥=1440 ∴ 1440×1056 & アスペクト比(1.363636)


> この手の塩っぱい拡大サイズ値を、シネスコサイズ派のハリウッドがゴネてたくさいどえす
> (向こうはリビングに、シアターを置きたかったのさ)


 ‥まぁそんなのどうでもええ
 基本的にDVD480iの品質は、HD止まりなので、横解像度(792)を狙います
 HDテレビの解像度は(1366×768)なので縦に24ドット分不足しますが、まぁ気にしない

 切り落とし残り分の横解像度(1056÷16=66)さえ割り切れていれば問題にせず

 1080÷16=67.5→(68) 792÷16=49.5→(50) 
 68×50=3400(駒1枚当たりの16×16マクロブロック数)


> 1080×792{12500:112500:200000}になるようです


 ‥クックク
  仮面ライダーOPのサイクロン号のタイヤ怒アップ画面が、漸くにして「真円」に見えたj
  一号ライダーこそが、如何に1.333333のみとしては間違いかを証明している
  (なので、UHD版がでようと、エンコードし直さないと没かも??)

 ‥そういう意味では、1.36296296296‥も思慮不足でした
  申し訳ございませんでした m(_ _)m



1-1)1

> では次に、解像度(792)を用いて、480i(16:9)の全部盛り値を割り出してみませう


 1.333333‥×792=1056(デジタル映像のアスペクト比はアナログテレビのそれとは異なる)
 1056÷704=1.5(有効画面の1.5倍)
 1056×1.333333‥=1408(有効画面を1.777777‥倍へと引き伸ばした横解像度)
 1408÷792=1.777777‥(有効画面の解像度内訳)
 1440÷1408=1.0227272727‥,720÷704=1.0227272727‥

 (こうしてみると、16:9と4:3の架け橋こそが1.333333‥倍マジックだった草)
 (だがしかし、いざ蓋を開けてみたら、1.363636と1.333333とでは似て非なる動作だった)


 ∴ 1440×792(16:9)全部盛り

  1440÷16=90,1408÷16=88(有効画面の端境が16で割り切れる‥とても重要)
  792÷16=49.5→縦解像度のマクロブロック的拡張(50)


> つまり90×50=4500とした内部計算の発生に及ぶ(内部1440×800とした計算に)
> 1024×576のマクロブロック(2304)と比較すると1.953125倍


 6144×1.953125=12000,12000÷1.333333‥=9000
 {6144:55296:98304}{9000:81000:144000}{12000:108000:192000}
 6400×1.953125=12500,12500÷1.333333‥=9375
 {6400:57600:102400}{9375:84375:150000}{12500:112500:200000}
 7680×1.953125=15000,15000÷1.333333‥=11250
 {7680:69120:122880}{11250:101250:180000}{15000:135000:240000}
 9216×1.953125=18000,18000÷1.333333‥=13500
 {9216:82944:147456}{13500:121500:216000}{18000:162000:288000}
 9600×1.953125=18750
 {9600:86400:153600}{18750:168750:300000}


 ※ 以外にも割り切れる(おったまげ)


> 1280×720のマクロブロック(3600)と比較すると1.25倍


 {7680:69120:122880}
 {8000:72000:128000}
 {9600:86400:153600}
 {10800:97200:172800}
 {11250:101250:180000}
 {11520:103680:184320}
 {12000:108000:192000}
 {12500:112500:200000}‥ここに収まってくれれば助かる
 {15000:135000:240000}
 {15625:140625:250000}‥比率換算だとここが基準くせぇ
 {16875:151875:270000}
 {18750:168750:300000}


 ※ あくまで480(16:9)の全部盛りをやらかすためのトライどえす
 端をサクッと切って規定画面比上等派には無用のトライどえす(お間違いなく)

 ※ やってみたらDVDの再生比とまるで同じだったっス
 切り落とした比率で視聴確認したい人には向いてません‥orz

  ちなみに、端を切り落としてシンQ郎版エンコードをすると
  色の適応が、どうしてかほとんど全部が好逸ユーザーに移行するっス(16:9)
  切り落とさない方が、好逸リビングのまま移行しないっぽい(謎)

  (4:3)と好逸ユーザーは安定どえす(はじめから端を切る気ねぇし)



posted by 木田舎滝ゆる里 at 22:33 | Comment(0) | AVC-シンQ郎 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。